レベッカ・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レベッカ・ミラー
Rebecca Miller
レベッカ・ミラーRebecca Miller
レベッカ・ミラー
生年月日 1962年9月15日(52歳)
出生地 コネチカット州
ロックスベリー
職業 映画監督
脚本家
女優
配偶者 ダニエル・デイ=ルイス
著名な家族 ロナン(長男、1998年 - )
カシュエル(次男、2002年 - )

レベッカ・ミラーRebecca Miller1962年9月15日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家女優

彼女の監督映画としては、『パーソナル・ヴェロシティ』(Personal Velocity: Three Portraitsインデペンデント映画賞受賞)、『ザ・バラッド・オブ・ジャック・アンド・ローズ』(The Ballad of Jack and Rose)、『アンジェラ』(Angela)で最も良く知られて、以上の作品は全て自身が脚本も書いている。

人生・経歴[編集]

レベッカ・ミラーは、コネチカット州のロックスベリーに生まれた。父は劇作家のアーサー・ミラー、母はオーストリアの写真家インゲ・モラス。 彼女にはダニエル(1966年生まれ)というダウン症の弟がいたが、生まれてすぐ施設に入院した。彼女は、イェール大学で勉強し、最初に俳優の仕事を求めて、テレビ映画『The Murder of Mary Phagan』や 劇場映画『心の旅』(1991年) 、『隣人』(1992年)の配役を得た。

1995年に、彼女はカメラの後ろに立って、最初の脚本兼監督作品『アンジェラ』を製作した。映画の評判は大変良いものとなったが、あまり観客の関心を集めることができなかった。 しかし彼女はその後、2002年の『パーソナル・ヴェロシティ』で、 明らかにそれまでよりも成功することができた。この作品は、前年に彼女が出版したショートストーリーの作品集を映画化したもので、 サンダンス映画祭のグランド・ジュリー受賞を含むインデペンデント映画のいくつかの賞を受賞し、映画監督として成功した。彼女は、『2003 book Woman Who・・・』で作家に登録され、2005年の映画 『ザ・バラッド・オブ・ジャック・アンド・ローズ』では、監督として登録されるようになった。

夫は俳優のダニエル・デイ=ルイスである。レベッカが彼に最初に会ったのは、父アーサー・ミラーの戯曲『るつぼ』の映画化の準備の時であった。レベッカとデイ=ルイスは1996年11月13日に結婚し、ロナン(1998年 - )とカシュエル(2002年 - )の2人の息子が生まれている。

彼女の最近の映画は2009年に製作された『50歳の恋愛白書』で、題名は彼女の小説から採っている。

外部リンク[編集]