ニューヨーク公共図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1911年竣工のニューヨーク公共図書館中央棟

ニューヨーク公共図書館(ニューヨークこうきょうとしょかん、New York Public Library、略称:NYPL) は、ニューヨーク市に所在する公共図書館である。米国を代表する図書館の1つで、私立の図書館としては世界屈指の規模を有する。

3つの中央図書館に加え、ニューヨーク市内各所に大小合わせて80以上のブランチ・ライブラリー(地域分館)と、研究目的のために公開されている4つのリサーチ・ライブラリー(研究図書館、日本でいう専門図書館にあたる)を有する。また、インターネットを積極的に活用した情報発信や数多くの教育プログラムを開催しており、ニューヨークにおける総合的な教育・研究機関として機能している。グーテンベルク聖書カポーティの草稿を始め、歴史的にも貴重な蔵書を多数所蔵している。

名称には "public" という語が含まれているが、設置主体はニューヨーク市ではなく、独立の法人であり、財政的基盤は民間からの寄付によって成り立っている。ニューヨーク公共図書館の館名の場合のパブリックは「公立」(地方公共団体が設立した)という意味ではなく、「公共」(一般公衆に対して開かれた)という意味に当たる。公共図書館であるため利用は原則として無料で、ニューヨーク市に在住あるいは勤務している者であれば誰でも会員になることができる。

本館は五番街の42丁目にあり、その豪奢な建築で観光名所としても知られている。トレードマークはライオンの Leo。

歴史[編集]

19世紀のニューヨークには、アスター図書館及びレノックス図書館という2つの図書館があった。1886年、ニューヨーク州知事のサミュエル・ティルデンは両図書館を統合し、庶民のための図書館設立を提案した。1911年に本館が竣工し、以後アンドリュー・カーネギーらによる寄付により、ニューヨーク各所にブランチ・ライブラリーを増設してきた。1980年には大幅な拡張が行われ、現在では本館は専ら人文系の研究図書館と化している。正面玄関前に設置されている2つのライオン像は、母体となった2つの図書館の名を受け継いで各々"Astor"及び"Lenox"の名を有するが、1930年代の世界恐慌時には各々"Patience (忍耐)"及び"Fortitude (不屈の精神)" というニックネームが付けられていた。当時のニューヨーク市民には、これら2つの資質が必要だったためである。

一対の閲覧室のうち、片方のパノラマ

最近では、著作権の保護期間を経過し、パブリック・ドメインになった画像を専門の職員がスキャンし、インターネット上で自由に利用可能にしたデジタル・ライブラリーを開設した。デジタル・ライブラリーには、喜多川歌麿の浮世絵も含まれている。

メディア[編集]

ゴースト・バスターズデイ・アフター・トゥモローを始めとするハリウッド映画にも数多く登場している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]