狂った血の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
狂った血の女
Sanguepazzo
監督 マルコ・トゥリオ・ジョルダーナイタリア語版
脚本 レオーネ・コロンナイタリア語版
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
エンツォ・ウンガリイタリア語版
製作 エリック・ウーマンフランス語版
アンジェロ・バルバガッロイタリア語版
ファブリツィオ・ザッピ
出演者 モニカ・ベルッチ
ルカ・ジンガレッティ
音楽 フランコ・ピエルサンティイタリア語版
撮影 ロベルト・フォルツァイタリア語版
編集 ロベルト・マッシローリイタリア語版
製作会社 BiBi Film
Paradis Films
Orly Films
Rai Fiction
Rai Cinema
Canal+
配給 イタリアの旗 01 Distribuzione
公開 イタリアの旗 2008年5月23日
フランスの旗 2008年7月9日
上映時間 154分[1]
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
フランス語(一部)
テンプレートを表示

狂った血の女』(くるったちのおんな、イタリア語: Sanguepazzo英語: Wild Blood)は2008年イタリアフランス合作映画。ムッソリーニ政権下のイタリアを舞台に、実在の女優ルイザ・フェリーダイタリア語版と俳優オズワルド・ヴァレンティイタリア語版の自堕落な関係とその末路を映画化した作品である。

日本では劇場未公開だが、DVD2011年10月14日に発売された他、WOWOWでは2012年2月10日に『女優ルイザ 快楽の女』の邦題で放送された[1][2]

ストーリー[編集]

1936年夏、ファシスト党による一党独裁政権下にあったイタリアで、人気俳優だがセックスとコカインに溺れた自堕落な生活を送っているオズワルド・ヴァレンティは新人女優ルイザと出会い、2人は深い仲となる。一方、ルイザは上流階級出身で紳士的な新進監督ゴルフィエロ・ゴフレディに見出され、ルイザ・フェリーダとして人気女優となる。ルイザはゴルフィエロに惹かれつつも、オズワルドとの関係を続け、事実上の妻となる。

第二次世界大戦が始まり、ローマでの映画製作が難しくなる中、オズワルドは誘われるままに精鋭部隊デチマ・マスイタリア語版師団の中尉となる。しかし、戦争で劣勢となり、ファシストらの降伏が時間の問題となると、1945年4月20日(イタリア解放の5日前)、ミラノでオズワルドはルイザと共にパルチザンイタリア語版投降する。ファシスト党の広告塔となり、殺人や拷問に加担した疑いのあるオズワルドとルイザに対し、パルチザンは処刑を命じるが、パルチザンに加わっていたゴルフィエロはルイザを救うために2人に裁判を受けさせようと、命令に背いて2人を連行する。

ところが結局、2人はろくな裁判を受けられないまま、4月30日未明、逃がしてやるとの部隊長ベロの言葉に従って街中に出たところをベロの命令により射殺され、遺体は路上に放置される。遺体の脇には看板が立てられ、そこには2人が処刑されたことが記されていた。

キャスト[編集]

トリビア[編集]

映画監督ゴルフィエロ・ゴフレディはルキノ・ヴィスコンティをモチーフにした架空の人物である[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 映画 狂った血の女”. allcinema. 2012年1月23日閲覧。
  2. ^ 女優ルイザ 快楽の女”. WOWOWオンライン. 2012年1月23日閲覧。
  3. ^ Sanguepazzo (2008) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年5月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]