ソ・ドヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソ・ドヨン
各種表記
ハングル 서도영
漢字 徐道永
発音: ソ・ドヨン
ローマ字 So Do-Yon
英語表記: Seo Do-Young
テンプレートを表示

ソ・ドヨン(徐 道永、1981年4月14日‐)は、大韓民国俳優である。大邱(テグ)市出身。身長187cm。血液型A型。両親と弟の四人家族。趣味は音楽鑑賞、演劇・ミュージカル鑑賞、読書など。

略歴[編集]

幼少期にソウルへ移り住む。

2001年、圓光大学生物学科に在籍中、休学をして兵役に就く。

兵役を終えた2003年にモデルスクールに通い始め、その年のソウル・コレクションでモデルデビューを果たす。その後もグッチやアルマーニなどのファッションショーに次々と出演した。

2004年には、ドキュメンタリー『シングルズ・イン・ソウル2 ~メトロセクシュアル』にモデルとして出演したが、この頃、夢であった俳優になるために演技の勉強にも取り組んでいた。

俳優としてのデビューは、2005年KBSの単発ドラマ『オー!サラ』である。 続いて出演した大ヒット時代劇『海神』では、小さな役でありながらも、ユン・ソクホ監督の目に留まることとなった。そして、ユン・ソクホ監督に俳優としての可能性を見出され、監督の代表作、四季シリーズの完結編『春のワルツ』の主役に抜擢される。

春のワルツ』におけるユン・ジェハ役を務める。また、日本版『春のワルツ』オープニング曲のため、新たに『Flower-M』をレコーディングしている。

現在は檀国(タングック)大学 演劇映画学科に在学中(2007年3月より)。

エピソード[編集]

  • 『春のワルツ』撮影中の2006年4月に、フィリップ役の俳優とのアクションシーンで頬骨が陥没する怪我を負い、ドラマの放送が一週間遅れるという事態に陥った。視聴者やファンへの強い責任感から、事故から一週間で退院し、完治しないままリスクを承知で撮影に復帰。(この時の手術は自身の誕生日である4月14日に行なわれた。)
  • 2007年、韓国観光公社の「韓国の日」イベントにソ・ドヨンが出席することが伝えられるや否や、イベント参加希望の電話が殺到し、東京、大阪、福岡の各会場あわせて9000席が1時間で完売となった。
  • 『春のワルツ』ユン・ジェハ役をきっかけに、ピアノの練習を続けている。
  • 『チング~愛と友情の絆~』では、『春のワルツ』同様好青年のサンテク役を演じ、高校生から青年までを演じ、高校時代や軍隊時代の役を演じる際には短髪を披露した。

出演作品[編集]

韓国TVドラマ[編集]

  • ドラマシティー「オー!サラ」(KBS 2005年)ミンス役、主演
  • 海神(KBS 2005年)ムジン役
  • 春のワルツ(KBS 2006年3〜5月)ユン・ジェハ役、主演
  • MBCベスト劇場「健忘症(邦題:愛の記憶)」(MBC 2007年)ジヌ役、主演
  • 「止められない結婚」(KBS 2007年)ワン・ギベク役
  • チング 〜愛と友情の絆〜」(2009年)ジョン・サンテク役
  • 「天下無敵イ・ピョンガン」(2009年)エドワード役
  • 「夜叉-ヤチャ-」(2010年)イ・ベッキョル役
  • いばらの鳥」(2011年)チェ・ガンウ役
  • 「あなただけ」(KBS 2011年〜2012年)ハン・ソジュン役

映画[編集]

その他[編集]

  • ドキュメンタリー『シングルズ・イン・ソウル2 ~メトロセクシュアル』(2004年)

CM[編集]

外部リンク[編集]