ブルースが聞こえる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルースが聞こえる
Biloxi Blues
監督 マイク・ニコルズ
脚本 ニール・サイモン
製作 レイ・スターク
製作総指揮 ジョセフ・M・カラチオロ
メアリーケイ・パウエル
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 ビル・バトラー
編集 サム・オースティン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年3月25日
日本の旗 1988年9月3日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000
興行収入 $51,684,798[1]
テンプレートを表示

ブルースが聞こえる』(Biloxi Blues)は、1988年アメリカ映画第二次大戦中の訓練所での青春をノスタルジックに描いた作品。劇作家ニール・サイモンの自伝的作品と言われるBB三部作の第二作目の映像化。

ストーリー[編集]

主人公ユージーンは、作家を目指す青年。彼は第二次世界大戦の際、徴兵され、ビロクシーにある訓練所にやってきた。一緒に送られてきたのは粗野なワイコフスキーやインテリのエプスタインなど、クセのある奴らばかりだ。ユージーンは訓練所にいる間に様々な経験をしていく。

そしてある日、とうとう酔っぱらった鬼軍曹トゥーミーが問題児であるユージーンとエプスタインに…

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

こぼれ話[編集]

  • ユージーンやエプスタインは、ニューヨークユダヤ人であるという設定になっている。
  • 酔っ払った鬼軍曹(ウォーケン)に監禁されるのは、原作では、ユージーンではなくエプスタインのほうだった。

日本での舞台化[編集]

  • 日本では『ビロクシー・ブルース』のタイトルで舞台化されている。

出典[編集]

  1. ^ Biloxi Blues (1998)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]