ステートファーム保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステートファーム保険
State Farm Insurance
種類 相互会社
略称 ステートファーム
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
米国イリノイ州ブルーミングデール
設立 1922年
業種 金融機関
事業内容 傷害保険生命保険銀行
代表者 Edward B. Rust, Jr.
売上高 64,300,000,000 ドル (2011年)
従業員数 66,000
外部リンク http://www.statefarm.com
テンプレートを表示

ステートファーム保険(-ほけん、英語: State Farm Insurance)は米国イリノイ州ブルーミントンen:Bloomington, Illinois)を本拠とし、全米ではオールステート保険などと共に個人向け保険業で首位を争う保険相互会社である[1]日本ではあまり知られていないものの、「米国最大の損保」などと評される[2]

1922年にジョージ・メハール(en: George J. Mecherle)によって設立された農民用の自動車保険の相互保険会社に起源を持つ。その後生命保険なども加えて、多方面に事業を展開する保険会社となった。

LPGALPGAステートファーム・クラシック英語版のスポンサーとしても知られていたが、2011年を最後に撤退している[3]

脚注[編集]

  1. ^ ステートファーム保険の概要 (英語)
  2. ^ 天野佳子 (1991年). “英米における保険会社の銀行業務参入 (PDF)”. ニッセイ基礎研究所. p. 4. 2013年8月10日閲覧。
  3. ^ AP通信 (2011年). “State Farm dropping event sponsorship”. Go.com. 2013年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]