Mr.&Mrs. スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mr.&Mrs. スミス
Mr. & Mrs. Smith
監督 ダグ・リーマン
脚本 サイモン・キンバーグ
製作 アーノン・ミルチャン
アキヴァ・ゴールズマン
ルーカス・フォスター
パトリック・ワックスバーガー
エリック・マクロード
製作総指揮 エリック・フェイグ
出演者 ブラッド・ピット
アンジェリーナ・ジョリー
音楽 ジョン・パウエル
撮影 ボジャン・バゼリ
編集 マイケル・トロニック
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
ニュー・リージェンシー・プロダクションズ
サミット・エンターテインメント
ウィード・ロード・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年6月10日
日本の旗 2005年12月3日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $110,000,000[1]
興行収入 $478,207,520[1] 世界の旗
$186,336,279[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

Mr.&Mrs. スミス』(ミスターアンドミセス・スミス、原題:Mr. & Mrs. Smith)は、2005年アメリカ映画

あらすじ[編集]

結婚して"5、6年"たった夫婦が、自分たちの夫婦のあり方を点検してもらおうと、二人でカウンセリングに訪れた。セックスの頻度は10段階評価で何点か、という問いにはぐらかして答える二人。この間の週末は一緒に過ごしましたか、という質問には黙ってしまった。次に二人のであった馴れ初めについて問う。

5、6年前、二人はコロンビアボゴタで出会った。男はジョン、女はジェーンという名前である。ジョンは建築設計事務所を経営し、ジェニーはコンピュータのサーバーの管理会社を経営しているという。二人はすぐに恋におち、数か月後に結婚した。

しかし、5、6年たった今、二人の間は空虚で、お互いに隠している事があるのだと説明する。カウンセラーはそんなことはどのカップルにもあることだという。ただジョンとジェーンの場合、実は彼らは暗殺を請け負うプロであり、別々の組織の元で活動していた。二人はお互いにプロの暗殺者であることを知られないようにしていたのである。ジョンは一人で活動し、ジェーンは暗殺チームを率いていた。

ある時二人は、別々にベンジャミン・ダンツの暗殺を依頼される。メキシコとの国境近くで、ジェーンは道に爆弾を仕掛けダンツの到来を待ち受けていた。そこへジョンがバギーでやってくる。ジェーンはそれがジョンだとは知らず、彼の持つ対戦車ロケット砲をみて彼を狙撃。弾は防弾チョッキで止めたが、ジョンもやはりジェーンと知らずに彼女に向けてロケット砲を放った。ジェーンもまた逃げ出すことに成功した。ただ肝心のダンツ暗殺はどちらも果たすことができなかった。

ニューヨークに帰った二人は、それぞれ誰がお互いの仕事を邪魔した相手を探し始める。仕事を目撃した相手を48時間以内に抹殺することになっていたのである。 二人はすぐに相手が自分の結婚相手であることを特定した。

その夜、緊張感の漂うなか二人は自宅で夕食をとり始める。しかし、すぐにジェーンは車で逃げだし、ジョンは銃をもってそれを走って追う。車に走り寄る最中、ジョンは転んだ拍子にジェーンに向けて発砲してしまった。幸いジェーンには当たらなかったが、「撃つつもりはなかったんだ」と言い訳するも、腹を立てたジェーンはジョンと別れて去ってゆく。

ジェーンを追ってジョンは建設中のビルにたどり着いた。エレベータをモニターしているジェーンは、エレベータで登ってくるジョンに街を出ていくよう説得する。さもなければエレベータを落とすという。「5、4、3、2・・・・さよなら、ジョン」そこでエレベータのケーブルが爆破される。驚いて「何するのよ」と部下に問うジェーンに「・・・だって、"さよなら"って言ったから・・・」しかし、実際にはジョンはそのエレベータに乗っておらず、別のエレベータから映像だけを送っていたので無事であった。

その後、二人は別々自宅に帰った。ジェーンは先に自宅に入り、ショットガンを構えてジョンが入ってくるのを待っていた。ジョンが家に入ってくると、二人の間で銃撃戦が始まった。しかし、お互い本気で相手を殺すことはできなかった。ほどなく二人は争いをやめ、仲の良い夫婦に戻った。

ところが、朝になり暗殺チームが二人を抹殺しにやってくる。暗殺チームの爆弾が灯油タンクに引火し、家はすべて吹き飛んだが、暗殺チームも全滅した。しかし、その後、車で逃走する二人を3台のBMWが追ってきた。BMWを撃退しながら「実は俺、前に結婚してたことがあるんだ」「実は、私の両親は子供のころに亡くなったの」などと二人で本当の自分を語り合う。

その後、勾留されているダンツを誘拐して問い詰めたところ、ジョンとジェーンがそれぞれ属するライバル同士の組織が、ジョンとジェーンが結婚していたことを不愉快に思い、共同でダンツ暗殺を演出したことがわかった。実はダンツが標的なのではなく、 ダンツをおとりにして、二人がお互いを殺しあうことを計画していたのである。

ダンツのもつ発信機により居場所を特定されたジェーンとジョンは、再び新手の暗殺チームに追われる。スーパーマーケットに逃げ込み、二人で暗殺チームと激しい銃撃戦を展開した。気が付くと、暗殺チームは全滅し、二人は生き残った。

カウンセラーは前の週はどう過ごしたのか聞く。「正直言うと、先週は妻を殺してやろうと思ったんですよ」「お互いにね・・・・あ、家を新しくするんですよ」と明るく笑いながら語るジョンとジェーン。「お二人とも気が付いておられると思いますが、二人の関係は・・・」と話し始めたカウンセラーを遮って、「セックスのことを聞いてもらえませんか」と頼むジョン。「それでは・・・」「10点」

キャスト[編集]

ジョン・スミス:ブラッド・ピット
表向きはスミス設計事務所の経営者。裏の顔は動物的なカンの鋭さで修羅場をくぐってきた一匹狼の殺し屋。
ジェーン・スミス:アンジェリーナ・ジョリー
表向きはコンピュータ・サーバの管理者。裏の顔は女だけの暗殺チームのリーダー。計画的にものごとを進めるタイプ。
エディ:ヴィンス・ヴォーン
ジョンの親友で同業。正体がバレて家にいられなくなったジョンをかくまい、ジェーンを殺すように諭す。いまでも、母親と同居している。
ウェクスラー博士:ウィリアム・フィクナー
結婚カウンセラー。スミス夫妻のカウンセリングを行う。声だけの出演。
ベンジャミン・ダンズ(通称タンク):アダム・ブロディ
組織での最初の大きな仕事が、ジョンとジェーンの標的になることだった。
ジャスミン:ケリー・ワシントン
ジェーンの同僚で親友。同じく正体がバレて家にいられなくなったジェーンをかくまう。
マーティン・コールマン:クリス・ワイツ
スミス家の隣人。のちに、スミス夫婦にミニバンを盗まれる。
グウェン:ミシェル・モナハン
ジョンの仕事仲間。ジョンが拾ってきた、焼け焦げたジェーンのラップトップの解析を頼まれる。
アトランタにいることになっているジョンの依頼主:アンジェラ・バセット
ジョンを雇っている暗殺組織のコンタクトパーソン。声だけの出演。
ファーザー:キース・デヴィッド
ジェーンを雇っている組織のボス。ほとんど声だけの出演。

日本語吹き替え[編集]

DVD 日本テレビ版 テレビ朝日版
ジョン・スミス 山寺宏一 堀内賢雄 山寺宏一
ジェーン・スミス 湯屋敦子 山田美穂 深見梨加
エディ 小山力也 内田直哉 江原正士
ベンジャミン・ダンズ 浪川大輔 岡野浩介 藤田圭宣
ジャスミン 魏涼子 佐古真弓 小林さやか
ウェクスラー 金尾哲夫 森田順平
アトランタ 渡辺美佐 来宮良子
マーティン 檀臣幸 村治学
スージー 雨蘭咲木子
ファーザー 柴田秀勝
演出 市来満 向山宏志 鍛治谷功
翻訳 松崎広幸 原口真由美
調整 金谷和美 金谷和美
兼子芳博
制作 ニュージャパンフィルム

備考[編集]

  • ジョン・スミスは英語圏に非常に多い男性名で、偽名の代名詞でもある。本作の劇中でも、「ジョン・スミス」に関する検索を命じられた部下が戸惑うシーンがある。また、ジェーンも、ありふれた女性名である。
  • 2007年マーティン・ヘンダーソンジョーダナ・ブリュースター主演でテレビシリーズ化が企画され、パイロット版が製作されたが、結局、放送されなかった。
  • ジェーン役には当初、ニコール・キッドマンがキャスティングされていたが、彼女の主演映画『ステップフォード・ワイフ』の撮影が延びたため、降板となった。
  • ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、本作での共演がきっかけで親しくなった。ピットは当時、ジェニファー・アニストンと結婚していたが、やがて破局となり、アンジェリーナ・ジョリーと公に交際するようになった。
  • ブラッド・ピットは当初契約を渋っていたが、アンジェリーナ・ジョリーがサインするとすぐに契約したという逸話がある[要出典]
  • 最後に2人が追い込まれる建物は、会員制倉庫型卸売店「Costco」である。
  • 自宅での銃撃戦シーンにおいて、ジョンが落としそうになるティーポットがさかさまになっている。
  • BD・DVDでは自宅での戦闘シーンでジョンがジェーンの上になって首を締める短いシーンがなぜかカットされている。

出典[編集]

  1. ^ a b c Mr. & Mrs. Smith (2005)”. Box Office Mojo. 2010年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]