川尻達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川尻 達也
TatsuyaKawajiri.png
基本情報
本名 川尻 達也
通称 クラッシャー
The Crusher
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1978年5月8日(36歳)
出身地 茨城県稲敷郡江戸崎町
(現・稲敷市
所属 チームTOPS
T-BLOOD
身長 171cm
体重 66kg
リーチ 180cm
階級 ライト級DREAMPRIDE
フェザー級DREAMUFC
ウェルター級修斗
スタイル 修斗
テーマ曲 Water Pow
B-DASH
テンプレートを表示

川尻 達也(かわじり たつや、男性、1978年5月8日 - )は、日本総合格闘家茨城県稲敷郡江戸崎町(現・稲敷市)出身。茨城県立土浦第三高等学校中央学院大学卒業。元修斗世界ウェルター級王者。

日本人離れした強靭なフィジカルを生かしたテイクダウンと強烈なパウンドを武器としている。フェザー級転向以降はテイクダウンからのパスガード・トップキープを武器とし、サブミッションを極めて勝つ事が多い。特に肩固め(川尻曰く「川ちゃん固め」)を得意としている[1]

格闘技経験は大学までなく、高校までは陸上の中距離選手だった。

来歴[編集]

小、中学生時代は野球を経験。高校生時代は陸上の800m走の選手であった[2]

PRIDE.1での高田延彦vsヒクソン・グレイシー戦を見たことと、桜井"マッハ"速人佐藤ルミナに憧れて総合格闘家を志す。

アマチュア時代に三崎和雄にKO負けしたことがある。

2000年4月12日、修斗にてプロデビュー中山巧スリーパーホールドで一本負け。デビュー戦で敗れたことで、1年間をかけて徹底的に肉体改造した。

2002年、修斗の新人王トーナメント ウェルター級に出場し、優勝を果たした。

2002年12月14日、修斗でビトー・"シャオリン"・ヒベイロと対戦し、0-3の判定負け。腕関節を極められ耐え抜いたため負傷した。

2003年3月30日、アブダビコンバット77kg未満級日本予選に出場。準決勝で鹿又智成にポイント負け。

2004年12月14日、修斗でビトー・"シャオリン"・ヒベイロと世界ウェルター級タイトルマッチで再戦。終始川尻が主導権を握り、2R3分10秒パウンドでTKO勝ちを収め、第8代修斗世界ウェルター級王者となった。

2005年5月22日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の七-でキム・インソクと対戦し、パウンドでTKO勝ち。

2005年9月25日、PRIDE 武士道 -其の九-で行われたライト級トーナメント1回戦で五味隆典と対戦し、激闘の末チョークスリーパーで一本負け。この試合は年間ベストバウトに選ばれるなど、周囲からも高く評価された。また試合後「負けてもリベンジする。それが僕の格闘技人生」、「自分より強い人がいることに驚いた」とコメントした[3]

2006年2月17日、修斗で世界ウェルター級ランキング1位のヨアキム・ハンセンを相手に初防衛戦を行う。試合開始直後、ハンセンのローブローを受けてしまい、このダメージにより川尻は試合続行不可能となり、反則勝ちによる初防衛となった。

2006年12月31日、PRIDE 男祭り 2006ギルバート・メレンデスと対戦。激しい打撃の応酬戦を展開したが判定負け。

大晦日の試合で左手親指を負傷していたが、2007年1月18日の練習で再び同箇所を負傷、左母指中手骨基部骨折で全治2か月と診断された。骨折により期限内の防衛戦が不可能になったことにより修斗世界ウェルター級王座を2007年1月24日付けで返上した[4]

2007年12月31日、1年ぶりの復帰戦となったやれんのか! 大晦日! 2007ルイス・アゼレードと対戦し、3-0の判定勝ち。

フェザー級転向以降の計量。

DREAM[編集]

2008年3月15日、DREAM.1のライト級グランプリ1回戦でブラックマンバと対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年5月11日、DREAM.3のライト級グランプリ2回戦でルイス・ブスカペと対戦し、判定勝ち。閉会式のリング上で、同ジム所属の石田光洋に一本勝ちした宇野薫に対戦要求を行った[5](4月4日の記者会見で主催者推薦枠でのグランプリ参戦が発表された宇野に対し、「言いたいことは原稿用紙10枚分くらいある」と不満を漏らしていた[6])。

2008年7月21日、DREAM.5のライト級グランプリ準決勝でエディ・アルバレスと対戦。互角に渡り合いアルバレスをKO寸前に追い込む場面もあったがパウンドでTKO負けを喫した。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜武田幸三と初挑戦となるK-1ルールで対戦。右フック、右跳び膝蹴り、左フックで1R3度のダウンを奪いTKO勝ちを収めた。

2009年3月8日、DREAM.7でロス・エバネスと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた。試合後のリング上でJ.Z.カルバンとの次期挑戦者決定戦での対戦希望を表明した[7]

2009年5月26日、DREAM.9J.Z.カルバンと対戦し、判定勝ち。試合後、リング上でのマイクアピールで「二人で格闘技界を盛り上げませんか?魔裟斗選手、僕にもガッツンガッツン面白い打ち合いが出来るんでよろしくお願いします」と魔裟斗に対戦を呼びかけた[8]

2009年7月13日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL8でK-1ルールで魔裟斗と対戦し、2Rタオル投入によるTKO負け。

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC 対抗戦で横田一則と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年7月10日、DREAM.15のDREAMライト級タイトルマッチで青木真也と対戦し、アキレス腱固めで一本負けを喫し王座獲得ならず。青木の足関節技により自ら歩いて退場できないほどのダメージを負った。

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜ジョシュ・トムソンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[9]

2011年4月9日、元Strikeforce王者のトムソンに勝利した功績で当時Strikeforce王者であったギルバート・メレンデスとタイトルを賭けて対戦するも、開始早々メレンデスのパンチを受け、ダウンした所に肘打ちを受けTKO負け。王座奪還に失敗した。[10]

2011年9月24日、フェザー級転向初戦となったDREAM.17でのヨアキム・ハンセンとの再戦で3R肩固めで一本勝ちを収めた。

2012年3月31日、シンガポールで開催されたONE FC 3で元KOTC王者ドナルド・サンチェスと対戦し、三角絞めで一本勝ち[11]

2012年12月31日、DREAM.18小見川道大と対戦。全ラウンドにわたって小見川を圧倒し判定勝ち。

UFC[編集]

2013年10月22日、UFCと契約したことが発表された[12]

2014年1月4日、UFC Fight Night: Saffiedine vs. Limでショーン・ソリアーノと対戦し、2R開始早々バックマウントからの裸絞めで一本勝ち。当初はハクラン・ディアスと対戦予定であったが、ディアスの欠場により相手がソリアーノに変更となった。また、川尻はtwitter上でUFCの幹部にカブ・スワンソンとの対戦要求を直訴している[13]

2014年4月11日、UFC Fight Night: Nogueira vs. Nelsonクレイ・グイダと対戦し、判定負け。川尻にとってUFC初の黒星となったものの、この試合はファイト・オブ・ザ・ナイトに選ばれた。

2014年9月20日の日本開催となるUFC Fight Night: Hunt vs. Nelsonへの出場が噂されていたが、3度目の網膜剥離の手術によって出場を見送った[14]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
43 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
33 12 10 10 1 2 0
8 2 3 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× クレイ・グイダ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Nogueira vs. Nelson 2014年4月11日
ショーン・ソリアーノ 2R 0:50 チョークスリーパー UFC Fight Night: Saffiedine vs. Lim 2014年1月4日
小見川道大 5分3R終了 判定3-0 DREAM.18 & GLORY 4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜 2012年12月31日
ドナルド・サンチェス 1R 3:23 三角絞め ONE FC 3 2012年3月31日
宮田和幸 2R 4:54 肩固め 元気ですか!! 大晦日!! 2011 2011年12月31日
ヨアキム・ハンセン 3R 2:30 肩固め DREAM.17 2011年9月24日
ドリュー・フィケット 1R 4:41 TKO(パウンド) DREAM JAPAN GP FINAL 2011バンタム級日本トーナメント決勝戦 2011年7月16日
× ギルバート・メレンデス 1R 3:14 TKO(グラウンドの肘打ち) Strikeforce: Diaz vs. Daley
【Strikeforce世界ライト級タイトルマッチ】
2011年4月9日
ジョシュ・トムソン 5分3R終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 2010年12月31日
× 青木真也 1R 1:53 アキレス腱固め DREAM.15
【DREAMライト級タイトルマッチ】
2010年7月10日
横田一則 5分3R終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 2009年12月31日
メルカ・バラクーダ 1R 3:48 TKO(パウンド) DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦 2009年10月6日
J.Z.カルバン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND 2009年5月26日
ロス・エバネス 1R 4:03 チョークスリーパー DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦 2009年3月8日
× エディ・アルバレス 1R 7:35 TKO(パウンド) DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦
【ライト級トーナメント 準決勝】
2008年7月21日
ルイス・ブスカペ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND
【ライト級トーナメント 2回戦】
2008年5月11日
ブラックマンバ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦
【ライト級トーナメント 1回戦】
2008年3月15日
ルイス・アゼレード 2R(10分/5分)終了 判定3-0 やれんのか! 大晦日! 2007 2007年12月31日
× ギルバート・メレンデス 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU- 2006年12月31日
ペル・エクルンド 1R 4:12 TKO(バックマウントパンチ) 修斗 Champion Carnival 2006年10月14日
クリス・ブレナン 1R 0:29 KO(左膝蹴り) PRIDE 武士道 -其の十二- 2006年8月26日
チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 1R 2:30 膝十字固め PRIDE 武士道 -其の十一- 2006年6月4日
ヨアキム・ハンセン 1R 0:08 反則失格(ローブロー) 修斗 SHOOTO The Victory of The Truth
【修斗世界ウェルター級チャンピオンシップ】
2006年2月17日
× 五味隆典 1R 7:42 チョークスリーパー PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント 1回戦】
2005年9月25日
ルイス・ブスカペ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の八- 2005年7月17日
キム・インソク 1R 3:28 TKO(タオル投入) PRIDE 武士道 -其の七- 2005年5月22日
ヤニ・ラックス 1R 4:42 TKO(パウンド) 修斗 in 福岡 玄海沖地震被災地チャリティイベント 2005年4月23日
ビトー・"シャオリン"・ヒベイロ 2R 3:11 TKO(パウンド) 修斗 15th Anniversary
【修斗世界ウェルター級チャンピオンシップ】
2004年12月14日
ミンダウガス・ラウリナイティス 2R 2:00 TKO(バックマウントパンチ) 修斗 2004年9月26日
宇野薫 5分3R終了 判定1-0 修斗 2004年3月22日
雷暗暴 1R 4:21 TKO(パウンド) 修斗 2003年12月14日
イーブス・エドワーズ 5分3R終了 判定3-0 修斗 世界三大チャンピオンシップ 2003年8月10日
タクミ 1R 4:11 TKO(右ストレート) 修斗 Shootor's Dream II 2003年5月30日
× ビトー・"シャオリン"・ヒベイロ 5分3R終了 判定0-3 修斗 2002年12月14日
尾松賢 1R 4:40 腕ひしぎ十字固め 修斗
【新人王トーナメント ウェルター級 決勝】
2002年10月27日
椎木努 1R 4:42 スリーパーホールド 修斗
【新人王トーナメント ウェルター級 準決勝】
2002年7月19日
杉江"アマゾン"大輔 2R 4:19 TKO(マウントパンチ) 修斗 SHOOTO GIG EAST 09 2002年5月28日
山崎剛 5分2R終了 判定3-0 修斗 WANNA SHOOTO JAPAN 2002 2002年4月21日
滝田J太郎 2R 1:22 TKO(ドクターストップ:左目負傷) 修斗 TREASURE HUNT 02
【新人王トーナメント ウェルター級 1回戦】
2002年3月13日
高田和道 1R 3:03 腕ひしぎ三角固め 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年9月27日
鈴木洋平 1R 2:42 スリーパーホールド 修斗 SHOOTO GIG EAST Vol.2 2001年5月22日
鈴木洋平 5分2R終了 判定0-1 修斗 WANNA SHOOTO 2001 2001年4月8日
× 中山巧 1R 2:44 スリーパーホールド 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜 "UM CAMINHO PARA O CAMPEAO" 2000年4月12日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
2試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0
1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 魔裟斗 2R 1:43 TKO(タオル投入) K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8 2009年7月13日
武田幸三 1R 2:47 KO(3ノックダウン:左フック) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日

獲得タイトル[編集]

  • アマチュア修斗東日本オープントーナメント ウェルター級 優勝(1999年)
  • 修斗ウェルター級新人王(2002年)
  • 第8代修斗世界ウェルター級王座(2004年)

出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『元気ですか!!大晦日!!2011』さいたまSA大会 出場ファイターの試合後のコメントPART.4 DREAM 2011年12月31日
  2. ^ UFC選手データ UFC
  3. ^ [PRIDE武士道] 9.25 有コロ:ライト決勝は五味×マッハ BoutReview 2005年9月25日
  4. ^ 【修斗】負傷によるベルト返上の川尻達也「王者の義務を果たせず申し訳ない」 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年1月23日
  5. ^ 【ドリーム】激闘続きのライト級GPを勝ち残ったのは宇野、川尻、アルバレス!大会後に川尻が宇野に対戦要求 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年5月11日
  6. ^ 【ドリーム】5・11宇野の推薦出場に石田、川尻、永田が不満を露に 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年4月4日
  7. ^ 【DREAM】山本“KID”徳郁のライバルは誰だ!?フェザー級GP開幕戦、今成、高谷、前田が勝ち上がる 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年3月8日
  8. ^ 【DREAM】KIDが敗れる大波乱!カンセコは秒殺負け、川尻が魔裟斗戦をアピール 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年5月26日
  9. ^ 【Dynamite!!】 高谷が王座奪取!長島☆自演乙が青木をKO!石井はバンナに辛勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月31日
  10. ^ 川尻のタイトル挑戦、完敗に終わる MMA PLANET 2011年4月9日
  11. ^ 川尻は3戦連続一本勝ち!!『DREAM×ONE FC 〜ONE FIGHTING CHAMPIONSHIP: WAR OF THE LIONS〜』試合結果 DREAM 2012年3月31日
  12. ^ Kawajiri coming to the UFCFOX Sports 2013年10月23日
  13. ^ Recent signee Tatsuya Kawajiri wants Cub Swanson in UFC debutMMA JUNKIE 2013年10月28日
  14. ^ 川尻達也、3度目の網膜剥離……「復帰できるかはわかりませんが、悪あがきはしますよ」Dropkick 2014年7月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ビトー・"シャオリン"・ヒベイロ
第8代修斗世界ウェルター級王者

2004年12月14日 - 2007年1月24日(返上)

空位
次タイトル獲得者
中蔵隆志