ハーマンズ・ハーミッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーマンズ・ハーミッツHerman's Hermits)はイギリスバンド1960年代ブリティッシュ・インヴェイジョン勢力のバンドとして活躍した。

歴史[編集]

1964年秋にデビュー曲「朝からゴキゲン」がイギリスで大ヒットする。翌1965年にはビートルズの成功に続くべくアメリカに上陸。ボーカルのピーター・ヌーンのアイドル的ルックスと、清潔感のある親しみやすいイメージ戦略で高い人気を博し、「ミセス・ブラウンのお嬢さん」、「ヘンリー8世君」、など多くの全米TOP10ヒットを連発した。1965年から1966年は完全にアメリカを征服しビートルズの人気を凌駕する、'66年にはMGMより主演映画「ホールド・オン!」が封切られ、来日公演を果たす。ところが67年に入ると見つめあう恋の大ヒット以後の全米ツアーにおいて前座の「ザ・フー」「マッシュマカーン」に食われる始末。その後、アメリカでは「雨にさよなら」「恋のミュージアム」などのスマッシュヒット(イギリスではノーチャート)は放つもかっての勢いはなく、'68年には映画「レッツ・ゴー!ハーマンズ・ハーミッツ」が封切られたが回復策にはならず、「恋は晴れのち曇り」そして「スリーピージョー」を最後に全米チャートから姿を消す。1969年に入るとポピュラー音楽の世界は様相を一変させてゆく中で本国イギリスではその後「恋はハプニング」「サンシャインガール」「マイ・センチメンタルフレンド」「時は流れる」「僕を頼りにして」他の大ヒットを放ち続け1971年のシングル、「レディ・バーバラ」を最後にヌーンが脱退したことにより事実上解散となる。 現在はヌーンが再結成したバンドと、バリー・ホイットワム(ドラム)が再結成したバンドの二つのハーマンズ・ハーミッツが並立し、別々に活動している。

オリジナル・アルバム[編集]

  1. Herman's Hermits
    (「ミセス・ブラウンのお嬢さん」「ヘンリー8世君」「この世の果てまで」「フォー・ユア・ラヴ」収録)
  2. Both Sides Of Herman's Hermits
    (「リッスン・ピープル」「恋のランプ・ポスト」「バス・ストップ」収録)
  3. There's A Kind Of Hush All Over The World
    (「見つめあう恋」「イースト・ウエスト」「二人でいつまでも」「ノー・ミルク・トゥデイ」収録)
  4. Blaze
    (「恋のミュージアム」「雨にさようなら」収録)
  5. Mrs. Brown You've Got A Lovely Daughter (映画『レッツ・ゴー! ハーマンズ・ハーミッツ』サウンドトラック盤)
    (「イッツ・ナイス・トゥ・ビー・アウト・イン・ザ・モーニング」収録)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Herman's Hermitsに関連するメディアがあります。