守備機会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

守備機会(しゅびきかい)は、野球における守備記録の一つ。選手が守備に関わった回数をあらわす。ゴロの打球の処理、飛球の捕球、塁または走者への触球、送球の中継、ランダウンプレイ(挟殺プレイ)など、アウトに関わったプレイのうち、投球を除く全てのものに記録される。

次式で求める。

守備機会刺殺補殺失策

また、刺殺数と補殺数との和を守備機会数で除することにより、守備率が求まる。

関連項目[編集]