松田洋治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まつだ ようじ
松田 洋治
生年月日 1967年10月19日(46歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 O
職業 俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1972年 -

松田 洋治(まつだ ようじ、1967年10月19日[1] - )は、日本俳優声優東京都出身。アクトレインクラブ所属。

来歴・人物[編集]

東京都世田谷区生まれ。5歳上の兄はミュージカル翻訳者・駒澤大学教授の松田 直行[2][3]

青山学院高等部を経て、青山学院大学文学部教育学科中退。青山学院時代の同級生に、国会議員で参議院議員の蓮舫(高等部から大学までの同級生))がいる。

5歳で劇団ひまわりに入団し、1974年に小学校1年生の時にテレビドラマ『母の鈴』で子役デビューし、同年には『仮面ライダーアマゾン』の岡村まさひこ役や江利チエミ主演のホームドラマ『はじめまして』(TBS)で一躍有名になる。

1983年のTBS系テレビドラマ『家族ゲーム』(沼田茂之役)で役者として注目を集める。

1995年、客室乗務員の女性と結婚するが、その後離婚。

1997年には、映画『もののけ姫』の主人公アシタカの声や、同年、映画タイタニック主演のレオナルド・ディカプリオの吹き替えを担当し知名度を高める。ただし、ジブリに関してはもののけ姫が初ではなく、すでに1984年の『風の谷のナウシカ』にも出演している。

2006年、再婚。2男あり。同年、東京アニメーションカレッジ専門学校講師として演技指導

近年は舞台を中心に活動を続けており、蜷川幸雄、青井陽治等の演出家と仕事をしてきている。またドラマ『北の国から』では、黒板純役のオーディションを受けたことがある。

エピソード[編集]

NHK大河ドラマには3作品に出演しているが、このうち2作品は主人公の少年時代の役という設定だった。

このうち『草燃える』は源頼朝を、『徳川家康』は徳川家康を主人公としているので2人の初代征夷大将軍の役を演じたことになる(但し、『草燃える』は頼朝の幼少期が描かれていたわけではなく、回想シーンとしてワンシーン登場するのみである)。

仮面ライダーアマゾン放送当時は小学生だったため立花藤兵衛役の小林昭二に車で送ってきてもらったという[4]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ナレーション[編集]

舞台[編集]

  • アナザー・カントリー
  • 上を向いて歩こう
  • 黙阿彌オペラ
  • ブライトン・ビーチ回顧録
  • ミュージカル「不死鳥伝説」 - 第6回百恵ちゃんまつり/新宿コマ劇場 -
  • 他、多数出演

ドラマCD[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』、633頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 松田直行 | ベンチャーアーティストインタビュー|就職活動.com 2010-08-06閲覧
  3. ^ 総合教育研究部 松田直行教授 2010-08-06閲覧
  4. ^ 『仮面ライダーオフィシャルファイルマガジン』より

外部リンク[編集]