ラファエル・ベタンコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエル・ベタンコート
Rafael Betancourt
フリーエージェント(FA)
Rafael Betancourt 63 Pitching.jpg
ロッキーズ時代
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 スクレ州クマナ
生年月日 1975年4月29日(38歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 アマチュアFA
初出場 NPB / 2000年6月10日
MLB / 2003年7月13日
最終出場 NPB / 2000年8月17日
年俸 $4,000,000(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ
WBC 2006年

ラファエル・ホセ・ベタンコートRafael José Betancourt, 1975年4月29日 - )は、コロラド・ロッキーズに所属するプロ野球選手投手)。ベネズエラ出身。

来歴・人物[編集]

1993年9月13日にボストン・レッドソックスと契約。1994年から1996年までの3年間は遊撃手で、1997年に投手に転向。1999年11月18日にレッドソックスを解雇された。

2000年横浜ベイスターズ抑え投手として主力であった佐々木主浩シアトル・マリナーズに移籍した穴を埋めるためにベタンコートを金銭で獲得したが、先発投手として1勝を挙げるのみにとどまり、シーズン終了後に解雇された。2000年12月13日、再びレッドソックスと契約したが、マイナーリーグ在籍中の2001年5月にヒジを故障し、7月に手術を行ったためほとんど投げられず、その年限りで自由契約となった。

2003年1月20日、クリーブランド・インディアンスと契約。同年7月13日、メジャーデビュー。

2005年7月8日、ステロイド剤の使用が発覚し、10試合の出場停止処分を受けた[2]。登板数は54と前年より減ったものの、シーズンを通して安定した投球を見せた[3]

2006年第1回WBCには、ベネズエラ代表として出場。

2007年ジョー・ボロウスキーへのセットアップマンとしてスコット・シールズとともにリーグ最多タイの31ホールドを記録。

年俸調停権を得たベタンコートは2008年の年俸として250万ドルを要求。それに対し、球団は175万ドルを提示したが、調停を避け、2008年1月23日に2年総額540万ドルの契約で合意[4]。2008年は自己最多の69試合に登板したが、防御率5.07は自己ワーストとなった。

2009年7月24日、トレードにより、コロラド・ロッキーズへ移籍。打者天国のクアーズ・フィールドを本拠地としてからも好成績を維持した。

2010年2011年は2年連続でWHIPが1.00を切った。

2012年1月25日、2年総850万ドル(3年目はオプション)でロッキーズと契約を延長した[5]

2013年オフにFAに。

選手としての特徴[編集]

インディアンスでは、リリーバーの役目を担っている。武器としている球種は、しばしばスライダーと間違えられるカーブ、時速90-94マイルを記録するフォーシーム・ファストボールである。カッターチェンジアップも投げる。イニング数と同等の奪三振数を記録しており、与四球も少ない。ヒジには、手術に際に埋め込まれた金属板と6本のねじが入っている。

ベタンコートは、ワインドアップポジション時の動作が変わっていることで知られている。走者がいるとき、投球動作に入るまで絶えず足で投手板を軽くタップし続ける。また、次の投球までの間は、常に帽子のつばを引っ張ったり手をあちこち動かしている。このワインドアップポジション時の動作はリーグで最も長い部類である。投手による故意の遅延を避けるため、投手は多くとも12秒以内に投球をしなければ自動的に投球判定がボールとなるルールがあるが、それが適用された数少ない一人である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 横浜 11 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 127 28.2 30 5 11 0 1 16 1 2 16 13 4.08 1.43
2003 CLE 33 0 0 0 0 2 2 1 4 .500 154 38.0 27 5 13 2 1 36 1 0 11 9 2.13 1.05
2004 68 0 0 0 0 5 6 4 12 .455 286 66.2 71 7 18 6 0 76 5 1 32 29 3.92 1.34
2005 54 0 0 0 0 4 3 1 10 .571 272 67.2 57 5 17 2 0 73 0 0 23 21 2.79 1.09
2006 50 0 0 0 0 3 4 3 7 .429 231 56.2 52 7 11 5 0 48 0 0 25 24 3.81 1.11
2007 68 0 0 0 0 5 1 3 31 .833 289 79.1 51 4 9 3 0 80 0 0 13 13 1.47 0.76
2008 69 0 0 0 0 3 4 4 12 .429 309 71.0 76 11 25 5 0 64 2 0 41 40 5.07 1.42
2009 29 0 0 0 0 1 2 1 8 .333 129 30.2 25 3 15 4 0 32 0 0 15 12 3.52 1.30
COL 32 0 0 0 0 3 1 1 12 .750 98 25.1 17 1 5 1 0 29 0 0 5 5 1.78 0.87
'09計 61 0 0 0 0 4 3 2 20 .571 227 56.0 42 4 20 5 0 61 0 0 20 17 2.73 1.11
2010 72 0 0 0 0 5 1 1 23 .833 248 62.1 52 9 8 2 0 89 7 0 25 25 3.61 0.96
2011 68 0 0 0 0 2 0 8 22 1.000 237 62.1 46 7 8 0 0 73 1 2 21 20 2.89 0.87
2012 60 0 0 0 0 1 4 31 1 .200 236 57.2 53 6 12 4 0 57 0 1 19 18 2.81 1.13
NPB:1年 11 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 127 28.2 30 5 11 0 1 16 1 2 16 13 4.08 1.43
MLB:10年 603 0 0 0 0 34 28 58 142 .548 2489 617.2 527 65 141 34 1 657 16 4 230 216 3.15 1.08
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 22 (2000年)
  • 63 (2003年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Rafael Betancourt Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2011年12月8日閲覧。
  2. ^ Associated Press (2006年6月7日). “Players suspended under baseball's steroids policy” (英語). ESPN.com. 2009年7月1日閲覧。
  3. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』 廣済堂出版、2006年、118項。ISBN 978-4-331-51146-6
  4. ^ Castrovince, Anthony (2008年1月23日). “Betancourt earns raise from Tribe” (英語). MLB.com. 2009年7月1日閲覧。
  5. ^ Rockies Re-Sign Closer Rafael Betancourt To Two-Year Contract. SI.com(英語). 2012年1月26日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]