C・オーギュスト・デュパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

C・オーギュスト・デュパン(C. Auguste Dupin)は、エドガー・アラン・ポーの短編推理小説に登場する架空の人物。世界初の名探偵といわれる。

五等勲爵士フランスの名門貴族で、シュバリエ(chevalier)であったが、いくつかの不幸な事件により財産をなくす。パリ郊外サン・ジェルマンの辺鄙な淋しいところ(パリ市、フォブール、サンジェルマン・デュノ街33番地)にある崩れかけた古い怪しげな館に、事件の記述者である「私」と同居。

昼は戸を閉め切った真っ暗な部屋で強い香料入りの蝋燭に火をつけ、読書と瞑想にふける。夜はパリの街を徘徊して大都会の闇と影を愛する。警視総監Gと知り合いで、G氏は解決できない事件の調査をしばしばデュパンに依頼にくる。

デュパンの奇人ぶりは、詩人としてのポーの嗜好を反映している一方で、シャーロック・ホームズをはじめ後の名探偵の人物像に少なからぬ影響を与えている。また、第2作『マリー・ロジェの謎』では、新聞に掲載された記事のみを頼りに事件の真相を推理しているため、安楽椅子探偵の元祖といわれる場合もある。

登場作品[編集]

ポーが執筆したデュパン登場作品は短編小説3編のみである。

パロディまたはパスティーシュ[編集]

  • 『群衆の悪魔 デュパン第四の事件』 - 笠井潔によるパスティーシュ作品(長編、1996年)。
  • 「五等勲爵士の怪事件」 - リチャード・A・ルポフ (enによるパスティーシュ作品(短編)。