サル・ミネオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sal Mineo
サル・ミネオ
サル・ミネオ
本名 Salvatore Mineo, Jr.
生年月日 1939年1月10日
没年月日 1976年2月12日(満37歳没)
出生地 ブロンクス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優

サル・ミネオSalvatore Mineo, Jr., 1939年1月10日 - 1976年2月12日)は、アメリカ合衆国出身の俳優である。

生涯[編集]

イタリアシチリア島から移住してきた両親のもと、ブロンクスに生まれた。8歳でストリート・ギャングに加わり、10歳のときに強盗の容疑で逮捕されたこともあったという。しかしその後、演劇学校に入って俳優としての道を歩むようになった。子役としてユル・ブリンナーの舞台『王様と私』などにも出演している。

1955年、17歳のとき、『理由なき反抗』でジェームズ・ディーンの友人を演じ、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。しかしタイプキャストを嫌った彼は『最後の一人まで』ではネイティブ・アメリカンを演じたりと不良少年役からの脱皮を図った。1960年『栄光への脱出』ではホロコーストを生き延びたユダヤ人少年を演じ、再び助演男優賞にノミネート。そのほか、1957年『傷だらけの栄光』、1962年『史上最大の作戦』、1971年『新・猿の惑星』などの映画に出演した。TVドラマ『コンバット!』では、第66話「軍曹が死んだ」、第118話「謎の兵隊」、第132話「銃口の前で」の3話にゲスト出演している他、テレビや舞台への出演、舞台の演出家としても活躍を続けていた。

1976年キア・デュリアとの二人舞台のリハーサルから自宅に戻る途中、強盗に刺されて死亡した[1][2]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1955 六つの橋を渡る男
Six Bridges To Cross
ジェリー(少年)
ベンソン少佐の個人的な戦争
The Private War of Major Benson
Sylvester Dusik
理由なき反抗
Rebel Without A Cause
プラトー
1956 暴力の季節
Crime In The Streets
ベイビー
傷だらけの栄光
Somebody Up There Likes Me
ロモロ
ジャイアンツ
Giant
エンジェル
1960 栄光への脱出
Exodus
ドヴ・ランダウ ゴールデングローブ賞 助演男優賞 受賞
1962 史上最大の作戦
The Longest Day
マティーニ一等兵
ザーレンからの脱出
Escape From Zhrain
アハメド
1964 シャイアン
Cheyenne Autumn
Red Shirt
偉大な生涯の物語
The Greatest Story Ever Told
ウリヤ
1964-1966 コンバット!
Combat!
テレビシリーズ、4エピソードに出演
1967 太陽の流れ者
Stranger on the Run
ジョージ テレビ映画
1969 ジャワの東
Krakatoa: East of Java
Leoncavallo Borghese
80歩大行進
80 Steps To Jonah
ジェリー
1971 新・猿の惑星
Escape From The Planet Of The Apes
マイロ
ジェット機奪回指令
How to Steal an Airplane
テレビ映画
1975 刑事コロンボ ハッサン・サラーの反逆
Columbo: A Case Of Immunity

参照[編集]

  1. ^ Obituary Variety, February 18, 1976, page 126.
  2. ^ Rachael Bell (2008年). “The Switchblade Kid: The Life and Death of Sal Mineo”. TruTV. Turner Broadcasting System, Inc.. 2008年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]