エグゼクティブ・デシジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エグゼクティブ・デシジョン
Executive Decision
監督 スチュアート・ベアード
脚本 ジム・トーマス
ジョン・C・トーマス
製作 ジョエル・シルバー
ジョン・トーマス
製作総指揮 スティーヴ・ペリー
出演者 カート・ラッセル
ハル・ベリー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 アレックス・トムソン
編集 スチュアート・ベアード
ダラス・プエット
フランク・J・ユリオステ
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年3月15日
日本の旗 1996年10月26日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000
興行収入 $121,969,216[1]
テンプレートを表示

エグゼクティブ・デシジョン』(Executive Decision)は、1996年アメリカ映画。本作のタイトルの意味は“最終決断”。

制作はアクションやSF作品のヒットメーカーとして知られるジョエル・シルバー

あらすじ[編集]

アテネワシントンD.C.行きのジャンボジェット機、「オーシャニック航空343便」がテロリストたちにハイジャックされる事件が発生。テロリストは、指導者の釈放を要求。しかし、リーダーの真の狙いはワシントン壊滅にあった。

軍当局は、持ち込まれた化学兵器がワシントン上空で使われる事を恐れ、ハイジャック機撃墜の検討に入った。そんな中、軍事技術研究員からの提案で、テロリストの制圧と乗客の救助を目的とした軍の特殊部隊が空中からジャンボ機に乗り込む作戦を決行する。

エピソード[編集]

本作は、日本ではカート・ラッセルスティーブン・セガールがメインキャストとしてクレジットされているが、一連のセガール出演映画とは一線を画す内容となっている。その為、国内版を除く全ての海外VHSLDDVD版のパッケージにはセガールの顔はプリントされていない。(しかし、『その男ヴァン・ダム』の劇中では映画ファンがこの作品を「セガール映画」とみなしているシーンもある。)

元々セガールは映画デビューから、特に90年代は主役以外で映画に出演することは無く、本作が初の脇役出演となっている。主役ではない以上、セガール映画ではないとも見て取れる。

人並み外れた能力を秘めているであろうセガール演じる特殊部隊隊長が、作戦早々に不慮の事故で死んでしまい(どう見ても生存している可能性が極めて低いシチュエーションではあったが、明確に死んだ場面が描かれているわけではない)、残された隊員たちの困惑と決死の作戦遂行を描くという、セガールがいつも通り大した困難もなく敵をぶちのめし大暴れするであろうと思っていた観客のミスリードを狙った演出となっている

映画の最後でカート・ラッセル扮するグラントが、ハル・ベリー扮するジェーン役にアイスホッケーの観戦を誘うものの「私は野球が好きなの」と断られてしまうシーンがある。撮影当時ハル・ベリーは野球選手のデービッド・ジャスティスと結婚しており、カート・ラッセルは元マイナーリーガーである。

この映画は、テロリスト航空機を乗っ取り、アメリカに攻撃を仕掛けるという設定であり、この映画の5年後にアメリカ同時多発テロ事件が起こり、この映画の設定が現実となってしまった。映画化のタイミングは日本の松本サリン事件(1994年)や地下鉄サリン事件(1995年)の影響も皆無では無いとみられ、軍の反乱分子がVXガスを奪取・行使しようとする『ザ・ロック』も本作と同じ年に公開されている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVDBD テレビ朝日
フィル・デイヴィッド・グラント カート・ラッセル 佐古正人 原康義
ジーン ハル・ベリー 山像かおり 深見梨加
オースティン・トラヴィス中佐 スティーブン・セガール 玄田哲章 大塚明夫
ラット ジョン・レグイザモ 家中宏 森川智之
デニス・ケイヒル オリヴァー・プラット 伊藤栄次 塩屋翼
キャピー ジョー・モートン 稲葉実 星野充昭
ベイカー ウィップ・ヒューブリー 荒川太郎 檀臣幸
ルイ B・D・ウォン 相沢正輝 高木渉
ナジ・ハッサン デヴィッド・スーシェ 壤晴彦 有川博
ホワイト国防長官 レン・キャリオー 石森達幸 稲垣隆史
マヴロス上院議員 J・T・ウォルシュ 佐々木敏 土師孝也
エル・サイド・ヤファ アンドレアス・カツーラス 幹本雄之
機長 レイ・ベイカー 水野龍司 廣田行生
副機長 マイケル・ミルホーン 後藤哲夫 西村知道
サーロウ将軍 チャールズ・ハラハン 水野龍司
役不明又はその他 峰恵研
島香裕
石川悦子
佐藤しのぶ
さとうあい
梅津秀行
長克己
堀部隆一
伊藤和晃
湯屋敦子
手塚秀彰
小形満
諸角憲一
海老原英人
大黒和広
岩松廉
定岡小百合
喜田あゆみ
樋浦茜子
米倉紀之子
佐藤ゆうこ
清水敏孝
翻訳 久保喜昭 平田勝茂
演出 松岡裕紀 蕨南勝之
調整 山下裕康 高橋昭雄
録音
効果 リレーション
音響制作 中西真澄
制作協力 ViViA
清宮正希
プロデューサー 東慎一 松田佐栄子
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
東北新社
初回放送 1999年6月6日
日曜洋画劇場

脚注[編集]

  1. ^ Executive Decision (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]