中蔵隆志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中蔵 隆志
基本情報
本名 中蔵 隆志
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1977年3月23日(37歳)
出身地 大阪府大阪市
所属 シューティングジム大阪
→MMA/修斗ジム BLOWS
身長 171cm
体重 70kg
階級 ウェルター級修斗
スタイル 空手柔道
テンプレートを表示

中蔵 隆志(なかくら たかし、男性、1977年3月23日 - )は、日本の元総合格闘家大阪府大阪市出身。MMA/修斗ジム BLOWS代表。元修斗世界ウェルター級王者。

来歴[編集]

2001年9月24日、第8回全日本アマチュア修斗選手権大会に出場し、ウェルター級で3位となった[1]

2002年9月25日、プロ修斗デビュー。

2004年4月11日、修斗環太平洋ウェルター級トーナメント1回戦でタクミに判定負けし、プロ初敗戦を喫した。

2007年2月17日、廣田瑞人と修斗環太平洋ウェルター級王者決定戦で判定勝ちし、第3代王者となった。

2008年5月3日、世界ウェルター級王座を賭けて天突頑丈と1年半振りに再戦。打撃戦を制して3-0の判定勝ちを収め、第9代修斗世界ウェルター級王者となった。11月29日、修斗欧州ウェルター級王者のベンディ・カシミールと対戦、1ラウンド終了間際にスリーパーホールドで一本勝ちを収めた。

2009年3月20日、修斗大会で5月10日の五味隆典戦が発表され、リング上で「お前のことはよく知らないけれど、俺が勝つ」と挑発し睨んできた五味を突き飛ばし、「あんた、今それ言える立場ちゃうやろ」と言い返した。ノンタイトルの試合であるが、敗北したらタイトルを返上すると宣言する。[2]

2009年5月10日、修斗で五味隆典と対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。ノンタイトルの試合であったが、試合直後にリング上でベルトをコミッションに差し出す「タイトル返上」と取れる行為を行うが、この返上はコミッションには認められなかった。

2009年9月22日、6月に発症した左目の網膜剥離により期限内に防衛戦を行えないため、修斗世界ウェルター級王座を返上した[3]

2010年1月12日、シューティングジム大阪から独立し、大阪市中央区日本橋に自らが代表を務める「MMA/修斗ジム BLOWS」をオープンさせた[4]

2011年4月29日、2年ぶりの復帰戦となった修斗伝承2011で弘中邦佳と対戦し、0-2の判定負け。試合後には自身のブログで引退することを表明した。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
16 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 1 4 6 0 1 0
4 2 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 弘中邦佳 3R終了 判定0-2 修斗 修斗伝承2011 2011年4月29日
× 五味隆典 2R 4:42 TKO(パウンド) 修斗 "修斗伝承 ROAD TO 20th ANNIVERSARY FINAL" 2009年5月10日
ベンディ・カシミール 1R 4:58 スリーパーホールド 修斗 "修斗伝承" 04 〜ROAD TO 20th ANNIVERSARY〜 2008年11月29日
天突頑丈 5分3R終了 判定3-0 修斗 "修斗伝承" 01 〜ROAD TO 20th ANNIVERSARY〜
【修斗世界ウェルター級王座決定戦】
2008年5月3日
遠藤雄介 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 06
【修斗環太平洋ウェルター級チャンピオンシップ】
2007年11月8日
ヤニ・ラックス 1R 2:54 アキレス腱固め 修斗 BACK TO OUR ROOTS 04 2007年7月15日
廣田瑞人 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 01
【修斗環太平洋ウェルター級王座決定戦】
2007年2月17日
天突頑丈 5分3R終了 判定0-1 修斗 2006年10月14日
× 石田光洋 3R 1:31 TKO(右瞼カット) 修斗 ALIVE ROAD 2005年8月20日
レイ・クーパー 2R 1:14 TKO(右瞼カット) 修斗 2005年5月4日
冨樫健一郎 5分3R終了 判定3-0 修斗 & KAKUMEI KICKBOXING 2004年10月17日
× タクミ 5分3R終了 判定0-3 修斗 & KAKUMEI SHOWDOWN BATTLE
【環太平洋ウェルター級王座決定トーナメント 1回戦】
2004年4月11日
川勝将軍 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG WEST IV 2003年10月12日
藤原正人 1R 3:48 三角絞め 修斗 2003年6月27日
滝田J太郎 5分2R終了 判定3-0 修斗 2002年10月27日
橋本平馬 2R 3:17 スリーパーホールド 修斗 SHOOTO GIG EAST 11 2002年9月25日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 内村世己 4分1R終了 判定20-22 全日本アマチュア修斗選手権
【ウェルター級 準決勝】
2001年9月24日
伊勢野寿一 3:10 チキンウイングアームロック 全日本アマチュア修斗選手権
【ウェルター級 2回戦】
2001年9月24日
立山智紀 4分1R終了 判定24-19 全日本アマチュア修斗選手権
【ウェルター級 1回戦】
2001年9月24日

獲得タイトル[編集]

  • 第3代修斗環太平洋ウェルター級王座(2007年)
  • 第9代修斗世界ウェルター級王座(2008年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
川尻達也
第9代修斗世界ウェルター級王者

2008年5月3日 - 2009年9月22日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ヴィラミー・シケリム