エド・ベグリー・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・ベグリー・ジュニア
Ed Begley Jr.
Ed Begley Jr.
第81回アカデミー賞授賞式にて
本名 Edward James Begley Jr.
別名 エド・ベグリー
生年月日 1949年9月16日(64歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
身長 192 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 映画ドラマ
活動期間 1967年 -
配偶者 イングリッド・テイラー(1976年 - 1989年)
レイチェル・カーソン(2000年 - )
家族 エド・ベグリー(俳優)
長女 アマンダ・ベグリー
長男 ニコラス・テイラー・ベグリー

エド・ベグリー・ジュニアEd Begley Jr., 1949年9月16日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの俳優声優である。

来歴[編集]

1949年カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。父はアカデミー助演男優賞を受賞した俳優のエド・ベグリーニューヨーク州ロングアイランドへ移住。しばらくして一家は再びロサンゼルスへ戻って来て、地元の高校、大学を卒業する。その後、少しずつテレビ・映画に顔を出し始め、徐々にキャリアを築いていく。これまでその演技を評価されてエミー賞には6回、ゴールデン・グローブ賞には1回ノミネートされているが、いずれも受賞には至っていない。主な作品にはロザンヌ・バーメリル・ストリープ共演のブラック・コメディ『シー・デビル』での女泣かせな亭主役やガス・ヴァン・サント監督の『カウガール・ブルース』、人気シリーズの続編『バットマン フォーエヴァー』などの出演で知られる。また近年では、人気テレビドラマシリーズへゲスト出演したり、『ザ・シンプソンズ』や『キング・オブ・ザ・ヒル』などのアニメ作品への声のゲスト出演もした。

1976年にイングリッド・テイラーと結婚。二児を儲けるが、1989年に離婚。その後2000年にレイチェル・カーソンと再婚し、1人の子どもを儲けている。

ベジタリアン環境保護主義の活動家としても知られる。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 『テニス靴をはいたコンピューター』 The Computer Wore Tennis Shoes (1969年)
  • 『対決』 Showdown (1972年)
  • 『そら見えたぞ、見えないぞ!』 Now You See Him, Now You Don't (1972年)
  • 『コックファイター』 Cockfighter (1974年)
  • 『ステイ・ハングリー』 Stay Hungry (1976年)
  • 『ゴーイング・サウス』 Going Sounth (1978年)
  • 『ザ・シンガー』 Elvis (1979年)
  • エアポート'80The Concorde ... Airport '79 (1979年)
  • あきれたあきれた大作戦The In-Laws (1979年)
  • 『フライパン殺人』 Eating Raoul (1982年)
  • キャット・ピープルCat People (1982年)
  • 病院狂時代Young Doctors in Love (1982年)
  • 『ゲット・クレイジー』 Get Crazy (1983年)
  • スパイナル・タップThis Is Spinal Tap (1984年)
  • 『アメリカ万才』 Protcol (1984年)
  • ストリート・オブ・ファイヤーStreets of Fire (1984年) - ※キネマ旬報ベスト・テン第7位
  • 『突撃バンパイア・レポーター/トランシルバニア6-5000』 Transylvania 6-5000 (1985年)
  • 『アメリカン・パロディ・シアター』 Amazon Women on the Moon (1987年)
  • 『偶然の旅行者』 The Accidental Tourist (1988年)
  • シー・デビルShe-Devil (1989年)
  • Scenes from the Class Struggle in Beverly Hills (1989年)
  • 『ロサンゼルス大地震』 The Big One: The Great Los Angeles Earthquake (1990)
  • アップルゲイツMeet the Applegates (1991年)
  • 『ダークホース』 Dark Horse (1992年)
  • カウガール・ブルースEven Cowgirls Get the Blues (1993年)
  • 『遺産相続は命がけ?!』 Greedy (1994年)
  • 勇気あるものRenaissance Man (1994年)
  • バットマン フォーエヴァーBatman Forever (1995年)
  • 『ジョーイ』 Joey (1997年)
  • 『ドッグ・ショウ』 Best in Show (2000年)
  • 『恋人にしてはいけない男の愛し方』 Get Over It (2001年)
  • ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスターAuto Focus (2002年)
  • みんなのうたA Mighty Wind (2003年)
  • Next of Kin (2008年)
  • スモーキング・ハイPineapple Express (2008年)
  • 人生万歳!Whatever Works (2009年)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Ed Begley Jr. - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]