第14回全米映画俳優組合賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

14th SAG Awards

2008年1月27日


キャスト賞 - 映画:
ノーカントリー


キャスト賞 - ドラマシリーズ:
ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
キャスト賞 - コメディシリーズ:
The Office

第14回全米映画俳優組合賞は、2007年に活躍した映画及びテレビの俳優を対象としており、2008年1月27日にカリフォルニア州ロサンゼルスのシュライン・エキスポ・センターで授賞式が開催された。中継はターナー・ネットワーク・テレビジョンTBS行った。

候補者は2007年12月20日にジーン・トリプルホーンテレンス・ハワードによってロサンゼルスのパシフィック・デザイン・センターのシルバー・スクリーン・シアターで発表された[1]

最多候補となった映画作品は『イントゥ・ザ・ワイルド』の4つで、個人演技賞で3つ、アンサンブル演技賞で1つである[1]。また、最多候補となったテレビ番組は『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』、『30 ROCK/サーティー・ロック』、『アグリー・ベティ』の3作品である[1]

今回より新たにスタントアンサンブル賞がテレビと映画それぞれに設置された[2]

生涯功労賞はチャールズ・ダーニングが受賞し、デニス・リアリーバート・レイノルズによって贈られた。

候補者及び受賞者一覧[編集]

映画[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

キャスト賞[編集]

スタントアンサンブル賞[編集]

テレビ[編集]

男優賞(テレビ映画・ミニシリーズ)[編集]

女優賞(テレビ映画・ミニシリーズ)[編集]

男優賞(ドラマシリーズ)[編集]

女優賞(ドラマシリーズ)[編集]

男優賞(コメディシリーズ)[編集]

女優賞(コメディ・シリーズ)[編集]

アンサンブル賞(ドラマシリーズ)[編集]

アンサンブル賞(コメディシリーズ)[編集]

スタント・アンサンブル賞[編集]

生涯功労賞[編集]

メモリアル[編集]

デニス・リアリーが2007年に亡くなった組合員をモンタージュ形式で紹介した。以下はアルファベット順である。

複数候補作品[編集]

映画[編集]

4
3
2

テレビ[編集]

3
2

受賞数統計[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Bruno, Mike (2007年12月20日). “The 14th Annual SAG Award Nominations”. Entertainment Weekly. 2007年12月20日閲覧。
  2. ^ SAG Awards Nominations Page”. 2010年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月2日閲覧。
  3. ^ Final 14th Annual SAG Awards Recipient Press Release”. 映画俳優組合 (2008年1月27日). 2008年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月27日閲覧。