バスケットボール・ダイアリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バスケットボール・ダイアリーズ
The Basketball Diaries
監督 スコット・カルヴァート
脚本 ブライアン・ゴルボフ
原作 ジム・キャロル
『マンハッタン少年日記』
製作 リズ・ヘラー
ジョン・バード・マヌリス
製作総指揮 クリス・ブラックウェル
ダン・ジェネッティ
出演者 レオナルド・ディカプリオ
音楽 グレーム・レヴェル
撮影 ヴィッド・フィリップス
編集 デイナ・コングドン
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
アイランド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年4月21日
日本の旗 1996年1月20日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 2,424,439ドル
テンプレートを表示

バスケットボール・ダイアリーズ』(The Basketball Diaries)は、1995年制作のアメリカ映画。原作はジム・キャロルが13歳から16歳までつけていた日記『マンハッタン少年日記』(河出書房新社[1]

公開された当時は、麻薬依存や売春が描かれていたために物議を醸した。アメリカではMPAAによりカットされてR指定を受け、韓国では公開禁止となった。

1999年コロラド州で起きたコロンバイン高校銃乱射事件の際に、再びこの映画に注目が集まった。ディカプリオ演じる主人公が、夢の中で黒いトレンチコートを着て学校に行き、生徒や教師を撃つというシーンがあったためである。

あらすじ[編集]

ミッションスクールの不良生徒・ジムは仲間のミッキー、ペドロ、ニュートロンとともに非行を働き神父を困らせるものの、バスケットボールへの情熱は人一倍だった。 だが、彼等を理解してくれていたボビーが白血病で亡くなり、ジムはニュートロンをのぞく仲間とともにヘロインを始めた。 コーチ・スウィフティに肉体関係を迫られた後、ジムは試合中に意識がもうろうとするという失態を犯し、警察沙汰に発展した。 麻薬は見つからなかったものの、3人は退学処分を受けた。ジムも母親に問い詰められ、家出をした。 ジム、ミッキー、ペドロは麻薬のために犯罪を犯しては金を得るようになった。 ペドロが逮捕される中、ジムは近所に住むレジーに助けられ、詩の才能を見出された。 麻薬をやめさせようとするレジーから逃げたジムは、男性相手に身体を売りその金で麻薬をミッキーと買った。 だが、その麻薬が偽物だと知ったジムは売人を殺害し、実家に逃げた。母に金をねだるジムに対し、彼女は警察に通報し、ジムは逮捕された。

その後、更生したジムは、舞台に立ち、自らの経験について話した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジム・キャロル レオナルド・ディカプリオ 草尾毅
ミッキー マーク・ウォールバーグ 古澤徹
ジムの母 ロレイン・ブラッコ 榊原良子
スウィフティ ブルーノ・カービー 土師孝也
ペドロ ジェームズ・マディオ 岡野浩介
ダイアン・ムーディ ジュリエット・ルイス 松本梨香
レジー アーニー・ハドソン 福田信昭
ボビー マイケル・インペリオリ 藤原啓治
フランキー・パインウォーター ジム・キャロル 牛山茂

脚注[編集]

  1. ^ Maslin, Janet (1995-04-21). "FILM REVIEW; Looking for Poetry In All the Wrong Places". NYTimes.com. Retrieved 2011-08-20.

外部リンク[編集]