レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Revolutionary Road
監督 サム・メンデス
脚本 ジャスティン・ヘイス
原作 リチャード・イェーツ
家族の終わりに
製作 ボビー・コーエン
ジョン・N・ハート
サム・メンデス
スコット・ルーディン
製作総指揮 ヘンリー・ファーネイン
マリオン・ローゼンバーグ
デヴィッド・M・トンプソン
出演者 レオナルド・ディカプリオ
ケイト・ウィンスレット
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 タリク・アンウォー
製作会社 BBCフィルムズ
ドリームワークス
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ヴァンテージ
日本の旗 パラマウント・ピクチャーズ・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年12月26日
日本の旗 2009年1月24日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $22,911,480[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$75,226,021[1] 世界の旗
テンプレートを表示

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(原題: Revolutionary Road)は、2008年イギリスアメリカ映画。原作はリチャード・イェーツの小説『家族の終わりに』。

タイタニック』のレオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットが夫婦役で再共演。またキャシー・ベイツも『タイタニック』以来の再共演を果たしている。また、ウィンスレットは実生活上の夫であるサム・メンデスの監督作品に、初出演・主演している。

第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)受賞。第81回アカデミー賞美術賞衣装デザイン賞助演男優賞ノミネート。

ストーリー[編集]

1950年代のアメリカ。フランクとエイプリルは、子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。郊外の「レボリューショナリー・ロード」と呼ばれる通りに面した庭付きの一軒家、都会の大企業への電車通勤、週末のリゾートへの小旅行。まさに二人は戦後のアメリカが黄金期を謳歌していた時代の体現者だった。だが、2人はそんな暮らしにどこか閉塞感を抱いており、絵に描いたような「幸福な家族」の崩壊は間近に迫っていた。

エイプリルは俳優志望だったが才能に恵まれなかった。フランクと結婚して2児を儲け、主婦業に専念しようとしていた。他方、フランクは、かつて父親が働いていた会社で、生き甲斐を見いだせず、浮気したりしていた。ある日、エイプリルは、結婚当初にフランクが憧れていたパリでの生活が、フランクの人生を意味あるものにすると考えた。自分が諦めた人生の生き甲斐を、夫に追求して貰うべく、そこに生き甲斐を見出そうとした。フランクもエイプリルの計画に賛同し、両者は、この点で意見の一致を見た。しかし、不運にも、エイプリルは妊娠してしまい、計画は御破算になった。フランクに自分の人生をやり直させようとしたエイプリルにとって、計画通りに事が運ばないことは、自分の人生の終わりを意味していた。出世という平凡な幸運に引き寄せられるフランクの子供を産み育てることにも意味を見出せなかった。何か別の生き方・価値観を模索するエイプリルと、そうではないフランクとの間には、決定的な溝があった。エイプリルには、自らの手で堕胎する道しか残っていなかった。エイプリルは出血多量で死亡し、フランクは2児を連れて「レボリューショナリー・ロード」を去り、ニューヨークに居を移した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フランク・ウィーラー レオナルド・ディカプリオ 浪川大輔
エイプリル・ウィーラー ケイト・ウィンスレット 林真里花
ヘレン・ギヴィングス キャシー・ベイツ 小宮和枝
ジョン・ギヴィングス マイケル・シャノン 青山穣
ミリー・キャンベル キャスリン・ハーン 住友優子
シェップ・キャンベル デヴィッド・ハーバー 山野井仁
ジェニファー・ウィーラー ライアン・シンプキンス 釘宮理恵
マイケル・ウィーラー タイ・シンプキンス たなか久美
ジャック・オードウェイ ディラン・ベイカー 水内清光
バート・ポラック ジェイ・O・サンダース 土師孝也
ハワード・ギヴィングス リチャード・イーストン
モーリーン・グラブ ゾーイ・カザン

主な受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Revolutionary Road (2008)”. Box Office Mojo. 2010年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]