HEROES (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HEROES
ジャンル 海外ドラマ
放送国 発局(制作・放送)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
受局(放送)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
オーストラリアの旗 オーストラリア
ベルギーの旗 ベルギー
ブラジルの旗 ブラジル
カナダの旗 カナダ
チリの旗 チリ
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
ハンガリーの旗 ハンガリー
香港の旗 香港
日本の旗 日本
アイスランドの旗 アイスランド
インドの旗 インド
インドネシアの旗 インドネシア
イスラエルの旗 イスラエル
イタリアの旗 イタリア
マレーシアの旗 マレーシア
メキシコの旗 メキシコ
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ポルトガルの旗 ポルトガル
シンガポールの旗 シンガポール
スペインの旗 スペイン
スウェーデンの旗 スウェーデン
トルコの旗 トルコ
イギリスの旗 イギリス
ベネズエラの旗 ベネズエラ
出演者 マイロ・ヴィンティミリア
マシ・オカ
ヘイデン・パネッティーア
エイドリアン・パスダー
センディル・ラママーシー
アリ・ラーター
グレッグ・グランバーグ
ジャック・コールマン
ザカリー・クイント
ノア・グレイ=ケイビー
アデール・ティシュラー
ジェームズ・キーソン・リー
ダニア・ラミレス
デイヴィッド・アンダース
クリスティン・ベル
クリスティン・ローズ
ロバート・フォスター
シーズン1
放送期間 2006年9月25日 - 2007年5月21日(23回)
外部リンク BS朝日
シーズン2
放送期間 2007年9月24日 - 12月3日(11回)
外部リンク BS朝日
シーズン3
放送期間 2008年9月22日 - 2009年4月27日(25回)
外部リンク BS朝日
シーズン4
放送期間 2009年9月21日 - 2010年2月8日(18回)
外部リンク BS朝日

特記事項:
27か国で放送
テンプレートを表示

HEROES』(ヒーローズ)は、アメリカ合衆国NBC2006年から2010年まで放送されたテレビシリーズ。超能力者をテーマにしたSF番組である。シーズン4までの計77話が放映された。

あらすじ[編集]

シーズン1[編集]

タイトル"創世記 Genesis"
アメリカ、インド、日本。遠く離れたまったく別の土地で、ある現象が起こり始める。人々に突如として、空中飛行、肉体再生、未来予知、時空操作など特殊な能力が備わりはじめたのだ。自分の能力に使命を感じる者もいれば、能力を恐れひた隠しにする者、自分の能力を悪用する者が現れる。そして、相手の能力を奪う殺人鬼「サイラー」、2008年11月8日に起こるニューヨークの半分が吹き飛ぶ核爆発。それらを阻止しようと、全く繋がりの無かった彼らが集い始める。

シーズン2[編集]

タイトル"世代 Generations"
彼らの活躍により、見事サイラーは倒されニューヨークの核爆発は防げた。あれから4か月後、平穏な生活に戻る者もいたが、ピーターは行方不明となり、ヒロは遙か過去1671年の京都に飛ばされてしまった。
そして新たなる脅威が現れる。能力者のみがかかるウイルス、人の心に侵入する通称「ナイトメア・マン」、そして「組織」の創立メンバーが次々と何者かに命を狙われ、不穏な動きが見え始める。
記憶喪失で発見されたピーター、ケンセイの歴史を正そうとするヒロ、ベネットと共に「組織」を潰すことを画策するモヒンダー。再び彼らの運命が交錯する。

シーズン3[編集]

volume3とvolume4の二部構成である。
volume3 タイトル"悪人 Villains"
人類を滅亡の危機から救った能力者達。ウイルスによる世界の崩壊を止め、ネイサンはついに能力者達の真実を公表しようとする。だがそれは、これから始まる本当の脅威の序章に過ぎなかった。
能力を取り戻し、真の怪物と化したサイラーの復活。レベル5の凶悪な能力者達は脱獄し、ニューヨークは混乱する。世界は再び恐怖に包まれ、過酷な運命が能力者達に待ち受ける。能力を自由に与えられる薬品を開発したモヒンダー、父アーサーに能力を奪われただの人となってしまったピーター、能力を正義の為に利用しようと奔走するクレア、人としての感情を取り戻したサイラー、そして薬品の完成を止める為に再び戦いを決意したヒロとアンドウ、マット達能力者…。
能力者の氾濫により荒廃した未来を変える為、彼らは戦う事になる。
volume4 タイトル"逃亡者 Fugitive"
パインハーストの野望を食い止めてから4ヵ月後、能力者達はそれぞれの生活へと戻っていた。能力を忘れ平穏に過ごそうとする者、能力を使い人助けをしようとする者などそれぞれの人生を歩もうとしていた。
だが、平和は長くは続かなかった。上院議員となったネイサンが父の野望を継ぎ、能力者狩りを始めたのだ。捕らわれ、輸送機に乗せられてどこかへ運ばれていく能力者達。だが、偶然トレイシーの能力をコピーしたピーターによって輸送機は墜落、彼らは方々へと逃げ出した。だが、それが能力を巡る新たな戦いの幕開けとなってしまう。
ネイサンと対立する事になったピーター、能力を奪われたヒロと彼をサポートしようとするアンドウ、ダフニを奪われ復讐に燃えるマット、父を探し答えを見つけようとするサイラー、クレアやトレイシーを手助けする反逆者と名乗る者。能力者達に世界が下す決断とは…。

シーズン4 (ファイナルシーズン)[編集]

volume5 タイトル"贖罪 Redemption"
大統領に成り代わろうとしたサイラーにネイサンとしての記憶を植え付けて封印してから6週間、彼らとその家族はそれぞれ新しい生活を送っていた。
ニューヨークでは、ピーターは引き続き救命士として働いていた、だが彼一人では能力を使っても救える命には限界があると感じ始める。ネイサンは自身に違和感を覚えその事を母アンジェラに相談し、アンジェラはネイサンの中にサイラーが復活しかけている事を知りマットに助けを求めるが「俺を巻き込むな」と断られてしまう。
一方ロサンゼルスでは、マットは今では警官に復職し能力を封印して生きる決意をしていた、だがそんな中彼の前にサイラーが現れ「俺の体を返してくれ」と言う。
そしてヴァージニア州では、クレアは家族と離れ大学に通い、学生寮で暮らしていた、だがキャンパスで出会ったある女学生に自身がオデッサでのチアリーダー殺人事件の生存者である事を知られてしまう。
その頃ワシントンDCにて、別居中のノアの前に彼の命を狙ってトレイシーが現れる、彼女は能力者狩りに関わっていた者に復讐していたのだ。
遠く離れた日本・東京に帰国したヒロとアンドウはヤマガトの一室で能力を使って新しい事業を始めていたが、その最中ヒロがアンドウにある衝撃の告白をする。
場所不明、サミュエルという男が"家族"の見守る中死んだ兄を埋葬していた。そして彼はその棺に誓った「能力者を集め、復讐を果たす」と、そして彼は"サリバンカーニバル"と呼ばれる能力者のみで構成される集団を率い、謎のコンパスを手にピーター、クレア、ヒロ達能力者に接触し始める。
volume6 タイトル"素晴らしい新世界 Brave New World"
本作のエピローグ。またしても世界を救ったヒーロー達。その場に居合わせたマスコミの前でクレアが…。

登場人物[編集]

主要ページ:HEROESの登場人物
登場
シーズン
名前 俳優 人物
1〜 ピーター・ペトレリ (Peter Petrelli) マイロ・ヴィンティミリア 他の能力者の能力のコピー。
1〜 ヒロ・ナカムラ (Hiro Nakamura) マシ・オカ 時空操作[1]
1〜 クレア・ベネット (Claire Bennet) ヘイデン・パネッティーア 自己再生能力。
1〜3 ネイサン・ペトレリ (Nathan Petrelli) エイドリアン・パスダー ピーターの兄。飛行能力。
1〜 モヒンダー・スレシュ (Mohinder Suresh) センディル・ラママーシー 能力者を研究する遺伝子学者。
3〜 トレイシー・ストラウス (Tracy Strauss) アリ・ラーター 凍結。
1〜 マット・パークマン (Matt Parkman) グレッグ・グランバーグ 読心・操心術・記憶操作。
1〜 ノア・ベネット (Noah Bennet) ジャック・コールマン "組織"の人間。
1〜 サイラー (Sylar) / ガブリエル・グレイ (Gabriel Gray) ザカリー・クイント 物の構造が分かる・それによって他人の能力を奪う殺人鬼。
1〜 マイカ・サンダース (Micah Sanders) ノア・グレイ=ケイビー 機械との会話・操作。
1〜 モリー・ウォーカー (Molly Walker) アデール・ティシュラー 人の居場所の探知。
1〜 アンドウ・マサハシ (Ando Masahashi) ジェームズ・キーソン・リー ヒロの親友。他者の特殊能力の増強。
1〜 アンジェラ・ペトレリ (Angela Petrelli) クリスティン・ローズ ピーター達の母。予知夢能力者。

エピソードリスト[編集]

エピソードの番号はシーズン1からの通し番号になっている。

シーズン1[編集]

No. 邦題 原題 放映日
米国
放映日
スーパー!ドラマTV
放映日
日本テレビ
放映日
BS朝日
1 創世記 Genesis 2006年9月25日 2007年9月29日
2007年10月16日
2008年4月24日 2009年10月4日
2 振り返るな! Don't Look Back 2006年10月2日 2008年5月1日 2009年10月11日
3 大いなる跳躍 One Giant Leap 2006年10月9日 2007年10月16日 2008年5月8日 2009年10月25日
4 遭遇 Collision 2006年10月16日 2007年10月23日 2008年5月15日 2009年11月1日
5 ヒロ Hiros 2006年10月23日 2007年10月30日 2008年5月22日 2009年11月15日
6 分身 Better Halves 2006年10月30日 2007年11月6日 2008年5月29日 2009年11月22日
7 偽り Nothing to Hide 2006年11月6日 2007年11月13日 2008年6月5日 2009年12月13日
8 0時7分前 Seven Minutes to Midnight 2006年11月13日 2007年11月20日 2008年6月12日 2009年12月20日
9 チアリーダーを救え Homecoming 2006年11月20日 2007年11月27日 2008年6月19日 2009年12月27日
10 6ヶ月前 Six Months Ago 2006年11月27日 2007年12月4日 2008年6月26日 2010年1月10日
11 交錯する能力 Fallout 2006年12月4日 2007年12月11日 2008年7月3日 2010年1月17日
12 神の贈り物 Godsend 2007年1月22日 2007年12月18日 2008年7月10日 2010年1月24日
13 新たなる力 The Fix 2007年1月29日 2007年12月25日 2008年7月17日 2010年1月31日
14 邪魔をするもの Distractions 2007年2月5日 2008年1月8日 2008年7月24日 2010年2月7日
15 暗殺者 Run! 2007年2月12日 2008年1月15日 2008年7月31日 2010年2月14日
16 犠牲 Unexpected 2007年2月19日 2008年1月22日 2008年8月7日 2010年2月21日
17 本当の家族 Company Man 2007年2月25日 2008年1月29日 2008年8月14日 2010年2月28日
18 パラサイト Parasite 2007年3月4日 2008年2月5日 2008年8月21日 2010年3月7日
19 0.07% .07% 2007年4月23日 2008年2月12日 2008年8月28日 2010年3月14日
20 5年後 Five Years Gone 2007年4月30日 2008年2月19日 2008年9月4日 2010年3月21日
21 ニューヨークへ The Hard Part 2007年5月7日 2008年2月26日 2008年9月11日 2010年3月28日
22 運命の日 Landslide 2007年5月14日 2008年3月4日 2008年9月18日 2010年4月4日
23 世界を救え How to Stop an Exploding Man 2007年5月21日 2008年3月11日 2008年9月25日 2010年4月11日

シーズン2[編集]

No. 邦題 原題 放映日
米国
放映日
スーパー!ドラマTV
放映日
日本テレビ
放映日
BS朝日
1 (24) 4ヵ月後 Four Months Later... 2007年9月24日 2008年7月29日 2009年1月8日 2010年4月18日
2 (25) 呪われた力 Lizards 2007年10月1日 2008年8月5日 2009年1月15日 2010年4月25日
3 (26) 仲間 Kindred 2007年10月8日 2008年8月12日 2010年5月2日
4 (27) クレアの恋 The Kindness of Strangers 2007年10月15日 2008年8月19日 2009年1月22日 2010年5月9日
5 (28) 悪夢との闘い Fight or Flight 2007年10月22日 2008年8月26日 2010年5月16日
6 (29) 境界線 The Line 2007年10月29日 2008年9月2日 2009年1月29日 2010年5月23日
7 (30) ウイルス Out of Time 2007年11月5日 2008年9月9日 2009年2月5日 2010年6月6日
8 (31) 4ヵ月前 Four Months Ago... 2007年11月12日 2008年9月16日 2009年2月12日 2010年6月13日
9 (32) 父の教え Cautionary Tales 2007年11月19日 2008年9月23日 2009年2月19日 2010年6月20日
10 (33) 陰謀 Truth & Consequences 2007年11月26日 2008年9月30日 2009年2月26日 2010年6月27日
11 (34) パンドラの箱 Powerless 2007年12月3日 2008年10月7日 2009年3月5日 2010年7月4日

シーズン3[編集]

No. 邦題 原題 放映日
米国
放映日
スーパー!ドラマTV
放映日
日本テレビ
放映日
BS朝日
1 (35) 再臨 The Second Coming 2008年9月22日 2009年5月26日 2010年2月1日 2010年7月11日
2 (36) バタフライ・エフェクト The Butterfly Effect 2009年6月2日 2010年7月18日
3 (37) パートナー One of Us, One of Them 2008年9月29日 2009年6月9日 2010年2月15日 2010年7月25日
4 (38) 破壊者 I Am Become Death 2008年10月6日 2009年6月16日 2010年2月22日 2010年8月8日
5 (39) 天使と悪魔 Angels and Monsters 2008年10月13日 2009年6月23日 2010年3月1日 2010年8月15日
6 (40) 死にゆく光 Dying of the Light 2008年10月20日 2009年6月30日 2010年8月22日
7 (41) 後継者 Eris Quod Sum 2008年10月27日 2009年7月7日 2010年3月8日 2010年8月29日
8 (42) 悪人 Villains 2008年11月10日 2009年7月14日 2010年9月5日
9 (43) 前兆 It's Coming 2008年11月17日 2009年7月21日 2010年3月15日 2010年9月12日
10 (44) 日食・前編 The Eclipse - Part 1 2008年11月24日 2009年7月28日 2010年9月19日
11 (45) 日食・後編 The Eclipse - Part 2 2008年12月1日 2009年8月4日 2010年3月22日 2010年9月26日
12 (46) 父の影 Our Father 2008年12月8日 2009年8月11日 2010年10月3日
13 (47) 裏切り Dual 2008年12月15日 2009年8月18日 2010年3月29日 2010年10月10日
14 (48) 今そこにある危機 A Clear and Present Danger 2009年2月2日 2009年8月25日 2010年10月24日
15 (49) 決別 Trust and Blood 2009年2月9日 2009年9月1日 2010年4月5日 2010年11月7日
16 (50) 謎のメッセージ Building 26 2009年2月16日 2009年9月8日 2010年11月21日
17 (51) 冷戦 Cold Wars 2009年2月23日 2009年9月15日 2010年4月12日 2010年11月28日
18 (52) 暴露 Exposed 2009年3月2日 2009年9月22日 2010年12月19日
19 (53) グレイ Shades of Gray 2009年3月9日 2009年9月29日 2010年4月19日 2010年12月26日
20 (54) 救出 Cold Snap 2009年3月23日 2009年10月6日 2011年1月9日
21 (55) 聖域 Into Asylum 2009年3月30日 2009年10月13日 2010年4月26日 2011年1月16日
22 (56) 異変 Turn and Face the Strange 2009年4月6日 2009年10月20日 2011年1月23日
23 (57) 1961年 1961 2009年4月13日 2009年10月27日 2010年5月3日 2011年1月30日
24 (58) サイラー I Am Sylar 2009年4月20日 2009年11月3日 2011年2月6日
25 (59) 見えざる糸 An Invisible Thread 2009年4月27日 2009年11月10日 2010年5月10日 2011年2月13日

シーズン4 (ファイナルシーズン)[編集]

No. 邦題 原題 放映日
米国
放映日
スーパー!ドラマTV
放映日
BS朝日
1 (60) もうひとつの存在 Orientation 2009年9月21日 2010年7月20日 2011年2月20日
2011年2月27日
2 (61) インク Ink 2009年9月28日 2010年7月27日 2011年3月6日
3 (62) 受容 Acceptance 2009年10月5日 2010年8月3日 2011年3月20日
4 (63) 記憶 Hysterical Blindness 2009年10月12日 2010年8月10日 2011年3月27日
5 (64) 無垢 Tabula Rasa 2009年10月19日 2010年8月17日 2011年4月3日
6 (65) モンスター Strange Attractors 2009年10月26日 2010年8月24日 2011年4月4日
7 (66) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・テキサス Once Upon a Time in Texas 2009年11月2日 2010年8月31日 2011年4月11日
8 (67) 光と影 Shadowboxing 2009年11月9日 2010年9月7日 2011年4月18日
9 (68) 命の番人 Brother's Keeper 2009年11月16日 2010年9月14日 2011年4月25日
10 (69) 感謝祭 Thanksgiving 2009年11月23日 2010年9月21日 2011年5月2日
11 (70) 第5段階 The Fifth Stage 2009年11月30日 2010年9月28日 2011年5月9日
12 (71) 悲願 Upon This Rock 2010年1月4日 2010年10月5日 2011年5月16日
13 (72) ダメージ Let It Bleed 2010年10月12日 2011年5月23日
14 (73) 執着 Close to You 2010年1月11日 2010年10月19日 2011年5月30日
15 (74) 開眼 Pass/Fail 2010年1月18日 2010年10月26日 2011年6月6日
16 (75) 謀略 The Art of Deception 2010年1月25日 2010年11月3日 2011年6月13日
17 (76) The Wall 2010年2月1日 2010年11月10日 2011年6月20日
18 (77) 素晴らしい新世界 Brave New World 2010年2月8日 2010年11月17日 2011年6月27日

用語[編集]

特殊能力者
普通の人間には無い超能力を使うことの出来る人々の事。先天的な者が多いが、わずかに投薬などで後天的に能力を持たされた者もいる。(ネイサン、トレイシー、モヒンダー、アンドウ等)。一部の能力者は能力を発動した瞬間に、能力者自身に触れている人や物にも能力が伝染する。(ヒロ、D.L.、クロード、ダフニ等。能力者の身体から離れるか能力者本人が力を解除すれば戻る。)この作品の全ての能力者の共通点は、日食の時に限り場所や年齢に関係なく潜在的な能力者は力に目覚め、既に能力を持つ者はいかに強力な能力であっても日食が終わるまでは一時的に力が使えなくなる。
組織
アダム、アンジェラ、リンダーマン、カイト、チャールズ、アーサー、マウリー、ビクトリア、ボブ達が設立した。能力者の存在を世間から隠している。能力者を収容したり、様々な研究をおこなっている。表向きはプリマテック製紙会社になっているが、シーズン3の中盤(ボリューム3の最後)でサイラーにアドレナリンを打たれたメレディスの能力の暴走で建物自体が焼け落ちてしまい組織自体も無くなってしまった。
シャンティ・ウイルス
能力者が感染した場合、上手く作用すれば能力が消えるが、最悪死んでしまう可能性のあるウイルス。名前の由来は、かつて感染者でありサンプルの提供者でもあるモヒンダーの姉、シャンティ・スレシュの名前から付けられている。抗ウイルス剤はモヒンダーの血液。
このウイルスには能力者以外の人間も感染死させる変異種が存在し、この場合は通常の抗ウイルス剤にクレアやアダムのような再生能力者の血液を混ぜたものでしか治療できない(そのため、投与されると副作用としてその時負っていた怪我も治る)。
パインハースト社
アーサー・ペトレリがボスで組織と敵対する。
化学式
普通の人間に投与するとその人間を能力者にする事が出来る薬品の設計図。半分はカイトが持っていた。
コヨーテ・サンズ
1961年に政府が能力者を収容していた場所。モヒンダーの父チャンドラが働いていた場所で、現在は廃屋しかない荒地になっている。アンジェラ、リンダーマン、チャールズ、ボブが出会った場所。
カーニバル
能力者の集団でサミュエルをリーダーにしている。
コンパス
能力者が持つとカーニバルへの方向を示してくれる。能力者でなければ動かないただの壊れたコンパスとなる。

放送[編集]

視聴率は好調で、2006年度スタートの作品では最大のヒット作と言われていた。

シーズン1
シーズン1はゴールデングローブ賞や第59回プライムタイム・エミー賞で、ドラマ・シリーズ部門の作品賞を含む8部門で候補になった。またピープルズ・チョイス・アワードでは「最も好きな新ドラマ部門」で最優秀作品賞を受賞。
Origins
Heroes: Origins」は、製作上の都合で本編が放送休止になったときに視聴者が離れるのを防ぐ目的で企画された。内容は毎回主人公が違う1話完結物で、新たな能力者を設定。人気が出たキャラクターはその後本編にも登場する予定であったが、2008年4月3日にNBCより制作者サイドの負担を考慮し「Heroes: Origins」の制作中止が発表された。
シーズン2
シーズン2の第一話はシーズン1の平均を上回る視聴率でスタート。序盤のストーリーの展開が遅くその後視聴率が低下したが、軌道を修正。製作者は7話から11話は最高の出来だとマスコミに語っている。全米脚本家ストライキの対策としてシーズン2を予定の24話ではなく11話で終了させた。マシ・オカ曰く、13話まで撮影は終了していたが、完成度の高かった11話で終了。
尚、主要キャラクターでも、登場しない話がある。シーズン2の11話終了時点での最多登場はヒロ、クレア、ノアの3人。(登場回数は32回)
シーズン3
2008年9月22日より開始
シーズン4
  • 2009年9月21日より放映開始。
  • 19話からブライアン・フラーが復帰。これからの物語の進行の中心となるプロデューサーとなる。

打ち切りの決定とその経緯[編集]

シーズン4最終話ラストの"TO BE CONTINUED"でも示されている通り、当初は続編の製作が計画されていた。しかし、2010年5月14日、NBCより、視聴率の低下や制作費の削減を理由とし、製作の打ち切りが発表された[2]。その後、テレビでの特別編の放映や、映画版の公開による完結編製作の可能性が報じられるも[3] [4]、2010年9月9日、NBCは完結編の製作をする予定はないことが発表された。[5] しかし、2015年度に短編の新シリーズ「HEROES reborn」が放映予定であることが先日発表された。

日本での放映[編集]

CS[編集]

Super! drama TVにて放映。
シーズン1:2007年10月 - 2008年3月
  • 毎週火曜日22時00分 - 23時00分(2か国語版、初回放送)
  • 毎週金曜日22時00分 - 23時00分(日本語字幕版、初回放送)
  • 毎週土曜日21時00分 - 22時00分(2か国語・英語字幕版、米国放送時と同じ映像)
4月以降は全23話一挙放送なども行っている。
シーズン2:2008年7月29日 - 10月7日
  • 毎週火曜日22時00分 - 23時00分(2か国語版、初回放送)
  • 毎週金曜日22時00分 - 23時00分(日本語字幕版、初回放送)
  • 毎週土曜日22時00分 - 23時00分(2か国語・英語字幕版、米国放送時と同じ映像)
シーズン3:2009年5月26日 - 11月10日
  • 毎週火曜日22時00分 - 23時00分(2か国語版、初回放送)
  • 毎週金曜日22時00分 - 23時00分(日本語字幕版、初回放送)
  • 毎週土曜日12時00分 - 13時00分(日本語字幕版)
  • 毎週日曜日23時00分 - 24時00分(日本語字幕版)
シーズン4:2010年7月20日 - 11月17日
  • 毎週火曜日22時00分 - 23時00分(2か国語版、初回放送)
  • 毎週木曜日24時00分 - 25時00分(日本語字幕版、初回放送)
  • 毎週土曜日20時00分 - 21時00分(2か国語・英語字幕版、米国放送時と同じ映像)

地上波[編集]

日本テレビにて放映。
シーズン1:2008年4月24日 - 9月25日
  • (毎週木曜日24時59分 - 25時54分)
シーズン2:2009年1月8日 - 3月5日
シーズン3:2010年2月1日 - 5月10日
シーズン1は読売テレビ2008年4月27日から、札幌テレビ中京テレビ2008年5月10日から、広島テレビ2008年6月14日から放送。以降順次、他の地方局でも放送(一部地域を除く)。大分地区ではフジ・日テレ系列のテレビ大分ではなく大分放送にて2008年5月28日から放送。

BS放送[編集]

BS朝日にて放映。
シーズン1:2009年10月4日 - 2010年4月11日
  • (毎週日曜日20時00分 - 20時55分)
GWに一挙放送。
シーズン2:2010年4月18日 - 7月4日
  • (毎週日曜日20時00分 - 20時55分)
下記日程にて一挙放送。
  • 2010年12月31日 深夜 2:00 - 5:00 #1~#3
  • 2011年1月1日 深夜12:00 - 4:00 #4~#7
  • 2011年1月2日 深夜12:00 - 4:00 #8~#11
シーズン3:2010年7月11日 - 2011年2月13日
  • (毎週日曜日20時00分 - 20時55分)
シーズン4:2011年2月20日 - 6月27日
  • (毎週日曜日20時00分 - 20時55分) #1~#5
  • (毎週月曜日23時00分 - 23時54分) #6~#18

DVD[編集]

シーズン1
  • 2008年2月22日 HEROES/ヒーローズ Vol.1 第1話 - 第3話収録
  • 2008年3月20日 HEROES/ヒーローズ DVD-BOX 1 Vol.2 - Vol.6 第4話 - 第13話収録
  • 2008年5月15日 HEROES/ヒーローズ DVD-BOX 2 Vol.7 - Vol.11 第14話 - 第23話+ボーナスディスク1枚収録

DVDレンタル開始日

  • 2008年2月22日 Vol.1 - 3
  • 2008年3月7日 Vol.4 - 6
  • 2008年3月27日 Vol.7 - 9
  • 2008年4月10日 Vol.10 - 11

リニューアル

  • 2009年9月18日 HEROES/ヒーローズ シーズン1 DVD-SET 1 第1話 - 第11話収録
  • 2009年9月18日 HEROES/ヒーローズ シーズン1 DVD-SET 2 第12話 - 第23話収録
  • 2010年9月8日 HEROES/ヒーローズ シーズン1 DVD-SET 全23話収録
シーズン2
  • 2008年11月13日 HEROES/ヒーローズ シーズン2 DVD-BOX Vol.1 - Vol.6 第1話 - 第11話収録

DVDレンタル開始日

  • 2008年10月3日 Vol.1 - 3
  • 2008年10月24日 Vol.4 - 6

リニューアル

  • 2009年9月18日 HEROES/ヒーローズ シーズン2 DVD-SET 全11話収録
  • 2010年9月8日 HEROES/ヒーローズ シーズン2 DVD-SET 全11話収録
シーズン3
  • 2009年9月18日 HEROES/ヒーローズ シーズン3 Vol.1 第1話 - 第2話収録
  • 2009年10月9日 HEROES/ヒーローズ シーズン3 DVD-BOX 1 Vol.2 - Vol.7 第3話 - 第13話収録
  • 2009年11月13日 HEROES/ヒーローズ シーズン3 DVD-BOX 2 Vol.8 - Vol.13 第14話 - 第25話+ボーナスディスク1枚収録

DVDレンタル開始日

  • 2009年9月18日 Vol.1 - 4
  • 2009年10月9日 Vol.5 - 7
  • 2009年10月30日 Vol.8 - 10
  • 2009年11月13日 Vol.11 - 13

リニューアル

  • 2010年9月8日 HEROES/ヒーローズ シーズン3 DVD-SET 全25話収録
シーズン4
  • 2010年11月26日 HEROES/ヒーローズ ファイナル・シーズン DVD-BOX 全19話収録

DVDレンタル開始日

  • 2010年9月8日 Vol.1 - 4
  • 2010年10月6日 Vol.5 - 6
  • 2010年11月5日 Vol.7 - 8
  • 2010年11月26日 Vol.9 - 10

サウンドトラック[編集]

テーマ曲はかつてプリンスのバックバンドであるザ・レボリューションに所属していたウェンディ&リサによって提供されている。他にジーザス&メリー・チェインウィルコデヴィッド・ボウイも参加。

ノベライズ[編集]

角川文庫より刊行。原案:ティム・クリング 編・訳:小島由記子

シーズン1[編集]

  • 2008年10月25日 ヒーローズ シーズン1 I
  • 2008年10月25日 ヒーローズ シーズン1 II
  • 2008年11月22日 ヒーローズ シーズン1 III
  • 2008年12月25日 ヒーローズ シーズン1 IV
  • 2009年1月24日 ヒーローズ シーズン1 V
  • 2009年2月25日 ヒーローズ シーズン1 VI

シーズン2[編集]

  • 2009年3月25日 ヒーローズ シーズン2 I
  • 2009年4月25日 ヒーローズ シーズン2 II
  • 2009年5月25日 ヒーローズ シーズン2 III

ゲーム[編集]

ゲームロフト シネマにて公式アプリゲームが発売されている。2007年11月14日よりYahoo!ケータイ、同年11月22日よりEZweb、同年12月3日よりiモードが配信され、前述の3キャリアに対応しているものの対応機種には限りがある。

賞歴[編集]

()内は対象となった期間

エミー賞[編集]

※すべてドラマシリーズ部門

  • 第59回(2006-2007・シーズン1分)
  • 候補
    • 作品賞
    • 助演男優賞/マシ・オカ
    • 監督賞/デイヴィッド・セメル 「Genesis」(第1話)
    • 美術賞/「Genesis」(第1話)
    • 編集賞(シングル・カメラ)/「Genesis」(第1話)
    • 音響賞(1時間番組)/「Genesis」(第1話)
    • 視覚効果賞/「Five Years Gone」(第20話)
    • スタントコーディネーション賞/ イアン・クイン 「Genesis」(第1話)

ゴールデングローブ賞[編集]

  • 第64回(2006年)
  • 候補
    • 作品賞(テレビ部門/ドラマシリーズ)
    • 助演男優賞(テレビ部門)/マシ・オカ

サターン賞[編集]

  • 第33回(2006年)
  • 受賞
    • 作品賞
    • 助演男優賞/マシ・オカ
    • 助演女優賞/ヘイデン・パネッティーア
  • 候補
    • 助演男優賞/グレッグ・グランバーグ
    • 助演女優賞/アリ・ラーター

インターネットコンテンツ[編集]

本作の特徴として、豊富なインターネットコンテンツがあげられる。

グラフィック・ノベル
主要登場人物ごとのサブストーリーをアメコミにしたもの。
ドラマ本編にも言えることだが、タイアップしているNissan Versa(日本名、日産・ティーダ)がなにかと登場する。
ヒロのブログ
「ヒロ・ナカムラのブログ」という設定だが、演じるマシ・オカ自身のブログでもある。
オカ自身、ヒロの設定どおり漫画ファン(オカの記事参照)であるため、日本アニメ漫画の話が多く、コメント欄は往々にしてマシ・オカとアメリカ人オタクの語り場となる。
「ヤマガト助成団体」ウェブサイト
劇中に登場する財団のウェブサイト。
「プリマテック製紙会社」ウェブサイト
クレアの養父、ノア・ベネットがシーズン1で勤めていた製紙会社のウェブサイト。アメリカでのシーズン2開始後は多少更新されていて、シーズン2の内容に合わせて会社側のコメントが掲示されている。また劇中でミスター・ベネットが差し出す名刺にも会社のURLが記載されている。またサイト内に隠しページがあり、マット、テッド、サイラーのファイルがある。
「Activating Evolution」ウェブサイト
モヒンダー自身が父の研究についてまとめたウェブサイト。姉の病気や能力者に関することが書かれている。能力者をまとめたリストもあるが、一般公開はされていない。
「ベネットの名刺」
劇中でベネットが名刺を差し出すシーンがあるがそこに記載されている電話番号に電話をかけると、プリマテック製紙会社に繋がりベネットが会社の案内をしてくれた時期があった。現在はNBCのカスタマーズサポートセンターに繋がってしまう。
「ビデオレター」
NBCがHeroesの今後の展開の予想・意見をビデオレターで募集し、その動画をネットで公開するという企画。
「MySpace」
Heroesではハナなどの一部の人物がSNS「MySpace」に登録している。ファンからのフレンドリクエストの申請も受け付けてくれる。各々のフレンドリストからそのキャラにゆかりのあるキャラクターのMySpaceを閲覧することが可能。本編やグラフィックノベルと連動して日記が更新される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物が使う時間を止める能力が元だと本人が語っている。
  2. ^ NBC stops holding out for "Heroes"(英語サイト) On The Air on Variety.com 2010年12月5日閲覧
  3. ^ NBC Plans 'Heroes' Finale Event(英語サイト) Deadline.com 2010年12月5日閲覧
  4. ^ 'Heroes' Creator Tim Kring Comments On The Show's Cancellation By NBC(英語サイト) Deadline.com 2010年12月5日閲覧
  5. ^ 'Heroes' cancellation: Source says NBC not moving forward with movie that will wrap up series(英語サイト) EW.com 2010年12月5日閲覧

外部リンク[編集]