ラファエル・ソリアーノ (投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエル・ソリアーノ
Rafael Soriano
フリーエージェント(FA)
Rafael Soriano on May 18, 2014.jpg
ナショナルズ時代(2014年5月18日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・ホセ・デ・オコア州サン・ホセ・デ・オコア
生年月日 1979年12月19日(34歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 アマチュア・フリーエージェントとしてシアトル・マリナーズと契約
初出場 2002年5月10日 ボストン・レッドソックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ラファエル・ソリアーノRafael Soriano, 1979年12月19日 - )は、ドミニカ共和国サン・ホセ・デ・オコア州サン・ホセ・デ・オコア出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

マリナーズ時代[編集]

1996年8月30日にシアトル・マリナーズと契約金5,000ドルで外野手として契約した。この時、マリナーズのスカウトをしていたラモン・デロスサントスはソリアーノのプレイを20分見ただけで獲得を決めた。

1997年はルーキー級アリゾナリーグ・マリナーズで38試合に出場し、12打点7盗塁、打率.269だった。

1998年はルーキー級アリゾナリーグで32試合に出場し、6打点5盗塁、打率.167だった。

1999年から投手へ転向。A-級エバレット・アクアソックスで14試合に登板し、5勝4敗、防御率3.11だった。

2000年はA級ウィスコンシン・ティンバーラッターズで21試合に登板し、8勝4敗、防御率2.87だった。

2001年はA+級サンバーナディーノ・スタンピードとAA級サンアントニオ・ミッションズでプレー。AA級では8試合に登板し、2勝2敗、防御率3.35だった。

2002年のシーズン前にベースボール・アメリカが選ぶ注目の若手30人に選ばれたが[1]、ビザが下りず3か月入国できなかった[2]。AA級サンアントニオで開幕を迎え、5月8日にメジャーへ昇格。5月10日のボストン・レッドソックス戦でメジャーデビューを果たし、同試合で初セーブを記録する。その後は先発ローテーション入りするも、勝利を挙げることなかった。この年は10試合に登板し、0勝3敗1セーブ、防御率4.56だった。

2003年は中継ぎとして40試合に登板。3勝0敗、防御率1.53だった。

2004年5月11日に右肘の故障で15日間の故障者リスト入りし[3]、8月17日にトミー・ジョン手術を行った。この年は故障で6試合の登板にとどまり、0勝3敗、防御率13.50だった。オフの10月4日に故障者リストから外れた。

2005年4月1日に前年の手術の影響で60日間の故障者リスト入りした[4]。9月5日に故障者リストから外れた[5]。復帰後は7試合に登板し、0勝0敗、防御率2.45だった。

2006年は開幕ロースター入りしたが、7月29日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[6]。8月4日に復帰した[7]8月29日ロサンゼルス・エンゼルス戦でブラディミール・ゲレーロの打球が頭部に直撃し入院、翌日の午後には退院した[8]。しかし脳震盪と診断され、残りの30試合を欠場した。この年は53試合に登板し、1勝2敗2セーブ、防御率2.255だった。

ブレーブス時代[編集]

2006年12月7日にホラシオ・ラミレスとの交換トレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍した[9]

2007年ボブ・ウィックマンにつなぐセットアッパーとして、8月にウィックマンがDFAとなった後はクローザーを務めた。9月20日にはダン・アグラに報復死球を当てたとして4試合の出場停止処分を受けたが[10]、異議申し立ての結果2試合に軽減された[11]。この年は71試合に登板し、3勝3敗9セーブ、防御率3.00だった。

2008年1月24日にブレーブスと総額900万ドルの2年契約に合意[12]。しかし2008年シーズンは右肘痛の為に3度故障者リストに入り、8月28日に右肘の手術を受けてこの年はわずか14試合の登板に終わった[13]

2009年マイク・ゴンザレスとの左右のWストッパーを務め、自己最多の77試合に登板。1勝6敗27セーブ、防御率2.97だった。オフの11月6日にFAとなったが、12月7日にブレーブスと再契約した。

レイズ時代[編集]

2009年12月11日にジェシー・チャベスとのトレードで、タンパベイ・レイズへ移籍した[14]

2010年5月21日にはDHL デリバリー・マン・オブ・ザ・マンスを受賞し[15]、7月にも受賞した。1シーズンに2度受賞したことは史上初だった[16]。7月には、マリアノ・リベラの代役としてオールスターに初選出された[17]。8月にDHL デリバリー・マン・オブ・ザ・マンスを再び連続受賞し、トレバー・ホフマンジョー・ネイサンに次いで史上3人目となる3度目の受賞となった[18]。8月23日のロサンゼルス・エンゼルス戦では、対戦した3人の打者を三球三振で抑える「イマキュレイト・イニング」を達成した。これは1990年以降でアメリカンリーグの投手として15人目、イマキュレイト・イニングでセーブを挙げたのは史上6人目の記録となった。オフのサイヤング賞の投票では8位に入った。この年は64試合に登板し、3勝2敗、リーグトップとなる45セーブ、防御率1.73だった。オフの11月1日にFAとなった。

ヤンキース時代[編集]

ヤンキース時代(2011年9月8日)

2011年1月18日にニューヨーク・ヤンキースと総額3,500万ドルの3年契約を結んだ[19]。ヤンキースにはマリアノ・リベラという不動のクローザーがおり、基本的にはセットアッパーとしての獲得とされた。しかし中継ぎとしては破格の巨額契約であり、オーナーのハル・スタインブレナーの独断で決定されたもので、代理人のスコット・ボラスの手腕の賜物とも言われたが、GMのブライアン・キャッシュマンがメディアに不満を滲ませるほどだった[20]

開幕ロースター入りしたが、5月17日に右肘の故障で15日間の故障者リスト入りし[21]、6月15日に60日間の故障者リストへ異動した[22]。7月29日に復帰[23]。この年は42試合に登板し、2勝3敗、防御率4.12だった。

2012年はシーズン早々に負傷した守護神マリアノ・リベラに代わるクローザーとして69試合に登板し、2勝1敗、42セーブ、防御率2.26だった。オフの10月31日に翌年分の契約を破棄(Opt-out)した上でFAとなり[24]、11月2日にはヤンキースがクオリファイング・オファー(単年1,330万ドル)を提示した[25]が、11月9日に拒否した[26]

ナショナルズ時代[編集]

2013年1月17日にワシントン・ナショナルズと総額2800万ドルの2年契約(2015年・1400万ドルの球団オプション付き)に合意した[27][28]。この年は、チームのクローザーとして、68試合に登板し、3勝3敗43セーブ、防御率3.11だった。

2014年オフに、FAとなった。

選手としての特徴[編集]

91-94mphの4シームを軸に、スライダーを織り交ぜ、シンカーも投げる。クローザーとして試合を締めると、十字を切った後、ユニフォームのシャツをたくし上げる(untucked)妙な癖がある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 SEA 10 8 0 0 0 0 3 1 0 .000 202 47.1 45 8 16 1 0 32 2 0 25 24 4.56 1.29
2003 40 0 0 0 0 3 0 1 5 1.000 201 53.0 30 2 12 1 3 68 0 0 9 9 1.53 0.79
2004 6 0 0 0 0 0 3 0 0 .000 23 3.1 9 0 3 0 0 3 0 0 6 5 13.50 3.60
2005 7 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 30 7.1 6 0 1 0 1 9 0 0 2 2 2.45 0.96
2006 53 0 0 0 0 1 2 2 18 .333 241 60.0 44 6 21 0 2 65 2 0 15 15 2.25 1.08
2007 ATL 71 0 0 0 0 3 3 9 19 .500 276 72.0 47 12 15 2 2 70 0 0 26 24 3.00 0.86
2008 14 0 0 0 0 0 1 3 0 .000 57 14.0 7 1 9 2 1 16 1 0 5 4 2.57 1.14
2009 77 0 0 0 0 1 6 27 6 .143 307 75.2 53 6 27 4 1 102 0 0 25 25 2.97 1.06
2010 TB 64 0 0 0 0 3 2 45 0 .600 237 62.1 36 4 14 2 1 57 0 0 14 12 1.73 0.80
2011 NYY 42 0 0 0 0 2 3 2 23 .400 164 39.1 33 4 18 2 1 36 0 0 18 18 4.12 1.30
2012 69 0 0 0 0 2 1 42 4 .667 279 67.2 55 6 24 4 1 69 3 0 17 17 2.26 1.17
2013 WAS 68 0 0 0 0 3 3 43 0 .500 277 66.2 65 7 17 2 0 51 3 0 24 23 3.11 1.23
通算:12年 521 8 0 0 0 18 27 175 76 .400 2294 568.2 430 56 177 20 13 578 11 0 186 178 2.82 1.07
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 39 (2002年 - 2009年)
  • 29 (2010年 - )

脚注[編集]

  1. ^ All-Time Top 100 Prospects”. Baseball America. 2012年4月23日閲覧。
  2. ^ David Andriese (2002年5月24日). “Change of plans lands Soriano in the Show”. seattlepi.com. 2012年9月26日閲覧。
  3. ^ Mariners place RHP Rafael Soriano on 15-day disable list; recall INF Ramon Santiago”. MLB.com Mariners Press Release (2004年5月11日). 2014年7月23日閲覧。
  4. ^ Mariners claim infielder Wilson Valdez from NY Mets”. MLB.com Mariners Press Release (2005年4月1日). July 23,2014閲覧。
  5. ^ Jim Street (2005年9月5日). “Notes: Ibanez all about consistency”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。
  6. ^ Mariners place pitcher Rafael Soriano on disabled list”. MLB.com Mariners Press Release (2006年7月29日). 2014年7月23日閲覧。
  7. ^ Mariners activate pitcher Rafael Soriano”. MLB.com Mariners Press Release (2006年8月4日). 2014年7月23日閲覧。
  8. ^ Soriano released from hospital Mariners relieved to hear full recovery expected”. Mariners.com. 2009年2月23日閲覧。
  9. ^ Braves acquire right-handed pitcher Rafael Soriano from Mariners”. MLB.com Braves Press Release (2006年12月7日). 2014年7月23日閲覧。
  10. ^ Notes: Soriano suspended four games Reliever disciplined for actions during Monday's contest”. braves.com. 2009年2月23日閲覧。
  11. ^ Notes: Soriano's suspension reduced Braves closer's penalty cut to two games, fine to $1,000”. braves.com. 2009年2月23日閲覧。
  12. ^ Braves reach agreement with Soriano Last of team's arbitration-eligible players gets two-year deal”. braves.com. 2009年2月23日閲覧。
  13. ^ Soriano has season-ending surgery Reliever should return in '09 after procedure on right elbow”. braves.com. 2009年2月23日閲覧。
  14. ^ Rays acquire Rafael Soriano from Braves”. MLB.com Rays Press Release (2009年12月11日). 2014年7月23日閲覧。
  15. ^ Chastain, Bill (2010年6月2日). “Soriano wins reliever award for May”. Mlb.com. http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20100602&content_id=10723002&notebook_id=10723596&vkey=notebook_tb&fext=.jsp&c_id=tb&partnerId=rss_tb&source=rss_teams_Tampa_Bay_Rays 2010年7月6日閲覧。 
  16. ^ “Rafael Soriano named winner of the Major League Baseball Delivery Man of the Month Award for July” (プレスリリース), MLB.com, (2010年8月4日), http://mlb.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100804&content_id=13026140&vkey=pr_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb 2010年8月10日閲覧。 
  17. ^ “Rafael Soriano to replace Mariano Rivera on A.L. All-Star Roster | MLB.com: Official Info”. Mlb.mlb.com. (2010年7月7日). http://mlb.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100707&content_id=12027744&vkey=pr_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb 2010年9月10日閲覧。 
  18. ^ “Tampa Bay's Rafael Soriano named winner of the Major League Baseball Delivery Man of the Month award for August” (プレスリリース), Mlb.com, (2010年9月2日), http://tampabay.rays.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100902&content_id=14215820&vkey=pr_tb&fext=.jsp&c_id=tb 2010年9月10日閲覧。 
  19. ^ Yankees sign RHP Rafael Soriano”. MLB.com Yankees Press Release (2011年1月18日). 2014年7月23日閲覧。
  20. ^ USA通信 (2011年1月17日). “ヤンキース GMの反対を押し切りボスの判断でソリアーノ獲得”. livedoor.com. 2014年7月23日閲覧。
  21. ^ Bryan Hoch (2011年5月17日). “Soriano placed on 15-day DL by Yankees”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。
  22. ^ Bryan Hoch, Matt Fortuna (2011年6月15日). “Soriano advised to rest before resuming rehab”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。
  23. ^ Matt Fortuna (2011年7月29日). “Soriano activated, will be eased back”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。
  24. ^ Bryan Hoch (2012年12月31日). “Soriano opts out of contract with Yankees”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。
  25. ^ Bryan Hoch (2012年11月3日). “Qualifying offers made to Soriano, Kuroda, Swisher”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。
  26. ^ Anthony DiComo (2012年11月9日). “Soriano rejects offer; Kuroda, Swisher follow”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。
  27. ^ Nationals Agree to Terms with Right-Handed Pitcher Rafael Soriano on Two-Year Contract”. MLB.com Nationals Press Release (2013年1月17日). 2014年7月23日閲覧。
  28. ^ Bill Ladson (2013年1月17日). “Deal official, Nationals introduce Soriano”. MLB.com. 2014年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]