黄金の腕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄金の腕
The Man with the Golden Arm
監督 オットー・プレミンジャー
脚本 ウォルター・ニューマン
ルイス・メルツァー
ベン・ヘクト ノンクレジット
原作 ネルソン・オルグレン
製作 オットー・プレミンジャー
出演者 フランク・シナトラ
エリノア・パーカー
キム・ノヴァク
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 サム・リーヴィット
編集 ルイス・R・レフラー
製作会社 オットー・プレミンジャー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 松竹外画部
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年12月14日
日本の旗 1956年5月29日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 4,100,000ドル(北米配収)
テンプレートを表示

黄金の腕』(The Man with the Golden Arm)は、1955年製作・公開、オットー・プレミンジャー監督によるアメリカ映画である。

略歴・概要[編集]

本作は、1950年に第1回全米図書賞を受賞したネルソン・オルグレンの小説『黄金の腕』を原作に、 ウォルター・ニューマンルイス・メルツァー、そしてノンクレジットであるがベン・ヘクトが共同執筆した脚本により製作された。製作はオットー・プレミンジャーが主宰する「オットー・プレミンジャー・フィルムズ」で、1955年9月26日にクランクイン、同年11月にクランクアップ、同年12月14日までには完成し、ユナイテッド・アーティスツが同日プレミア上映を行った[1]

当初、映画化権を取得したのはジョン・ガーフィールドであったが、麻薬をテーマとする本作は、犯罪映画フィルム・ノワール)を規制する当時のヘイズ・コードにより映画化は困難であった。1952年5月21日にガーフィールドが死去、プレミンジャーが実現にこぎつけた。作曲家のショーティ・ロジャーズとジャズドラマーのシェリー・マンが、フランク・シナトラ演じるフランキー・マシーンのオーディションシーンに本人役で出演している[1]

本作は、第28回アカデミー賞において、アカデミー主演男優賞にシナトラ、アカデミー作曲賞エルマー・バーンスタインアカデミー美術賞ジョセフ・C・ライトダレル・シルヴェラがいずれもノミネートされたが、いずれも受賞は逃した[1]

日本では、アメリカでの公開の半年後、1956年5月29日松竹外画部の配給で公開された[2]。1998年にハピネット・ピクチャーズからDVDが発売されて以降、2000年代に入ってからパブリックドメインDVDとして発売されている。2004年にはカバヤ食品が発売した食玩水野晴郎シネマ館」の10作のうちの1作としてリリースされた[1]

2003年8月9日ロカルノ国際映画祭で上映された[1]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順 [1]
クレジット外 [1]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g The Man with the Golden Arm, Internet Movie Database, 2010年1月24日閲覧。
  2. ^ 黄金の腕、キネマ旬報映画データベース、2010年1月24日閲覧。

外部リンク[編集]