ホアン・アイケルバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホアン・アイケルバーガー
Juan Eichelberger
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス[1]
生年月日 1953年10月21日(61歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト1巡目
初出場 MLB / 1978年9月7日
NPB / 1989年4月9日
最終出場 MLB / 1988年6月20日
NPB / 1989年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホアン・タイロン・アイケルバーガーJuan Tyrone Eichelberger, 1953年10月21日 - )は、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

カリフォルニア大学バークレー校から1975年サンディエゴ・パドレスに入団。1978年、メジャーリーグ昇格を果たし先発投手としてパドレス時代には2年間で15勝を挙げる活躍をした[1]1983年クリーブランド・インディアンズに移籍。1988年アトランタ・ブレーブスにて5年ぶりのメジャー昇格を果たすも、シーズン終了後にFAとなる。

1989年、春季キャンプでテストを受けヤクルトスワローズに入団。ストッパーとして期待されたが、この年4月9日の対巨人開幕第2戦(東京ドーム)で3対3で迎えた9回裏に来日初登板するも、無死満塁のピンチを作り、原辰徳の打席で内角高めのボールを捕手の秦真司が後逸し(記録は暴投)サヨナラ負け、敗戦投手となる[1]

その後も振るわず、チームにはラリー・パリッシュ郭建成が在籍し、球団としては当時外国人支配下登録枠が3名の下で新たにロン・デービス獲得するため結局5月20日に解雇された[1]。球団史上最短の解雇選手となる。帰国後はマイナーリーグで投手コーチを務めている。

日本では全く活躍できなかったが、「日本プロ野球記録大百科」(日本野球機構発行)のプロ在籍全投手のトップに掲載されていたり、当時の日本プロ野球史上最長の登録名(他にレオン・マックファーデンベニー・ディステファーノティム・マッキントッシュエリック・シュールストロムディーン・ハートグレイブスブライアン・ファルケンボーグの6名がタイ。現在はジェフ・フィオレンティーノの9文字が最多)だったりと、在籍期間の短さと反比例して話題の多い選手だった。

エピソード[編集]

  • 入団の経緯は、当時の監督関根潤三がラジオにて、「名前がおもしろくて獲ったんだよねー、なんて言ったっけ?開幕で暴投してすぐいなくなっちゃった」と発言している。
  • 1989年開幕前、川崎球場で行われたロッテ・オリオンズとのオープン戦でリリーフとして登板。当時、川崎球場は電光掲示板ではなく、ましてアイケルバーガーは春季キャンプ途中でのテスト入団の為、同選手の掲示板が用意されておらず、8文字の長い名前をどのように表示するのか注目を集めた。球場職員も悩んだようで、登板して3人目の打者を迎えるまで、選手名が掲示されない状況が続き、結局掲示板にチョークで大書きされたのは、「バーガー」の4文字であった。ロッテファンから大爆笑されたのは言うまでもなく、「マクドナルド!」「ビッグマック!」の嘲りの野次が飛んだ(「ロッテリア!」の野次はなかった)[要出典]。その後、連打を浴びて失点。試合も逆転負けとなってしまった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 SD 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 17 3.1 4 0 2 0 0 2 0 1 4 4 12.00 1.80
1979 3 3 1 0 0 1 1 0 -- .500 83 21.0 15 1 11 1 0 12 1 2 10 8 3.43 1.24
1980 15 13 0 0 0 4 2 0 -- .667 377 88.2 73 8 55 4 1 43 3 3 41 36 3.64 1.44
1981 25 24 3 1 1 8 8 0 -- .500 615 141.1 136 5 74 5 3 81 5 5 60 55 3.51 1.49
1982 31 24 8 0 2 7 14 0 -- .333 771 177.2 171 23 72 5 2 74 7 3 98 83 4.20 1.37
1983 CLE 28 15 2 0 1 4 11 0 -- .267 577 134.0 132 10 59 3 2 56 9 0 80 73 4.90 1.43
1988 ATL 20 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 165 37.1 44 3 10 2 0 13 0 0 19 16 3.86 1.45
1989 ヤクルト 8 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 39 7.2 9 0 7 1 0 6 2 0 6 6 7.04 2.09
MLB:7年 125 79 14 1 4 26 36 0 -- .419 2605 603.1 575 50 283 20 8 281 25 14 312 275 4.10 1.42
NPB:1年 8 0 0 0 0 0 3 0 -- .000 39 7.2 9 0 7 1 0 6 2 0 6 6 7.04 2.09
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 33 (1978年 - 1980年)
  • 13 (1981年 - 1983年、1988年)
  • 49 (1988年)
  • 16 (1989年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、2ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]