カルロス・ルイーズ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・ルイーズ
Carlos Ruiz
フィラデルフィア・フィリーズ #51
Carlos Ruiz on June 1, 2011 (2).jpg
2011年6月1日
基本情報
国籍 パナマの旗 パナマ
出身地 チリキ県ダビッド
生年月日 1979年1月22日(35歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1998年
初出場 2006年5月6日
年俸 $8,500,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム パナマの旗 パナマ
WBC 2006年2009年2013年

カルロス・ホアキン・ルイーズ(Carlos Joaquín Ruiz, 1979年1月22日 - )は、パナマ共和国出身の野球選手である。ポジションは捕手。右投右打。現在はMLBフィラデルフィア・フィリーズでプレーしている。日本語表記は「ルイス」、「ルイズ」などもある。

経歴[編集]

1998年12月4日に、ドラフト外でフィラデルフィア・フィリーズと契約し、プロ入り。

2006年には、第1回WBCパナマ代表に選出される。

同年5月6日に、メジャーデビューを果たす。

2008年のワールドシリーズでは、全5試合にフル出場し、第3戦でサヨナラヒットを打つなど、16打数6安打(打率.375)、3打点、4四球、1盗塁と活躍して、シリーズ制覇に大きく貢献した。

2010年は、ロイ・ハラデイが5月29日にフロリダ・マーリンズ戦で完全試合、10月6日にシンシナティ・レッズとのディビジョン・シリーズでノーヒットノーランを記録した際に捕手を務めた。キャリアハイの打率.302を記録した。

2011年は、打率283、6本塁打、40打点を記録し、打率はチームでハンター・ペンスの次に良い打率だった[2]

2012年には、6月終了の時点で打率が.364と好調で、オールスターゲームにも出場した。オフには、母国パナマで開催された第3回WBC予選のパナマ代表に選ばれた。10月29日には翌年の500万ドルの契約オプションが行使されたが、11月27日に禁止薬物のアンフェタミンに陽性反応を示し、翌年の開幕から25試合の出場停止処分を課されたことが発表された[3]

選手としての特徴[編集]

肩が強く、2007年、2012年は30%を超える盗塁阻止率を記録した。打撃にはあまり期待できないが時折長打を放つ意外性を持つという評価だったが、近年は打撃の評価も上がっている。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 PHI 27 78 69 5 18 1 1 3 30 10 0 0 2 1 5 2 1 8 3 .261 .316 .435 .751
2007 115 429 374 42 97 29 2 6 148 54 6 1 5 3 42 10 5 49 17 .259 .340 .396 .735
2008 117 373 320 47 70 14 0 4 96 31 1 2 4 1 44 6 4 38 14 .219 .320 .300 .620
2009 107 379 322 32 82 26 1 9 137 43 3 2 4 2 47 8 4 39 8 .255 .355 .425 .780
2010 121 433 371 43 112 28 1 8 166 53 0 1 0 1 55 13 6 54 8 .302 .400 .447 .847
2011 132 472 410 49 116 23 0 6 157 40 1 0 3 1 48 10 10 48 7 .283 .371 .383 .754
2012 114 421 372 56 121 32 0 16 201 68 4 0 0 4 29 6 16 50 6 .325 .394 .540 .935
2013 92 341 310 30 83 16 0 5 114 37 1 0 4 2 18 3 7 39 11 .268 .320 .368 .688
通算:8年 825 2926 2548 304 699 169 5 57 1049 336 16 6 22 15 288 58 53 325 74 .274 .358 .412 .770
  • 2013年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]