1981年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1981年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
オークランド・アスレチックス 3
カンザスシティ・ロイヤルズ 0
シリーズ情報
試合日程 10月6日 - 10月9日
チーム情報
オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 ビリー・マーティン
シーズン成績 37勝23敗(西地区前期優勝)
27勝22敗(西地区後期2位)
カンザスシティ・ロイヤルズ(KC)
監督 ディック・ハウザー
シーズン成績 20勝30敗(西地区前期5位)
30勝23敗(西地区後期優勝)
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
ミルウォーキー・ブルワーズ 2
シリーズ情報
試合日程 10月7日 - 10月11日
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ボブ・レモン
シーズン成績 34勝22敗(東地区前期優勝)
25勝26敗(東地区後期6位)
ミルウォーキー・ブルワーズ(MIL)
監督 バック・ロジャース
シーズン成績 31勝25敗(東地区前期3位)
31勝22敗(東地区後期優勝)
  ALDS
1981

1995 > 
  NLDS
1981

1995 > 
1981ALCS 1981ワールドシリーズ

1981年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ1981 American League Division Series, ALDS)は、1981年10月6日から10月11日まで行われたMLBアメリカンリーグディビジョンシリーズ(地区優勝決定シリーズ)である。

概要[編集]

1981年MLBはシーズン中に経営者サイドと選手会の対立により50日間に及ぶストライキが行われ6月12日から7月31日までレギュラーシーズンが中止された。そのため、レギュラーシーズンを6月12日までを前期(1st half)、7月31日からを後期(2nd half)とし、前期の優勝チームと後期の優勝チームで地区優勝シリーズを行った。

アメリカンリーグ西地区は前期優勝のオークランド・アスレチックス対後期優勝のカンザスシティ・ロイヤルズの対戦。アメリカンリーグ東地区は前期優勝のニューヨーク・ヤンキース対後期優勝のミルウォーキー・ブルワーズとの対戦となった。結果は、西地区が3勝0敗でオークランド・アスレチックスが、東地区は3勝2敗でニューヨーク・ヤンキースが地区優勝し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

西地区[編集]

第1戦 10月6日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 3 0 0 0 1 0 4 8 2
ロイヤルズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  1. : マイク・ノリス (1-0)  : デニス・レナード (0-1)  
  2. :  OAK – ドウェイン・マーフィー (1) ウェイン・グロス (1)
  3. 観客動員数: 40,592人 試合時間: 2時間35分

第2戦 10月7日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 10 1
ロイヤルズ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 6 0
  1. : スティーブ・マカッティ (1-0)  : マイク・ジョーンズ (0-1)  
  2. 観客動員数: 40,274人 試合時間: 2時間50分

第3戦 10月9日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 10 3
アスレチックス 1 0 1 2 0 0 0 0 X 4 7 0
  1. : リック・ラングフォード (1-0)  : ラリー・グーラ (0-1)  S: デーブ・ビアード (1)  
  2. :  OAK – デーブ・マッケイ (1)
  3. 観客動員数: 40,002人 試合時間: 2時間59分

東地区[編集]

第1戦 10月7日[編集]

ウィスコンシン州ミルウォーキー - カウンティ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 4 0 0 0 0 1 5 13 1
ブルワーズ 0 1 1 0 1 0 0 0 0 3 8 3
  1. : ロン・デービス (1-0)  : ムース・ハース (0-1)  S: リッチ・ゴセージ (1)  
  2. :  NYY – オスカー・ギャンブル (1)
  3. 観客動員数: 35,064人 試合時間: 2時間57分

第2戦 10月8日[編集]

ウィスコンシン州ミルウォーキー - カウンティ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3 7 0
ブルワーズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
  1. : デイブ・リゲッティ (1-0)  : マイク・コールドウェル (0-1)  S: リッチ・ゴセージ (2)  
  2. :  NYY – レジー・ジャクソン (1) ルー・ピネラ (1)
  3. 観客動員数: 26,395人 試合時間:

第3戦 10月9日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 0 0 0 0 0 0 3 2 0 5 9 0
ヤンキース 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3 8 2
  1. : ローリー・フィンガーズ (1-0)  : トミー・ジョン (0-1)  
  2. :  MIL – ポール・モリター (1) テッド・シモンズ (1)
  3. 観客動員数: 56,411人 試合時間: 2時間39分

第4戦 10月10日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 4 2
ヤンキース 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 0
  1. : ピート・ブコビッチ (1-0)  : リック・ラッシェル (0-1)  S: ローリー・フィンガーズ (1)  
  2. 観客動員数: 52,077人 試合時間: 2時間34分

第5戦 10月11日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ブルワーズ 0 1 1 0 0 0 1 0 0 3 8 0
ヤンキース 0 0 0 4 0 0 1 2 X 7 13 0
  1. : デイブ・リゲッティ (2-0)  : ムース・ハース (0-2)  S: リッチ・ゴセージ (3)  
  2. :  MIL – ゴーマン・トーマス (1)  NYY – レジー・ジャクソン (2) オスカー・ギャンブル (2) リック・セロン (1)
  3. 観客動員数: 47,505人 試合時間: 2時間47分

参考文献[編集]