ゴーン・ベイビー・ゴーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴーン・ベイビー・ゴーン
Gone Baby Gone
監督 ベン・アフレック
脚本 ベン・アフレック
アーロン・ストッカード
原作 デニス・レヘイン
愛しき者はすべて去りゆく
製作 アラン・ラッド・Jr
ダン・リスナー
ショーン・ベイリー
製作総指揮 デヴィッド・クロケット
出演者 ケイシー・アフレック
ミシェル・モナハン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ジョン・トール
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
製作会社 ライヴプラネット
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月19日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 $34,619,699[1]
テンプレートを表示

ゴーン・ベイビー・ゴーン』(原題:Gone Baby Gone)は、2007年アメリカ映画ベン・アフレックの初映画監督作品で、多数の映画賞を受賞した。日本では劇場未公開。2008年9月17日DVDBlu-ray Discが発売された。

概要[編集]

原作はデニス・レヘインの『私立探偵パトリック&アンジー』シリーズの4作目『愛しき者はすべて去りゆく』。レヘインの出身地であるボストン・ドーチェスター地区を舞台に描かれており、本作の撮影も同地区で行われた。アフレック兄弟もボストン出身であり、脇役・エキストラとして多くの地元の人間を出演させている。誘拐された少女の母親を演じたエイミー・ライアンは、本作で多くの映画賞にノミネートされ、一躍人気女優となった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
パトリック・ケンジー ケイシー・アフレック 三木眞一郎
アンジー・ジェナーロ ミシェル・モナハン 石塚理恵
ジャック・ドイル警部 モーガン・フリーマン 坂口芳貞
レミー・ブレサント刑事 エド・ハリス 菅生隆之
ニック・プール刑事 ジョン・アシュトン 石田圭祐
ヘリーン・マックリーディ (アマンダの母) エイミー・ライアン 勝生真沙子
ベアトリス・“ビー”・マックリーディ (アマンダの叔母) エイミー・マディガン 一城みゆ希
ライオネル・マックリーディ (ヘリーンの実兄) タイタス・ウェリヴァー 中村秀利
アマンダ・マックリーディ (失踪した少女) マデリーン・オブライエン 
ブッバ (ドラッグディーラー パトリックの友人) スレイン 坂東尚樹
チーズ (ドラッグの元締) エディ・ガテギ
デヴィン (警官) マイケル・ケネス・ウィリアムズ 西凜太朗
レオン・トレット マーク・マーゴリス
ロベルタ・トレット トゥルディ・グッドマン

 

スタッフ[編集]

ベン・アフレック

主な受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Gone Baby Gone (2007)”. Box Office Mojo. 2010年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]