グラント・マキューン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラント・マキューン
Grant McCune
生年月日 1943年3月27日
没年月日 2010年12月27日(満67歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ヒドゥンヒルズ
職業 視覚効果デザイナー

グラント・マキューンGrant McCune, 1943年3月27日 - 2010年12月27日)は、アメリカ合衆国の視覚効果デザイナーである。『スター・ウォーズ』でアカデミー視覚効果賞を受賞した。

生涯[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校に通って生物学の学士号を取得し、また後に妻となる女性とも出会う[1][2]。1975年に映画『ジョーズ』のサメを作成するために雇われ、クレジットはされなかったが、これがハリウッドでのキャリアの始まりとなった[1]。『スター・ウォーズ』ではチーフ・モデル・メーカーとなり、ロボット(R2-D2など[3])やエイリアンのデザインを務めた。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』では第50回アカデミー賞視覚効果賞を受賞した[1]。1979年の『スタートレック』で2度目のアカデミー賞ノミネートを果たした。その後はアポジー・プロダクションのパートナーとして『ボールズ・ボールズ』、『ダイ・ハード』、さらにその次には自身の会社を立ち上げて『スピード』や『スパイダーマン』に参加した[3]

私生活では、息子と娘を1人ずつもうけている。2010年12月27日、カリフォルニア州ヒドゥンヒルズの自宅で膵癌のために67歳で亡くなった[3][1][4]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]