チャド・ダービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャド・ダービン
Chad Durbin
Chad Durbin NLCS2009.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 イリノイ州スプリング・バレー
生年月日 1977年12月3日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 MLBドラフト3巡目(全体79位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 1999年9月26日
最終出場 2013年5月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

チャド・グリフィン・ダービンChad Griffin Durbin, 1977年12月3日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州スプリング・バレー出身の元投手、右投両打。

経歴[編集]

1996年のMLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから3巡目(全体79位)で指名され入団。1999年9月26日にメジャーデビューを果たした。

2004年のシーズン半ばにウェーバー公示され、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍。2005年ワシントン・ナショナルズ傘下AAA級のニューオーリンズ・ゼファーズでプレイ。2006年デトロイト・タイガースで3試合に登板、2007年は開幕を故障者リスト入りで迎えたケニー・ロジャースに代わり、先発ローテーション入りを果たした[1]。6月下旬からリリーフとして起用されたが、先発投手が故障した際には代役として起用された[2]。先発として19試合、リリーフとして17試合に登板。シーズン終了後の12月20日フィラデルフィア・フィリーズへFA移籍。

2008年はシーズンを通してリリーフとして起用され、防御率は常に3点を上回ることはなく、2.87でシーズンを終え、自己最多の71試合に登板。チームは28年ぶりのワールドチャンピオンとなり、ダービンもその一員としてポストシーズンで6試合に登板。 2009年もポストシーズンに登板し、2勝を挙げる。

2011年インディアンスでプレーするも、オフにFAとなる[3]

2012年2月1日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約をする[4]も、スプリング・トレーニング後に放出される。その後、4月3日アトランタ・ブレーブスと一年契約を交わした[5]

2013年1月28日、1年110万ドル(+出来高35万ドル)でフィリーズに復帰[6]。しかし、防御率9.00と結果を残せず、5月31日にフィリーズを放出された[7]11月25日に現役を引退することを表明した[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 KC 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 2.1 1 0 1 0 0 3 1 0 0 0 0.00 0.86
2000 16 16 0 0 0 2 5 0 0 .286 349 72.1 91 14 43 1 0 37 7 0 71 66 8.21 1.85
2001 29 29 2 0 0 9 16 0 0 .360 777 179.0 201 26 58 0 11 95 6 0 109 98 4.93 1.45
2002 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 43 8.1 13 3 4 0 1 5 0 0 11 11 11.88 2.04
2003 CLE 3 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 45 8.2 18 2 3 0 0 8 2 0 12 7 7.27 2.42
2004 17 8 1 0 1 5 6 0 0 .455 239 51.1 63 10 24 3 4 38 3 0 40 38 6.66 1.69
ARI 7 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 52 9.1 9 1 11 0 1 10 2 0 10 9 8.68 2.14
'04計 24 8 1 0 1 6 7 0 1 .462 291 60.2 72 11 35 3 5 48 5 0 50 47 6.97 1.76
2006 DET 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 6.0 6 1 0 0 0 3 0 0 1 1 1.50 1.00
2007 36 19 0 0 0 8 7 1 3 .533 561 127.2 133 21 49 4 8 66 2 0 71 67 4.72 1.43
2008 PHI 71 0 0 0 0 5 4 1 17 .556 365 87.2 81 5 35 7 4 63 3 0 33 28 2.87 1.32
2009 59 0 0 0 0 2 2 2 8 .500 314 69.2 56 8 47 2 7 62 2 0 38 34 4.39 1.48
2010 64 0 0 0 0 4 1 0 15 .800 291 68.2 63 7 27 2 5 63 0 0 29 29 3.80 1.31
2011 CLE 56 0 0 0 0 2 2 0 3 .500 318 68.1 86 12 26 3 3 59 6 0 45 42 5.53 1.64
2012 ATL 76 0 0 0 0 4 1 1 15 .800 257 61.0 52 9 28 3 0 49 1 0 25 21 3.10 1.31
2013 PHI 16 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 81 16.0 25 4 9 1 0 16 0 0 17 6 9.00 2.13
通算:14年 456 75 3 0 1 43 47 5 62 .478 3725 836.1 898 123 365 26 44 577 35 0 512 467 5.03 1.51

背番号[編集]

  • 33 (1999年 - 2002年)
  • 49 (2003年 - 2004年)
  • 45 (2004年、2013年)
  • 52 (2006年 - 2007年)
  • 37 (2008年 - 2011年)
  • 32 (2012年)


脚注[編集]

  1. ^ Associated Press (2007年3月30日). “Rogers has blood clot removed; likely out until July” (英語). ESPN.com. 2009年10月27日閲覧。
  2. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、256頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  3. ^ Mandel, Ken (2007年12月20日). “Phillies add Durbin to pitching staff”. MLB.com. 2010年6月8日閲覧。
  4. ^ Nats add Durbin to mix on Minor League deal MLB.com
  5. ^ Braves sign Chad Durbin ESPN MLB
  6. ^ Phillies bring back Chad Durbin ESPN MLB
  7. ^ Hagen, Paul (2013年5月31日). “Relief pitcher Chad Durbin released by Phillies”. phillies.com: News. MLB Advanced Media. 2013年5月31日閲覧。
  8. ^ Chad Durbin retires

外部リンク[編集]