フィル・ビラピアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィル・ビラピアーノ

Phil Villapiano  No. 41

ラインバッカー
生年月日:1949年2月26日(65歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチ
身長:6' 2" =約188cm 体重:225 lb =約102.1kg
NFLデビュー
1971年オークランド・レイダーズ
経歴
大学ボーリング・グリーン州立大学
NFLドラフト1971年 / 2巡目(全体の45番目)
 所属チーム:
通算成績
(1983年までの成績)
通算インターセプト     11回
pro-football-reference.comよりの成績
受賞歴・記録

フィル・ビラピアーノ(Phil Villapiano 、本名:Philip James Villapiano 、1949年2月26日 - )はニュージャージー州ロングブランチ出身[1]の元アメリカンフットボール選手。ポジションはラインバッカー

経歴[編集]

高校時代はランニングバックとラインバッカーとしてプレーした[1]。1966年の秋に多くの大学からスカウトの声がかかりアトランティック・コースト・カンファレンスメリーランド大学からも声がかかったがルー・セイバンヘッドコーチがAFLデンバー・ブロンコスに就任することが決まり、後任のヘッドコーチが決まっていなかったため、ボーリング・グリーン州立大学に進学し、大学では5人のディフェンシブラインマンのエンドとして4年間プレーした[1]シニアボウルでラインバッカーとしてプレーした。彼はラインバッカーとしても軽量の部類だったが40ヤードを4秒6で走るスピードを持つ敏捷さなどでNFLの数チームから注目される存在となった[1]

1971年NFLドラフトではチップ・オリバーの代わりとなるラインバッカーを求めていたオークランド・レイダーズに指名されて入団した[1]CFLトロント・アルゴノーツのヘッドコーチ、レオ・ケイヒルから熱心に誘われていた彼はNFLドラフトで3巡目までに指名されなかった場合はCFL入りする決心だった[1]

1972年、自己ベストの3インターセプトをあげて、プロキャリア唯一のリターンTDをあげた[2]。チームは地区優勝を果たしプレーオフでピッツバーグ・スティーラーズと対戦した。試合終了間際に第4ダウンでテリー・ブラッドショーからジョン・フッカに投げられたパスはジャック・テイタムの激しいヒットで大きく跳ね返りフランコ・ハリスがこれをキャッチ、タッチダウンに結びつけた。このプレーでビラピアーノはハリスにタックルしようとしたところ、相手タイトエンドのジョン・マクマキンに後ろからクリッピングの反則を受けた[3]が反則のコールがなされず残念であったとNFLフィルムズのビデオで述べている[4]

1973年から1976年まで4年連続でプロボウルに選出された。1974年にチームは12勝2敗でシーズンを終え、プレーオフでスーパーボウル3連覇を目指したマイアミ・ドルフィンズを破ったがスティーラーズに敗れた。1975年もプレーオフでスティーラーズに敗れシーズンを終えた。

1976年、チームは13勝1敗でシーズンを終え、プレーオフでニューイングランド・ペイトリオッツに僅差で勝利しAFCチャンピオンシップゲームでスティーラーズを破り第11回スーパーボウル出場を果たした。この試合序盤にレイ・ガイのパントがミネソタ・バイキングスにブロックされ自陣3ヤード地点でのゴール前ディフェンスを迎えた。ここで彼は相手ボールをはたき落としファンブルさせた[1]。またプロフットボール殿堂入りするフラン・ターケントンをサックしている[2]。この試合をレイダーズは32-14で勝利し初優勝した。

1977年は故障のため2試合の出場にとどまった。1978年、故障から復帰し右アウトサイドラインバッカーでプレーした[2]

1980年のシーズン開幕前にボブ・チャンドラーとのトレードでバッファロー・ビルズに移籍した[1]。彼の加入したビルズはジョー・ファーガソンジョー・クリブスらの活躍で11勝5敗でプレーオフに進出した。サンディエゴ・チャージャーズとの試合では第3Qまでリードしていたがダン・ファウツの活躍でチームは逆転負けした[1]1981年もチームはプレーオフに進出したがシンシナティ・ベンガルズに敗れ、ストライキが起きた1982年のシーズンには4勝5敗、彼のキャリア最後の年となった1983年は8勝8敗でシーズンを終えた[1]。ビルズでは怪我のため4シーズンで13試合の出場にとどまった[2]

プレースタイル[編集]

同時代のラインバッカーとしては小柄だったがスピードとハードなプレースタイルでビッグプレーを行いレイダーズの強力ディフェンスを支えた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k Former Oakland Raiders All-NFL Linebacker”. jockbio.com. 2010年4月22日閲覧。
  2. ^ a b c d JW Nix (2011年7月20日). “Oakland Raiders : Best Defensive Players Not in the Hall of Fame”. bleacherreport.com. 2013年5月1日閲覧。
  3. ^ Were The Oakland Raiders The Best Team Of The 1970’s?”. sportsnewssandscores.com (2010年2月12日). 2010年4月22日閲覧。
  4. ^ NFLグレイトタッチダウン100 ポリドール ASIN B00005FNUS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]