帰らざる河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
帰らざる河
River of No Return
監督 オットー・プレミンジャー
脚本 フランク・フェントン
製作 スタンリー・ルービン
出演者 ロバート・ミッチャム
マリリン・モンロー
音楽 シリル・J・モックリッジ
ライオネル・ニューマン(指揮)
撮影 ジョセフ・ラシェル
編集 ルイス・R・レフラー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年4月30日
日本の旗 1954年8月24日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

帰らざる河』(かえらざるかわ、River of No Return)は、1954年アメリカ西部劇映画である。

この作品までのモンローは「グラマラスで美人だが、少々頭の悪い金髪美女」のキャラクターを演じることが多かったが、本作では生身の女性を演じ、役者としての転機となった。[要出典]

ストーリー[編集]

ゴールドラッシュで沸くアメリカ北西部の町に、9歳になる息子マークを探してマットがやってくる。マークは酒場の歌手ケイが世話をしていた。マークを引き取ったマットは新しく手に入れた農場でマークと2人の生活を始める。

ある日、マットは農場の近くを流れる河の急流に流されている筏を見つける。筏に乗っていたのはケイと夫のハリーだった。マットは2人を救う。ハリーはギャンブルで手に入れた金鉱を登記するために先を急いでいたが、筏で河を下るのが難しいと知ると、マットを脅し、銃と馬を奪う。抵抗したマットを気絶させたハリーに、ケイは「ケガ人と子供を残しておけない」と言い、そこにとどまる。しかし、ハリーが去ると同時に農場が先住民に襲撃されそうになったため、危険を承知の上で、マットとマーク、そしてケイはケイたちが乗っていた筏で河を下る。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(DVD収録)

パロディ[編集]

1976年夏、帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)のマナーポスターに、ギターを傘に変えた「帰らざる傘」が「独占者」(『独裁者』のパロディ)と共に、非常に話題を呼んだ。このポスターを貼り出した銀座駅では、10枚中7枚が盗まれる騒ぎを起こしたという[1]

参考文献[編集]

  1. ^ マナーポスター - ウェイバックマシン(2012年3月31日アーカイブ分) - メトロ・スコープ[メトロ文化財団イベントガイド]

外部リンク[編集]