サイモン・キンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイモン・キンバーグ
Simon Kinberg
Simon Kinberg
2008年
生年月日 1973年8月2日(40歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
職業 脚本家映画プロデューサー

サイモン・キンバーグSimon Kinberg, 1973年8月2日 - )は、イングランド出身でアメリカ合衆国で活動する脚本家映画プロデューサーである。

生い立ち[編集]

イングランドロンドンで生まれる。ユダヤ系である[1]。後にアメリカ合衆国へと渡り、1991年にロサンゼルスブレントウッド・スクールを卒業した。その後、ブラウン大学を卒業し、さらにはコロンビア大学映画学部からMFAを授与された。

キャリア[編集]

2005年5月、初めて脚本クレジットされた『トリプルX ネクスト・レベル』が公開されるが、興行収入はその前作『トリプルX』を下回る結果となった。

同年6月、ダグ・リーマン監督、ブラット・ピットアンジェリーナ・ジョリー主演の『Mr.&Mrs. スミス』が公開され、全世界で4億ドル以上の興行収入となる成功を収めた。同映画は後にテレビシリーズ化が企画され、キンバーグもパイロット版の脚本を手掛けたのだが、ABCは放送を取りやめた[2][3]

2006年、ザック・ペンと共同で脚本を書いた『X-メン』シリーズ第3作『X-MEN: ファイナル ディシジョン』が公開された。

2008年、ダグ・リーマン監督と再び組み、同名の小説を脚色した『ジャンパー』が公開された。この映画ではプロデューサーも兼任している。

2009年公開のガイ・リッチー監督による『シャーロック・ホームズ』では脚本家のひとりとしてクレジットされ、興行収入は全世界で5億ドルを超えた。

2011年公開の『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』では、2度目となる『X-メン』シリーズ参加となり、プロデューサーのひとりを務めた。

2012年には、製作、原案、脚本を務めたマックG監督の『Black & White/ブラック & ホワイト』、製作総指揮を務めたティムール・ベクマンベトフ監督の『リンカーン/秘密の書』が公開された。2013年には製作を務めたニール・ブロムカンプ監督の『エリジウム』の公開された。

フィルモグラフィ[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]