ジャッキー・コーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッキー・コーガン
Killing Them Softly
監督 アンドリュー・ドミニク
脚本 アンドリュー・ドミニク
原作 ジョージ・V・ヒギンズ
Cogan's Trade
製作 ブラッド・ピット
デデ・ガードナー
アンソニー・カタガス
ポーラ・メイ・シュワルツ
スティーヴ・シュワルツ
製作総指揮 マーク・ブータン
ミーガン・エリソン
ビル・ジョンソン
ジム・セイベル
アディ・シャンカル
スペンサー・シルナ
撮影 グレッグ・フレイザー
編集 ブライアン・A・ケイツ
製作会社 Annapurna Pictures
1984 Private Defense Contractors
プランBエンターテインメント
Chockstone Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 プレシディオ
公開 フランスの旗 2012年5月22日CIFF
アメリカ合衆国の旗 2012年11月30日
日本の旗 2013年4月26日
上映時間 97分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $37,470,591[2]
テンプレートを表示

ジャッキー・コーガン』(原題: Killing Them Softly)は、2012年に公開されたアメリカ合衆国クライム映画である。

アンドリュー・ドミニク監督・脚本、ブラッド・ピット製作・主演作で、ジョージ・V・ヒギンズ1974年の小説『Cogan's Trade』を原作としている。また同作は映画の日本公開に伴い、『ジャッキー・コーガン』として和訳、日本にて出版された。

2012年5月22日第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、 パルム・ドールを競った[3][4]

ストーリー[編集]

大統領選の真っ只中にある2008年のルイジアナ州ニューオーリンズで、チンピラのフランキーは仲間のラッセルと賭場強盗を働く。強盗の計画は刑務所で知り合った中年男ジョニーによるもので、賭場の雇われ支配人マーキーの自作自演に見せかけるというものであった。その賭場は以前にも強盗に遭っていたが、それはマーキーが仕組んだもので、そのことをマーキーが周囲に吹聴していたことから、また同じような強盗事件が起きれば間違いなくマーキーによるものと見なされるというのである。強盗は無事に成功し、被害に遭った組織は番頭格であるディロンに強盗犯を捜させようとするが、病気療養中のディロンに代わり、殺し屋のジャッキー・コーガンが仕事を引き受けることになる。

大金を手に入れたラッセルはその金で麻薬ビジネスを始めるが、その相棒がディロンの部下ケニーであったことから、強盗犯と首謀者の正体はすぐにジャッキーの知るところとなる。顔が知られているジャッキーはジョニーらの殺害をニューヨークに住む殺し屋ミッキーに任せようと考えて呼び寄せるが、ミッキーは飲んだくれの役立たずになっていた。仕方なくジャッキーは売春婦を使ってミッキーを暴行容疑で逮捕させることでお払い箱にする。

マーキーは今回の強盗事件と無関係だったが、組織の体面を保つためとして、ジャッキーはケニーに手伝わせてマーキーを殺害する。ラッセルが警察に逮捕されると、次にジャッキーはフランキーを脅迫してジョニーの居所を突き止めて殺害、協力したフランキーも殺害する。こうして強盗事件に片を付けたジャッキーに、組織は1人殺害で1万ドル、3人で計3万ドルしか払おうとしない。ジャッキーの抗議に連絡係のドライバーはディロンに支払っている金額だと答えるが、ジャッキーは「ディロンは死んだ」と告げる。テレビで大統領選の演説が流される中、ジャッキーは「アメリカは国家じゃない。ビジネスだ」とドライバーに詰め寄る。

キャスト[編集]

製作[編集]

ブラッド・ピットが主役に交渉中である2010年11月にプロジェクトが発表された[5]。ピットは翌月よりプロジェクトに参加し、2011年3月よりルイジアナ州での製作開始が予定された[6]。他の役は2011年初頭にキャスティングされた[7]

プリプロダクションは2011年1月にルイジアナ州で始まり[8]、2011年3月には既に撮影進行中であった[9]

ギャレット・ディラハントによると、本作のファースト・カットは2時間半であった[10]

公開[編集]

当初、アメリカ合衆国では2012年9月21日に公開予定であったが、『ザ・マスター』との競合を避け、また映画賞での成功の可能性を向上させるために11月30日に延期された[11]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

2013年4月26日時点で、Rotten Tomatoesでは206件の批評家レビューで批評家支持率は76%、平均点は6.9/10となっている[12]Metacriticでは42媒体のレビューで64/100となっている[13]。イギリスの新聞デイリー・テレグラフのティム・ロビーは5つ星評価で4つ星を与え、この映画を「暗くわびしい映画である一方、観客を興奮させる映画でもある」と評している。

受賞歴[編集]

部門 候補 結果
カンヌ国際映画祭[14] パルム・ドール アンドリュー・ドミニク ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ Title « British Board of Film Classification”. Bbfc.co.uk (2012年8月28日). 2012年9月18日閲覧。
  2. ^ Killing Them Softly”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月26日閲覧。
  3. ^ 2012 Official Selection”. Cannes Film Festival. 2012年4月19日閲覧。
  4. ^ Andrew Dominik, a certain vision of capitalism”. Cannes Film Festival (2012年5月22日). 2012年5月22日閲覧。
  5. ^ McNary, Dave (2010-11-02). “Brad Pitt in talks for 'Cogan's Trade'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118026781. 
  6. ^ McNary, Dave (2010-12-30). Variety. Brad Pitt to star in 'Cogan's Trade'. 
  7. ^
  8. ^ Scott, Mike (2011年1月3日). “Brad Pitt to return to New Orleans for thriller 'Cogan's Trade'”. The Times-Picayune. http://www.nola.com/movies/index.ssf/2011/01/brad_pitt_to_return_to_new_orl.html 
  9. ^ “Brad Pitt, Angelina Jolie and family hit the French Quarter streets”. The Times-Picayune. (2011年3月21日). http://www.nola.com/celebrities/index.ssf/2011/03/brad_pitt_angelina_jolie_and_f.html 
  10. ^ Jagernauth, Kevin (2012年4月15日). “Garret Dillahunt Says First Cut Of 'Killing Them Softly' Was 2.5 Hours, Not Sure If He Made The Final Edit”. The Playlist. 2012年8月13日閲覧。
  11. ^ Killing Them Softly New Release Date”. Film School Rejects. 2012年9月18日閲覧。
  12. ^ Killing Them Softly”. Rotten Tomatoes. 2012年9月21日閲覧。
  13. ^ Killing Them Softly”. Metacritic. 2012年9月21日閲覧。
  14. ^ Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. Timeout. 2012年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]