ベン・オグリビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベン・オグリビー
Ben Oglivie
基本情報
国籍 パナマの旗 パナマ
出身地 コロン県コロン
生年月日 1949年2月11日(65歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1968年 MLBドラフト11巡目
初出場 MLB / 1971年9月4日
NPB / 1987年4月14日
最終出場 MLB / 1986年10月5日
NPB / 1988年10月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ベン・オグリビーBenjamin Ambrosio "Ben" Oglivie , 1949年2月11日 - )は、パナマコロン県コロン[1]出身の元プロ野球選手外野手)。左投げ左打ち。

経歴[編集]

1968年MLBドラフト11巡目(全体の248番目)でボストン・レッドソックスに入団。1971年メジャー初昇格。

1974年デトロイト・タイガース1978年ミルウォーキー・ブルワーズに移籍。1980年、41本塁打で本塁打王のタイトルを獲得。アメリカンリーグでは初となるアメリカ国籍でない本塁打王となる。

メジャーリーグの本塁打王と言う肩書きを引っ下げ、1987年近鉄バファローズに鳴り物入りで入団[1]。なお近鉄入団の数年前、西武ライオンズが獲得に乗り出した時期があった。来日当初、直後に無断帰国し、この数年ほど近鉄は外国人の不祥事が続いていたことから、またかと思わせたが、結果的に大きなトラブルはこれだけであった。来日38歳と選手としては高齢な事から衰えを心配されたが、2年連続3割、本塁打20本と安定した成績を残し、一定の存在感を示した。主に指名打者での出場だったが、守備位置であるレフトはラルフ・ブライアント淡口憲治などが守っていた。 年齢のせいもあるが、メジャーで本塁打王を獲得するなど実績的に明らかに格上であったため、ブライアントは直立不動でオグリビーを尊敬の念をこめて「サー」と呼んでいた。朝日放送アナウンサー安部憲幸がある日の実況で「ぐりぐりぐりぐりオグリビー!!」と駄洒落を言っていた。

1988年シーズン終了後に退団しメジャーに再挑戦するものの、昇格することなく現役を引退[1]

1998年 - 2006年までサンディエゴ・パドレスのコーチを9年間歴任(2000年以外は傘下マイナーリーグのコーチ)。2007年タンパベイ・デビルレイズ傘下のA級ベロビーチ・デビルレイズの打撃コーチ、2008年からはレイズ傘下のAA級モンゴメリー・ビスケッツの打撃コーチに就任。

人物[編集]

15年以上にわたってメジャーリーグで活躍していた名選手であるが、オグリビーはその輝かしい実績を全く鼻にかけず、尊大な態度をとる事もなく野球に対しての真摯さからファンやチームメイトに愛された。また、逆転ホームランを打った際にはしゃぎながら塁を回ったが、後のインタビューで「つい興奮して相手投手に申し訳ない事をしてしまった。お詫びしたい」とコメントするなど、非常に真面目で紳士的な人柄でも知られた。

このような誠実な性格で同僚からの信頼も厚かった。自分のミスで負けた日に金村義明村上隆行などといったチームメイトに風呂に投げ込まれ、お湯を掛け合うなどしてはしゃぎ、励まされた。「メジャー時代でも白人黒人が一緒にお風呂に入る事など無かったのに」と言い感激していた。またそのあまりの嬉しさに風呂場の中で泳いでいたという[2]

伝説の試合と言われた1988年ロッテ対近鉄の10.19にも出場した。10.19で優勝を逃した後、祝勝会になるはずだった残念会を抜け出してホテルのトイレで泣いていた。

プレースタイル[編集]

  • グリップを極端に後方に構えた独特のバッティングフォームや、打席内での特徴的な仕草は当時の野球少年がこぞって真似するほど有名だった。特に構える直前にバットを何度も回す動作(この時のオグリビー本人はマウンド上の投手を注視しており、おそらく集中する際の癖と思われる)は、現在でもモノマネをするタレントがいるほど強烈なインパクトを残している。同僚だった阿波野秀幸プロ野球ニュースフジテレビ)に出演した際に物真似をしたことがある。
  • 打席でも、守備でも帽子の上にヘルメットを被ってプレーしていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 BOS 14 38 38 2 10 3 0 0 13 4 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .263 .263 .342 .605
1972 94 273 253 27 61 10 2 8 99 30 1 1 0 1 18 2 1 61 4 .241 .293 .391 .684
1973 58 161 147 16 32 9 1 2 49 9 1 1 1 2 9 2 2 32 4 .218 .269 .333 .602
1974 DET 92 289 252 28 68 11 3 4 97 29 12 3 0 3 34 6 0 38 5 .270 .353 .385 .738
1975 100 357 332 45 95 14 1 9 138 36 11 8 3 4 16 0 2 62 10 .286 .319 .416 .735
1976 115 325 305 36 87 12 3 15 150 47 9 4 2 4 11 3 3 44 11 .285 .313 .492 .804
1977 132 497 450 63 118 24 2 21 209 61 9 9 1 3 40 2 3 80 11 .262 .325 .464 .789
1978 MIL 128 527 469 71 142 29 4 18 233 72 11 7 3 3 52 10 0 69 10 .303 .370 .497 .867
1979 139 572 514 88 145 30 4 29 270 81 12 5 4 4 48 12 2 56 11 .282 .343 .525 .869
1980 156 660 592 94 180 26 2 41 333 118 11 9 0 9 54 19 5 71 5 .304 .362 .563 .925
1981 107 452 400 53 97 15 2 14 158 72 2 2 1 8 37 10 6 49 9 .243 .310 .395 .705
1982 159 677 602 92 147 22 1 34 273 102 3 5 0 1 70 13 4 81 6 .244 .326 .453 .780
1983 125 483 411 49 115 19 3 13 179 66 4 6 0 8 60 12 4 64 9 .280 .371 .436 .806
1984 131 509 461 49 121 16 2 12 177 60 0 6 1 2 44 5 1 56 12 .262 .327 .384 .711
1985 101 394 341 40 99 17 2 10 150 61 0 2 4 10 37 3 2 51 8 .290 .354 .440 .794
1986 103 384 346 31 98 20 1 5 135 53 1 2 1 7 30 6 0 33 7 .283 .334 .390 .724
1987 近鉄 110 459 413 62 124 24 1 24 222 74 5 2 0 5 37 3 4 64 16 .300 .359 .538 .897
1988 114 450 392 61 122 22 1 22 212 65 1 2 0 4 54 9 0 39 13 .311 .391 .541 .932
MLB:16年 1754 6598 5913 784 1615 277 33 235 2663 901 87 70 21 69 560 105 35 852 122 .273 .336 .450 .786
NPB:2年 224 909 805 123 246 46 2 46 434 139 6 4 0 9 91 12 4 103 29 .306 .375 .539 .914
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

MLB

表彰[編集]

MLB
NPB

記録[編集]

MLB
NPB
  • 初出場・初先発出場:1987年4月14日、対日本ハムファイターズ1回戦(後楽園球場)、4番・左翼手として先発出場
  • 初安打:同上、5回表に佐藤誠一から右前安打
  • 初打点:同上、6回表に佐藤誠一から中前適時打
  • 初本塁打:1987年5月2日、対日本ハムファイターズ4回戦(藤井寺球場)、8回裏に佐藤誠一から2ラン
  • オールスターゲーム出場:1回(1988年)

背番号[編集]

  • 4 (1971年)
  • 14 (1972年 - 1973年)
  • 22 (1974年 - 1977年)
  • 24 (1978年 - 1986年、2000年)
  • 10 (1987年 - 1988年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、126ページ
  2. ^ 週刊ポスト2012年9月14日号「元近鉄オグリビー「自分と一緒に風呂入ってくれた」元近鉄OB阿波野証言より

外部リンク[編集]