倉敷市営球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
倉敷市営球場
Kurashiki Municipal Baseball Stadium
倉敷市営球場
施設データ
所在地 岡山県倉敷市四十瀬4(倉敷運動公園内)
開場 1949年
所有者 倉敷市
管理・運用者 倉敷市スポーツ振興事業団(指定管理者
グラウンド
内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
最大照度:投捕間1800Lx
     内 野1200Lx
     外 野 800Lx
      (照度可変)
使用チーム • 開催試合
JABA岡山大会
収容能力
10,550人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,954m²
両翼:93 m
中堅:121 m
フェンス 3.1m

倉敷市営球場(くらしきしえいきゅうじょう)は、岡山県倉敷市の倉敷運動公園内にある野球場

概要[編集]

1949年開場。施設は倉敷市が所有し、倉敷市スポーツ振興事業団が指定管理者として運営管理を行っている。高校野球社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われている他、かつてはプロ野球公式戦も開催されたことがある。

開場当時は収容人数:15,000、グラウンドは中堅:114m、両翼91mなど中国地方最大級の球場として脚光を浴びたが、老朽化のため1991年に全面改築を行った。ナイター設備とバックネット裏に屋根が新設され、スコアボードも磁気反転式に変わった。グラウンドと内野スタンドも拡張されたが、それまでコンクリートの階段であった内野席に座席を取り付け間隔を広げ、外野スタンドは縮小されたため1万人余の収容となった。

施設概要[編集]

  • 両翼93m、中堅121m
  • 収容人数:10,550人
    • 内野:8,350人(座席)
    • 外野:2,200人(芝生席)
  • 内野スタンドに屋根あり
  • スコアボード:磁気反転式
  • 照明設備:6基

出来事[編集]

一塁側から
陸上競技場
球場前駅

運動公園内その他の施設[編集]

  • 陸上競技場 - 日本陸上競技連盟2種公認。全天候型トラック 400m×8、天然芝ピッチ、ナイター設備を備える。スタンドは3000人収容。
  • ウェイトリフティング場
  • 軟式野球場
  • テニスコート
  • 武道館
  • 弓道場
  • 子供用プール

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]