マイク・ブロワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ブロワーズ
Mike Blowers
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 西ドイツの旗 西ドイツ
バイエルン州ヴュルツブルク
生年月日 1965年4月24日(49歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 1986年 MLBドラフト10巡目
初出場 MLB / 1989年9月1日
NPB / 1999年4月2日
最終出場 MLB / 1999年10月3日
NPB / 1999年8月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ロイ・ブロワーズMichael Roy Blowers, 1965年4月24日 - )は、アメリカ合衆国の元プロ野球選手内野手)。ドイツ連邦共和国(旧西ドイツバイエルン州ヴュルツブルク出身。阪神タイガースでの登録名はマイケル・ブロワーズ

来歴・人物[編集]

1986年のMLBドラフト10巡目でモントリオール・エクスポズに指名されて契約。1989年8月29日に、ジョン・キャンデラリアとのトレードニューヨーク・ヤンキースに移籍。同年9月1日にメジャーデビューを果たす。

1991年5月17日に、マイナー選手とのトレードでシアトル・マリナーズに移籍。マリナーズ時代は、ファンがファウルボールを取ろうとして身を乗り出した際に、勢いあまって買ったばかりのフライドポテトをフィールドへ落としてしまった事を気の毒に思い、ファンにフライドポテトをおごったところ、チームがサヨナラ勝ちをしたという逸話がある。1995年には自己最多の134試合出場、23本塁打を記録したが、その年オフの11月29日に、ミゲル・カイロウィリス・オタネズとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースに移籍。

ドジャースからは1年でFAとなり、1997年はマリナーズに復帰して1年間プレー。1998年は再度FAでオークランド・アスレチックスに移籍し、3年ぶりに2桁本塁打をマークした。

1999年1月に阪神タイガースに入団。2年契約で年俸は2億2,000万円。開幕直後の4月7日に一時帰国したが、帰国後は4番・三塁で出場を続け好調を維持していた。しかし6月に入ると調子を崩し、一時期スタメンを外されたこともあった。スタメン復帰後は7月に3試合連続で決勝適時打を放つなど復調の兆しも見られたが、オールスターゲームの前後から再び深刻な不振に陥った。元々ホームベースからかなり離れて立つバッティングフォームだったこともあり、外角に逃げるスライダー系の球に極端に弱かった。

8月1日の対横浜ベイスターズ戦で、2度の好機に凡退し、さらに6回表に失点につながる失策を犯したことから、その裏の打席を最後に平尾博司と交代させられる。6回の打席は併殺打だったが、監督の野村克也はこの打席の結果に関係なく7回の守備から平尾に代えることを決めていたという。結果的にこの試合が阪神での最後のスタメン出場となった。翌日の対中日ドラゴンズ戦では4回裏1アウト満塁の時、先発投手藪恵壹に代わる代打として出場したが、野口茂樹スライダーに詰まらされ、結果は遊ゴロ併殺打に終わってしまった。

これらの不振に、契約条件に『ファームに落とせない』または『一軍以外ではプレーしない』という項目があったことで球団と対立していたことも重なり、2年契約の1年目のシーズン途中だったのにもかかわらず、8月4日に解雇された。これで阪神の新外国人選手がシーズン中に解雇され、または帰国するのは、1997年マイク・グリーンウェル1998年アロンゾ・パウエルに続き3年連続となってしまった。野村が著した『あぁ阪神タイガース―負ける理由、勝つ理由』によれば、1998年のオフに「メジャーリーグを一度引退していたにもかかわらず阪神フロントが獲得した」という噂が囁かれている。

阪神退団後の1999年8月28日に三度マリナーズに復帰し、この年メジャーで19試合に出場したのを最後に引退。引退後はマリナーズのテレビコメンテーターとして活躍している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 NYY 13 41 38 2 10 0 0 0 10 3 0 0 0 0 3 0 0 13 1 .263 .317 .263 .580
1990 48 157 144 16 27 4 0 5 46 21 1 0 0 0 12 1 1 50 3 .188 .255 .319 .574
1991 15 40 35 3 7 0 0 1 10 1 0 0 1 0 4 0 0 3 1 .200 .282 .286 .568
1992 SEA 31 80 73 7 14 3 0 1 20 2 0 0 1 0 6 0 0 20 3 .192 .253 .274 .527
1993 127 429 379 55 106 23 3 15 180 57 1 5 3 1 44 3 2 98 12 .280 .357 .475 .832
1994 85 300 270 37 78 13 0 9 118 49 2 2 1 3 25 2 1 60 12 .289 .348 .437 .785
1995 134 498 439 59 113 24 1 23 208 96 2 1 3 3 53 0 0 128 18 .257 .335 .474 .809
1996 LAD 92 358 317 31 84 19 2 6 125 38 0 0 0 3 37 2 1 77 11 .265 .341 .394 .735
1997 SEA 68 177 150 22 44 5 0 5 64 20 0 0 4 2 21 1 0 33 4 .293 .376 .427 .802
1998 OAK 129 455 409 56 97 24 2 11 158 71 1 0 2 4 39 1 1 116 13 .237 .302 .386 .689
1999 阪神 73 292 259 31 65 7 1 10 104 43 0 0 0 0 31 1 2 78 7 .251 .336 .402 .737
SEA 19 50 46 2 11 1 0 2 18 7 0 0 0 0 4 0 0 12 2 .239 .300 .391 .691
MLB:11年 761 2585 2300 290 591 116 8 78 957 365 7 8 15 16 248 10 6 610 80 .257 .329 .416 .745
NPB:1年 73 292 259 31 65 7 1 10 104 43 0 0 0 0 31 1 2 78 7 .251 .336 .402 .737

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 13 (1989年)
  • 24 (1990年 - 同年途中)
  • 21 (1990年途中 - 同年終了)
  • 14 (1991年)
  • 38 (1992年)
  • 16 (1993年 - 1995年、1997年)
  • 20 (1996年)
  • 6 (1998年)
  • 61 (1999年 - 同年途中)
  • 4 (1999年途中 - 同年終了)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]