高橋ユニオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高橋ユニオンズ
創設年度 1954年(一軍)、不明(二軍)
解散年度 1956年
所属リーグ
パシフィック・リーグ(一軍)、イースタン・リーグ(二軍)
歴代チーム名
一軍
  • 高橋ユニオンズ(1954年)
  • トンボユニオンズ(1955年)
  • 高橋ユニオンズ(1956年)
二軍
  • トンボBユニオンズ(1954年 - 1956年)
    • (リーグ中断のため不明)
本拠地
収容人員 30,000人
フランチャイズの遍歴
永久欠番
なし
獲得タイトル
日本一(0回)
なし
リーグ優勝(0回)
なし
成績(タイトル以外)
球団組織
オーナー 高橋龍太郎
運営母体 高橋龍太郎(個人出資)(解散時)
監督 笠原和夫(解散時)

高橋ユニオンズ(たかはしユニオンズ、Takahashi Unions)は、1954年から1956年まで3年間活動した日本プロ野球球団。パシフィック・リーグに所属していた。

球団の歴史[編集]

チームのスポンサーは戦前のイーグルスのオーナーでもあった高橋龍太郎1953年当時、パ・リーグは7チームで構成されていたが、1チームの端数が生じるため全チームがそろって公式戦を開催できないでいた。そこで、勝率3割5分を切ったチームは強制的に解散という罰則を設けたものの、罰則適用チームはなかった。

そのため、1954年のシーズン開幕前に高橋をスポンサーに「株式会社高橋球団」を設立。急造だったためパ・リーグ各チームから若手を供出するよう申し合わせがされたが、実際に集められたのは、酒豪で扱いに手を焼く選手や、戦力外の選手が大半だった。こうして高橋ユニオンズは結成された。ちなみに愛称の「ユニオンズ」は「寄せ集め」という意味ではなく、高橋が戦前経営していた大日本麦酒の主力商品だった「ユニオンビール」からつけられたものである。

本拠地は神奈川県川崎市にある川崎球場。予算も選手も限られた寄せ集めとあってチームの士気は今ひとつ。成績も低迷し、悪いムードを払拭するべく1955年トンボ鉛筆と業務提携し「トンボユニオンズ」と改称するも改善の見込みなく、1年で提携は解消し1956年に再び「高橋ユニオンズ」に戻った。本来、野球に興味のなかったトンボはやる気はなかったが、1年だけ冠企業になってもらえるようパ・リーグが頼み込んだため、解消は事前に打ち合わせがあったという話もある。

その後、資金繰りが悪化したことや8チームでの試合編成が多すぎたことから1957年2月26日に大映スターズに吸収合併して「大映ユニオンズ」に、翌1958年3月10日に毎日オリオンズに吸収合併して「毎日大映オリオンズ(通称:大毎オリオンズ)」となった。

なお、大映ユニオンズと毎日大映オリオンズの後身にあたる千葉ロッテマリーンズのそれぞれの球団史では高橋ユニオンズは傍系扱いであり、結成年度やその他の記録は一切カウントされないことになっている。

高橋ユニオンズに在籍していた佐々木信也によると、観客が30人に満たない状況もあった模様。宇佐美徹也の著書『プロ野球記録大鑑』(講談社)に3年間の観客動員数の記載があり、1954年は140試合で21万2千人、1955年141試合16万3千人、1956年154試合13万6千人とある。なお、これは水増しも含めた数字と推測される。このため3年間の観客動員数は阪神タイガース読売ジャイアンツの9試合分ともいわれた。また、佐々木は高橋の大映への合併に関して「チームが大映ユニオンズ(高橋との合併球団)(15人)、東映フライヤーズ(6人)、近鉄パールス(4人)、解雇(7人)の4グループに引き裂かれた」という経緯上、(野球体育博物館の職員に対して)合併というよりは球団解散に表現を改めるべきだ」と唱えている。

1969年石川進が選手引退したのを最後に、高橋ユニオンズに在籍した経験のある現役のプロ野球選手はいない。

また、2004年11月に東北楽天ゴールデンイーグルスが参入するまでの50年間、日本プロ野球における新規参入はなかった。

チームの特徴[編集]

  • 1955年、同球団所属のヴィクトル・スタルヒン投手が日本球界初の300勝を達成。この年でスタルヒンは引退したため、スタルヒンの記録が報道されるときは所属球団欄に「トンボ」と表記されている。なお、スタルヒンは球団の契約選手第1号でもあった。また、1956年には後に『プロ野球ニュース』のキャスターとなる佐々木信也が入団。新人でありながら全試合(当時は154試合)全イニング出場、リーグ最多安打、ベストナイン受賞と活躍している。
  • 監督以下、選手も古手揃い、強面揃いで、打席に立つとキャッチャーに「おい若えの、イン(コース)の高めだ」などと凄み、その通りに投げさせるが空振りした。応援団も柄が悪く、試合中に球審の名を呼んで「おい、入院したいか」などとヤジるのはしょっちゅうだった。
  • 一方でチーム内の雰囲気は暖かく、サヨナラエラーを犯した佐々木を誰も責めず、抱えあげてベンチに連れて行った選手もいたという。佐々木は当時「ああ、なんていいチームなんだ」と思ったが、後年「そんな高橋だから弱かったんだろう」と振り返っている。佐々木は最後のキャンプで撮った写真を今も大事にしているという[1]
  • ドン・ブッサン外野手は打球に対して必ず一歩前進してからバックしていた。ある時、レフトへのゴロヒットをトンネルしてしまい、塀に向かって走ったが、塀に当たってはね返ってきたボールをまたトンネルし、ショートが拾うという珍プレーを演じた。
  • 高橋ユニオンズの最終ゲームは1956年10月8日浦和市営球場で行われた毎日オリオンズとのデーゲームである。2年連続で勝率が3割5分に達せず、解散の危機に瀕していた高橋を毎日ナインは気の毒に思い、先発の中川隆はど真ん中にボールを集めるも、高橋打線は打てず。四回から交代した植村義信はうまく点を与え4-1となった。しかしこれで安心したのか、9回に毎日が点を取ってしまい4-3と1点差となって、なお二死満塁。カウント2-3で押し出しで同点、あるいは一打出れば逆転サヨナラ負けという局面となった。「2年連続制裁金500万円納入か、または解散か?」と静寂する高橋ベンチと反対に、毎日ベンチは「フレー、フレー!」の大合唱。実はこれは「打て」の意味でなく、「振れ、振れ」という八百長紛いの意味である。伊藤四郎投手の運命の一球はストライクとなりゲームセット。この年の高橋の最終勝率は三割五分〇厘六毛五糸(0.35065)となり制裁金は免れた。しかし、この努力もむなしく翌年2月に大映スターズと合併し球団は消滅した[2]
  • ユニオンズの「解団式」は1957年2月、キャンプ地の岡山県野球場で行なわれた。フェンスには「高橋ユニオンズ解団」と書かれた横断幕が貼られ、チーム全員で記念撮影を行なった後に選手が一人ずつ他球団担当者の元へ呼ばれ、それが移籍先となった。多くの選手が移籍先が決まる中、呼ばれなかった15名はそのまま球界を去ることとなった[3]
  • ジャイアント馬場は高校2年の時、チームメイトの捕手からトンボユニオンズのテストを一緒に受けないかと誘われたことがあり、受けるかどうか迷っているうちに巨人から誘いが来て、のちに入団した。
  • オーナーの高橋龍太郎の運転手が、高橋が車の座席で一心にメモを取っているので何をしているのかと聞き、高橋は「いま佐々木(信也)君の打率を計算してるんだよ」と答えた。運転手からこの話を聞いた佐々木は心から感激し、これが本当のオーナーだと思ったという[4]

ユニフォームの変遷[編集]

トンボユニオンズ時代のヴィクトル・スタルヒン
  • 1954年 - 帽子のデザインは「T」と「U」を組み合わせ、胸文字はホーム用はゴシック体で「Unions」、ビジター用は「TAKAHASI」。
  • 1955年 - 「トンボユニオンズ」となったことで、左胸にトンボ鉛筆のマークを使用(マーク下に「UNIONS」)。ビジター用は胸全面に「Tombow」。

年度別チーム成績[編集]

年度 監督 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 打率 防御率 本塁打
1954年 浜崎真二 6 140 53 84 3 .387 37.0 .229 3.43 51
1955年 浜崎真二(9月19日まで)
笠原和夫9月24日から代行)
8 141 42 98 1 .300 57.0 .227 3.94 40
1956年 笠原和夫 8 154 52 98 4 .351(注) 45.5 .214 3.26 50
  • 注 引分は0.5勝0.5敗で計算

歴代本拠地[編集]

  • 1954-56 川崎球場 - 高橋ユニオンズが参入した翌年の1955年に大洋ホエールズ大阪球場から移転する形で川崎球場を本拠地としたため、同年から2年間は大洋ホエールズとユニオンズの2球団が川崎球場を本拠地としていた。

脚注[編集]

  1. ^ 「きらめきのルーキー 」、ベースボール・マガジン社
  2. ^ 「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史II、文藝春秋、1988年8月
  3. ^ 2010年2月3日付東京中日スポーツ/中日スポーツ掲載「セブンデイズ」より
  4. ^ ベースボールマガジン』2004年秋季号「球団興亡史」

関連項目[編集]