或る殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
或る殺人
Anatomy of a Murder
監督 オットー・プレミンジャー
脚本 ウェンデル・メイズ
原作 ロバート・トレイヴァー
製作 オットー・プレミンジャー
出演者 ジェームズ・ステュアート
音楽 デューク・エリントン
撮影 サム・リーヴィット
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年7月1日
日本の旗 1959年11月14日
上映時間 160分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

或る殺人』(あるさつじん 原題:Anatomy of a Murder)は、1959年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画

ロバート・トレイヴァー原作の小説“Anatomy of a Murder”(邦題:『錯乱』)をオットー・プレミンジャー監督、ジェームズ・ステュアート主演で映画化。モノクロ作品

第32回アカデミー賞6部門にノミネート、第25回ニューヨーク映画批評家協会賞主演男優賞(ジェームズ・ステュアート)と脚本賞(ウェンデル・メイズ)、第20回ヴェネツィア国際映画祭 男優賞(ジェームズ・ステュアート)、第2回グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門デューク・エリントン)を受賞した。

2012年アメリカ国立フィルム登録簿に登録された[1]

あらすじ[編集]

ポール・ビーグラーはミシガン州検事を辞め弁護士に転じたものの、依頼がほとんどなく、魚釣りをして日々を悶々と過ごしていた。

そんなある日、彼は親友のパーネルからローラ・マニオンという女性を紹介される。ローラの夫で陸軍中尉のマニオンは、妻をレイプしたバーニーという男を射殺する事件を起こして起訴されていた。ローラは夫の弁護を依頼してきたのだ。

早速裁判が始まるが、検察側は中央から派遣されたベテラン検事ダンサーが担当、彼はローラが挑発的な女であるとして、次々と有力な証拠や証人を出し、ポールを追い詰める。ポールも負けずに証拠を集め、何とか無罪に持ち込もうとするが…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]