タルラー・バンクヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タルラー・バンクヘッド
Tallulah Bankhead
タルラー・バンクヘッドTallulah Bankhead
1934年、カール・ヴァン・ヴェクテン撮影
本名 Tallulah Brockman Bankhead
生年月日 1902年1月31日
没年月日 1968年12月12日(満66歳没)
出生地 アラバマ州ハンツビル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

タルラー・バンクヘッド(本名:Tallulah Brockman Bankhead、1902年1月31日1968年12月12日)は、アメリカ合衆国の女優。トークショウの俳優だけでなく美食家でもあった[1]

人物[編集]

アラバマ州ハンツビル生まれ。父は政治家の ウィリアム・ブロックマン・バンクヘッドで、母はアデレード・ユージニア・バンクヘッド(旧姓:Sledge) 、タルラーという名は父方の祖母の名から取られた[2]。 タルラーの母ユージニアは敗血症のため、彼女が生まれてから数日後の1902年2月23日に亡くなった。 タルラーは自身をぽっちゃりした『とても家庭的な子』で、遺伝性の気管支炎のため声がしわがれがちだとした[2] 一方、人々は彼女を目立ちたがり屋な子だと評した[3]

バンクヘッド家は民主党の有力なメンバーで、彼女の父親は1936年から1940年までアメリカ合衆国下院議長だった。おじは w:John H. Bankhead II上院議員で、祖父は w:John H. Bankhead上院議員。彼女自身も民主党員だが、家族よりリベラル色が強かった。

バンクヘッド家はタルラーからトラブルを避けるために、彼女をさまざまな学校へ送ったことがあり、カトリック系女子修道院に1年間在籍していたこともあった。(ただしウィリアムは メソジストで アデレード・ユージニアは 米国聖公会の信者だった)[4]

母親が死んでから、タルラーは黒人女性の乳母によって育てられた。後、ホワイトハウスに招待された時、タルラーは「母親同伴」ということで、この黒人女性を伴ってホワイトハウスに入った。これが、史上はじめて黒人がホワイトハウスに入った瞬間であった。

キャリア[編集]

15歳の時に雑誌の美人コンテストに入賞し、ニューヨークに移る。

晩年[編集]

タルーラはニューヨーク市の St. Luke's Hospital で、インフルエンザによる肺炎にかかり、それが肺気腫へと悪化し、「コデインバーボン[5]」 と言い残して、1968年12月12日68歳で亡くなった。遺体はメリーランド州チェスタータウンの Saint Paul's Churchyardに埋葬された。[1] 死後、映画産業への貢献への感謝が認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム6141 Hollywood Blvdにスターが上がった[6]

出演作品[編集]

映画
公開年 作品名 備考
1918 Who Loved Him Best? ネル 別題 His Inspiration
When Men Betray アリス・エドワーズ クレジットなし
Thirty a Week バーバラ・ライト クレジットなし
1919 The Trap ヘレン・カーソン 別題:A Woman's Law
1928 His House in Order ニーナ・グレアム
1931 心を汚されし女
Tarnished Lady
ナンシー・コートニー
私の罪
My Sin
シャーロッタ/アン
The Cheat エルザ・カーライル
1932 地下の雷鳴
Thunder Below
スーザン
Make Me a Star 本人
悪魔と深海
Devil and the Deep
ディアナ
Faithless キャロル・モーガン
1933 Hollywood on Parade No. A-6 本人 短編
1943 ステージドア・キャンティーン
Stage Door Canteen
本人
1944 救命艇
Lifeboat
コニー
1945 ロイヤル・スキャンダル
A Royal Scandal
エカチェリーナ2世 別題: Czarina
1953 ブロードウェイへの道
Main Street to Broadway
本人
1959 The Boy Who Wanted a Melephant ナレーター 短編作品
1965 Die! Die! My Darling Mrs. Trefoile 別題:Fanatic
1966 アンデルセン物語
The Daydreamer
The Sea Witch 音声のみ
テレビ番組
出演年 作品名 備考
1952-1953 All Star Revue 本人 7話分出演
1954 The Colgate Comedy Hour 本人 1話分出演
1954-1962 The United States Steel Hour ヘッダ・ガブラー 2話分出演
1957 Schlitz Playhouse of Stars 1話分出演
General Electric Theater キャサリン・ベルモント 1話分出演
The Lucy-Desi Comedy Hour 本人 1話分出演
1965 The Red Skelton Show Mme. Fragrant 1話分出演
1967 バットマン
Batman
ブラック・ウィドー 2話分出演

舞台[編集]

  • The Squab Farm (1918年3月13日-4月) (ブロードウェイ)
  • 39 East ( 1919年3月31日 - 最終公演日不明) (コンスタンス・ビニー英語版降板後からen:Actors' Equity Associationストライキによる中止日までの6公演に代役として出演) (ブロードウェイ)
  • Footloose (1920年5月20日 - 6月) (ブロードウェイ)
  • Nice People (1921年3月2日 -6月) (ブロードウェイ)
  • Everyday (1921年11月16日 -1922年1月) (ブロードウェイ)
  • Sleeping Partners (1922年6月11日) (ボルチモア)
  • Good Gracious, Annabelle (1922年6月20日) (ボルチモア)
  • Danger (1921年12月22日 - 1922年2月) (キャサリン・マクドネルの病気による降板から回復までの2週間代役) (ブロードウェイ)
  • Her Temporary Husband ( 1922年8月31日 -11月) (コネチカット州スタンフォード)。ブロードウェイでの初演後に当たる1922年5月の試験興行の間にキャスト変更。)
  • The Exciters (1922年9月22日 -10月) (ブロードウェイ)
  • The Dancers (1923年2月15日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • Conchita (1924年3月19日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • This Marriage (1924年5月15日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • The Creaking Chair (1924年7月22日 - 最終公演日不明)(ロンドン)
  • 落ちた天使Fallen Angels (1925年4月21日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • The Green Hat (1925年9月2日 -最終公演日不明) (ロンドン)
  • Scotch Mist (1926年1月26日 - 最終公演日不明)(ロンドン)
  • They Knew What They Wanted (1926年5月18日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • The Gold Diggers (1926年12月14日 - 最終公演日不明)(ロンドン)
  • The Garden of Eden (1927年5月30日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • Blackmail (1928年2月28日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • Mud and Treacle (1928年5月9日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • Her Cardboard Lover ( 1928年8月21日 - 最終公演日不明) (ロンドン・スコットランド)
  • He's Mine (1929年10月29日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • 椿姫 The Lady of the Camellias (1930年5月5日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • Let Us Be Gay ( 1930年8月18日 - 最終公演日不明) (ロンドン)
  • Forsaking All Others (1933年3月1日 -6月) (ブロードウェイ)
  • Dark Victory (1934年11月7日- 12月) (ブロードウェイ)
  • Rain(1935年2月12日-3月) (ブロードウェイ、リバイバル上演)
  • Something Gay (1935年4月29日-7月) (ブロードウェイ)
  • Reflected Glory (1936年9月21日 - 1937年1月)(ブロードウェイ)
  • アントニーとクレオパトラ Antony and Cleopatra (1937年11月10日-14日) (ブロードウェイ)
  • The Circle (938年4月18日-6月) (ブロードウェイ)
  • I Am Different (1938年8月18日- 最終公演日不明) (サンディエゴで開催され、試験興行期間中に終演)
  • 子狐たち The Little Foxes (1939年2月15日 -1940年2月3日)(ブロードウェイ)
  • The Second Mrs Tanqueray (1940年7月1日) (ニュージャージー州メープルウッド)
  • Her Cardboard Lover ( 1941年6月30日) (ウエストポート)
  • クラッシュ・バイ・ナイト Clash by Night (1941年12月27日 - 1942年2月7日) (ブロードウェイ)
  • 危機一髪 The Skin of Our Teeth (1942年11月18日 - 1943年9月25日) (ミリアム・ホプキンスが229演をもって降板した後の代役) (ブロードウェイ)
  • Private Lives (June 19, 1944) (コネチカット州スタンフォード)
  • Foolish Notion (1945年3月13日- 1月9日) (ブロードウェイ)
  • 双頭の鷲The Eagle Has Two Heads (947年3月19日-4月12日) (ブロードウェイ)
  • 私生活 Private Lives(1948年10月4日 - May 7, 1949) (ブロードウェイ、リバイバル上演)
  • Dear Charles (1954年9月15日 -1955年1月29日) (ブロードウェイ)
  • 欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire (1956年2月15日 - 最終公演日不明) (ニューヨーク・シティ・センター、リバイバル上演)
  • ジークフリード・フォーリーズ Ziegfeld Follies (1956年4月16日 - 最終公演日不明) (ボストンにて初演,試験興行期間中に終演。Welcome Darlingsと改題してウエストポートで一夜限りの公演)
  • The Ambassadors (1957年1月30日 - 2月9日) (ブロードウェイ)
  • House on the Rocks (1958年6月) (巡業)
  • Crazy October (1958年10月8日 - 最終公演日不明) (初演はコネティカット州ニューヘイヴン, 試験興行のため、サンディエゴで最終公演)
  • Craig's Wife(1960年6月30日に、ニューヨーク州ナイアックに上演)
  • Midgie Purvis (1961年2月1日-18日) (ブロードウェイ)
  • Here Today (1962年6月) (巡業)
  • 牛乳列車はもう止まらない The Milk Train Doesn't Stop Here Anymore (1964年1月1日 -4日) (ブロードウェイ)
  • Glad Tidings (1964年6月) (巡業)

脚注[編集]

  1. ^ a b “Tallulah Bankhead Dead at 65. Vibrant Stage and Screen Star. Tallulah Bankhead, the Vibrant and Tempestuous Stage and Screen Personality, Dies Here at 65.”. New York Times. (1968年12月13日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F20817F83C54157493C1A81789D95F4C8685F9 2007年8月21日閲覧. "Tallulah Bankhead, the star whose offstage performances often rivaled her roles in the theater, film and television, died at St. Luke's-Roosevelt HospitaCenter yesterday of pneumonia, complicated by emphysema. She was 65 years old." 
  2. ^ a b Current Biography 1941 p 37
  3. ^ Gottlieb, Robert. The New Yorker. May 16, 2005.
  4. ^ (Bankhead 2004, p. 48)
  5. ^ Brian, Denis. Tallulah, Darling: A Biography of Tallulah Bankhead. New York: Macmillan Publishing (1980), pgs.1-2
  6. ^ Hollywood Star Walk: Tallulah Bankhead”. latimes.com. 2013年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]