エバーバンク・フィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エバーバンク・フィールド
"EverBank Field"
エバーバンク・フィールド
施設情報
所在地 1 ALLTEL Stadium Place
Jacksonville, Florida 32202
起工 1994年1月3日
開場 1995年8月18日
所有者 ジャクソンビル市
グラウンド 天然芝
建設費 1億3400万ドル
(そのうちジャクソンビル市が
6000万ドルを負担)
設計者 HOK Sport
建設者 Huber, Hunt & Nichols
旧称
オールテル・スタジアム(1997年 - 2006年)
ジャクソンビル・ミュニシパル・スタジアム(2006年 - 2010年)
使用チーム、大会
NFL / ジャクソンビル・ジャガーズ(1995年 - 現在)
NCAA / ゲイターボウル(1996年 - 現在)
NCAA / ACCチャンピオンシップ・ゲーム (2005年 - 現在)
収容能力
76,877人

エバーバンク・フィールドEverBank Field )は、アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンビルにあるスタジアムNFLジャクソンビル・ジャガーズのホームスタジアムである。

1990年、NFL機構は1995年シーズンに球団拡張を行うと発表した。ジャクソンビル市は球団誘致のためゲイター・ボウルの建て替えを決定。1993年11月、機構は拡張球団のフランチャイズをジャクソンビルにすると発表した。翌1994年1月に起工。一般的に、スタジアムを(設計を含め)一からつくるには30~36か月かかると言われているが、20か月弱で完成させ95年8月に開場した。それまでの拡張球団は創設当初は既存のスタジアムを本拠地にしていたので、「新球団が創設初年から新スタジアムでプレーする」NFL史上初のケースとなった。

開場してからしばらくはジャクソンビル・ミュニシパル・スタジアムという名称だったが、1997年にオールテル・コミュニケーション社が命名権を10年620万ドルで取得したためオールテル・スタジアムALLTEL Stadium )に改称した。2007年、契約が終了し更新されなかったため元の名称に戻った。

2010年7月に地元に本社を置く銀行エバーバンクが命名権を取得した[1]。市議会での採決で名称変更が承認された[2]。エバーバンクとの契約は5年間で、エバーバンク・フィールドと名称変更されることになった[3]

2009年チケットの売り上げにジャガーズは苦戦したが、2010年9月12日、デンバー・ブロンコスと開幕戦を行うこととなり、そのブロンコスに地元で人気のあったフロリダ州立大学出身のティム・ティーボウがドラフト1巡指名されたことから、同年4月時点でチケットを求めるファンが殺到した[4]

主要な出来事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ EverBank buying naming rights to Jacksonville Municipal Stadium”. 2010年7月26日閲覧。
  2. ^ Mitchell, Tia (2010年8月10日). “City Council OKs EverBank Field deal”. Jacksonville.com. 2010年8月10日閲覧。
  3. ^ ジャガーズが命名権契約、エバーバンク・フィールドに”. NFL JAPAN (2010年7月28日). 2012年5月28日閲覧。
  4. ^ ジャガーズ、チケット売り上げで思わぬ“ティーボウ効果””. NFL JAPAN (2010年4月27日). 2012年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]

前本拠地:
n/a
-
ジャクソンビル・ジャガーズの本拠地
1995 - 現在
次本拠地:
n/a
-
先代:
リライアント・スタジアム
スーパーボウル会場
XXXIX 2005年
次代:
フォード・フィールド