ヒラム・ビソーン・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エスタディオ・ヒラム・ビソーン
Estadio Hiram Bithorn
エスタディオ・ヒラム・ビソーン
施設データ
所在地 Hato Rey, San Juan PR
開場 1962年
所有者 サンファン市
グラウンド 天然芝(開場時)、
人工芝(Astroturf:1995年 - 、
FieldTurf:2004年 - )
建設費 不明
設計者 不明
収容能力
18,000人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 315 ft (約96.0 m)
左中間 - 360 ft (約109.7 m)
中堅 - 399 ft (約121.6 m)
右中間 - 360 ft (約109.7 m)
右翼 - 313 ft (約95.4 m)
フェンス 8 ft (約2.4 m)

エスタディオ・ヒラム・ビソーン西: Estadio Hiram Bithorn)は、プエルトリコサンフアンにある野球場。球場名は、1942年4月15日にシカゴ・カブスでデビューし、プエルトリコ出身では初のメジャーリーガーとなった投手ヒラム・ビソーンから。

プエルトリコのプロ野球ウィンターリーグ "リーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・プエルトリコ(LBPPR)" の球団のうち、サンフアンに本拠地を置くセナドーレス・デ・サンファンカングレヘロス・デ・サントゥルセの2チームがかつて本拠地にしていた。しかしその後セナドーレスはアレシーボへ、カングレヘロスはマナティへそれぞれ移転した。このため、現在は当球場を本拠地にしているチームはない。

プエルトリコ最大の野球場であるため、メジャーリーグベースボールの公式戦や、WBCなどの国際大会などが開催されることもある。

主要な出来事[編集]

脚注[編集]