ビリー・ワグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・ワグナー
Billy Wagner
Billy Wagner with Boston Red Sox in 2009.jpg
レッドソックス時代(2009年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ヴァージニア州タナーズヴィル
生年月日 1971年7月25日(43歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 MLBドラフト1巡目(全体12位)
初出場 1995年9月13日
最終出場 2010年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリアム・エドワード・ワグナーWilliam Edward Wagner, 1971年7月25日 - )は、MLBの元野球選手投手)。アメリカ合衆国ヴァージニア州タナーズヴィル出身。ニックネームは「Billy the Kid」。

メジャー屈指の抑え投手として活躍。メジャーリーガーとしては小柄だが、サイド気味のスリークォーターから繰り出す最速101mph(約163km/h)の速球とキレのあるスライダーが武器。

経歴[編集]

元々は右投げであったが、5歳の頃にアメリカンフットボールで右腕を2回骨折した。本人は当時について「フットボールができないとイライラして、帽子を無茶苦茶にしていたね」と語っている[1]。そのため、回復を待ちきれなかったワグナーは、利き腕ではなく全く痛めていなかった左腕で投げるようになった。こうして、現在の左腕での投球がなされるようになったのである。1993年のMLBドラフトヒューストン・アストロズから1巡目(全体12位)に指名を受け入団。

アストロズ時代[編集]

1995年9月13日にメジャーデビューを果たし、この1試合でシーズンを終えた。翌1996年開幕当初は3Aラウンドロック・エクスプレスだったが、先発投手として12試合に登板して6勝2敗、防御率3.28を記録した。6月6日からはメジャーで登板し、リリーフとして37試合に登板し、防御率2.44、奪三振率11.67を記録した。

メジャー定着1年目となった1997年は29回のセーブ機会で23セーブで成功し、66.1回を投げ106三振。シーズン奪三振率14.4はシーズン50回以上投げた投手の大リーグ記録となった[2]1998年は7月16日から15日間の故障者リスト入りとなったが[3]、58試合に登板して球団史上3位となる30セーブを記録した[3]

1999年、球団新記録となる39セーブを記録[4]。ナ・リーグローレイズ・リリーフマン賞を受賞し[4]サイ・ヤング賞の投票ではランディ・ジョンソンマイク・ハンプトンケビン・ミルウッドに次ぐリリーフ投手として最高の4位に入った[5]

2000年は故障のため28試合の登板に留まり、防御率6.18、6セーブに終わった。翌2001年復活を果たし、64試合に登板して防御率2.73、39セーブを記録した。2002年1月には2002年から3年2,700万ドル、4年目は球団オプションで契約延長[6]

2003年6月8日のデビルレイズ戦で通算200セーブを達成し、デーブ・スミスの持つの球団記録の199セーブを更新した。6月11日には、ロイ・オズワルトらとともに、継投によるノーヒットノーランを達成。結局この年は、リーグ3位、球団新記録となる44セーブを記録した[7]。またこの年はメジャー全試合で100mph(約161km/h)が199回記録されたが、そのうち159回がワグナーの記録したものだった[8]

フィリーズ時代[編集]

アストロズは年俸総額抑制のため主力選手の放出をしなければならなくなり、オクタビオ・ドーテルブラッド・リッジの成長もあり、ワグナーはトレード要員の有力候補となった[9]。そして2003年11月3日にブランドン・ダックワーステイラー・バックホルツエゼキエル・アスタシオとの1対3のトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍[6]。移籍1年目の2004年、5月14日からと7月30日からの2回故障者リスト入りで[10]45試合の登板に留まったが、防御率1.69・25セーブを記録。球団は2005年の900万ドルのオプションを行使。2005年は1年を通して活躍し、38セーブを記録した。一方、チームは2ゲーム差で地区2位に終わった。

メッツ時代[編集]

メッツ時代

クローザーを必要としていたメッツはFA市場でワグナーが1番と判断し、2005年11月29日に4年4,300万ドル(5年目は球団オプション)の長期契約を結んだ[11]。前半にはセーブ失敗が目立っていたが、7月4日には通算300セーブを達成。8月以降には1つも失敗することなく18連続セーブを記録し、トレバー・ホフマンの46セーブに次ぐリーグ2位の40セーブを記録した。チームは地区優勝でポストシーズン進出を果たしたが、アストロズ時代のポストシーズン通算防御率9.66のワグナーをニューヨークのメディアはポストシーズンの活躍を危惧した[12]。ワグナーは6試合に登板し3セーブを記録したが防御率9.53で、リーグチャンピオンシップシリーズ第2戦では田口壮にソロ本塁打を打たれるなどで3失点。負け投手となった[13]

2007年は序盤から安定した投球を続けていたものの、結局34セーブでシーズンを終えた。2008年も開幕からクローザーとして登板し続け、前年に続き2年連続でオールスターに選出された。8月2日の登板を最後に左ひじを痛め、故障者リスト入り。トミー・ジョン手術を受けることになり、2009年は絶望的となった[14]が、8月20日のアトランタ・ブレーブス戦で復帰した。

レッドソックス時代[編集]

2009年8月25日、2010年のチームオプションを行使しないことを条件にトレード拒否権を破棄し、後日発表選手2名との交換トレードでボストン・レッドソックスに移籍した[15]

ブレーブス時代[編集]

2009年12月2日、アトランタ・ブレーブスと1年700万ドル、2年目は650万ドルのオプションの契約に合意[16]2010年9月25日に、リリーバーでは歴代4位となる1184奪三振を記録。殿堂入りしたローリー・フィンガーズを抜いた。(この試合はボビー・コックスの、監督通算2500勝を記録した日でもあった)[17]

2011年2月12日、ワグナーは、引退の意向を示した。通算セーブ数は左腕では歴代2位(1位はジョン・フランコの424セーブ)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 HOU 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
1996 37 0 0 0 0 2 2 9 -- .500 212 51.2 28 6 30 2 3 67 1 0 16 14 2.44 1.12
1997 62 0 0 0 0 7 8 23 -- .467 277 66.1 49 5 30 1 3 106 3 0 23 21 2.85 1.19
1998 58 0 0 0 0 4 3 30 -- .571 247 60.0 46 6 25 1 0 97 2 0 19 18 2.70 1.18
1999 66 0 0 0 0 4 1 39 2 .800 286 74.2 35 5 23 1 1 124 2 0 14 13 1.57 0.78
2000 28 0 0 0 0 2 4 6 0 .333 129 27.2 28 6 18 0 1 28 7 0 19 19 6.18 1.66
2001 64 0 0 0 0 2 5 39 0 .286 251 62.2 44 5 20 0 5 79 3 0 19 19 2.73 1.02
2002 70 0 0 0 0 4 2 35 0 .667 289 75.0 51 7 22 5 2 88 6 0 21 21 2.52 0.97
2003 78 0 0 0 0 1 4 44 0 .200 335 86.0 52 8 23 5 3 105 4 0 18 17 1.78 0.87
2004 PHI 45 0 0 0 0 4 0 21 1 1.000 182 48.1 31 5 6 1 2 59 1 0 16 13 2.42 0.77
2005 75 0 0 0 0 4 3 38 0 .571 297 77.2 45 6 20 2 3 87 3 1 17 13 1.51 0.84
2006 NYM 70 0 0 0 0 3 2 40 0 .600 297 72.1 59 7 21 1 4 94 2 0 22 18 2.24 1.11
2007 66 0 0 0 0 2 2 34 0 .500 282 68.1 55 6 22 4 2 80 4 0 22 20 2.63 1.13
2008 45 0 0 0 0 0 1 27 0 .000 184 47.0 32 4 10 0 0 52 2 0 17 12 2.30 0.89
2009 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 2.0 0 0 1 0 0 4 0 0 0 0 0.00 0.50
BOS 15 0 0 0 0 1 1 0 6 .500 56 13.2 8 1 7 0 1 22 1 0 5 3 1.98 1.10
'09計 17 0 0 0 0 1 1 0 6 .500 63 15.2 8 1 8 0 1 26 1 0 5 3 1.72 1.02
2010 ATL 71 0 0 0 0 7 2 37 0 .778 268 69.1 38 5 22 3 3 104 2 0 14 11 1.43 0.87
通算:16年 853 0 0 0 0 47 40 422 9 .540 3600 903.0 601 82 300 26 33 1196 43 1 262 232 2.31 1.00
  • 2010年度シーズン終了時

獲得タイトル・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「早撃ちガンマン"ビリー・ザ・キッド" Billy Wogner」月刊『スラッガー』2004年6月号 日本スポーツ企画出版社 14~17頁
  2. ^ 1997 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  3. ^ a b 1998 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  4. ^ a b 1999 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  5. ^ Baseball Awards Voting for 1999 - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  6. ^ a b Associated Press (2003年11月15日). “ESPN - Fireballer traded for Duckworth, two others - MLB” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  7. ^ 2003 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  8. ^ 早撃ちガンマン“ビリー・ザ・キッド”『月刊スラッガー』2004年6月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-6、14-17頁。
  9. ^ 石山修二 「2003チーム・レポート Vol.8 ヒューストン・アストロズ "ビリー・ザ・キット”がアストロズを去る!!」『月刊スラッガー』2003年12月号、日本スポーツ企画出版社、2003年、雑誌15509-12、77項
  10. ^ 2004 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  11. ^ Noble, Marty (2005年11月29日). “Wagner introduced at Shea” (英語). The Official Site of The New York Mets. 2009年3月12日閲覧。
  12. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』 廣済堂出版、2006年、274項。ISBN 978-4-331-51146-6
  13. ^ October 13, 2006 National League Championship Series (NLCS) Game 2 at Shea Stadium Play by Play and Box Score - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  14. ^ Noble, Marty (2008年9月8日). “Wagner vows to pitch again in Majors” (英語). The Official Site of The New York Mets. 2009年3月12日閲覧。
  15. ^ Red Sox bolster 'pen with Wagner Left-hander waives no-trade clause in search of ring”. redsox.com (2009年8月25日). 2009年8月30日閲覧。
  16. ^ Bowman, Mark (2009年12月2日). “Braves get a new closer in Wagner” (英語). MLB.com. 2009年12月3日閲覧。
  17. ^ 「守護神 有力クローザー20人の2010年」『月刊スラッガー』2010年12月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、雑誌15509-12、39項

外部リンク[編集]