三浦広光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三浦 広光
基本情報
通称 ラストサムライ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1981年9月22日(33歳)
出身地 福岡県浮羽郡浮羽町
所属 パンクラスMEGATON-TOKIN
→SAMURAI SWORD(旧称MEGATON)
帝拳ボクシングジム
身長 176cm
体重 89kg
階級 ウェルター級
スタイル 柔道サンボ
テンプレートを表示

三浦 広光(みうら ひろみつ、1981年9月22日 - )は、日本プロボクサーで元総合格闘家福岡県浮羽郡浮羽町(現・うきは市)出身。帝拳ボクシングジム所属。

来歴[編集]

3歳年上の姉の影響で小学1年から柔道を始める(弟も柔道選手)。西日本短大附属高校では県大会で2年連続2位。大東文化大学では正力杯-81kg級ベスト8となった。

2001年11月25日、第5回全日本コンバットレスリングオープン選手権大会-85kg級(9人参加)に出場し、優勝を果たした。

2004年3月、大学卒業後に総合格闘技の練習を開始し、6月6日には第30回全日本サンボ選手権大会90kg級に出場し、優勝を果たした。

体重100kg以上の選手が集まるパンクラスMEGATONで練習していた。三浦をプロデビューさせるべく、同チームは2004年7月、派生チームとしてMEGATON-TOKINを設立した。その9日後の7月25日、パンクラスにてデビュー戦を行い、ジョー・ダースにギブアップ負け。

2005年2月12日、DEEP初参戦となるDEEP 18で藤沼弘秀と対戦し、判定勝ち。

2005年7月6日、HERO'Sのオープニングファイトで竹内出と対戦し、マウントパンチでTKO負け。

2005年11月26日、HERO'Sリトアニア大会でケスタティス・スミルノヴァスと対戦し、TKO負け。

2006年4月30日、キックボクシング興行R.I.S.E.に初参戦し、トモヤにフック連打でKO勝ち。

2006年9月24日、R.I.S.E. MIGHTY EIGHTY TOURNAMENT '06に出場。1回戦で伊賀弘治に右フックでKO勝ちするものの、準決勝でマグナム酒井に右ローキックでKO負け。

2006年10月9日、HERO'Sのオープニングファイトで滝川リョウと対戦し、マウントパンチでTKO勝ち。

2007年5月12日、WEC初参戦となるWEC 27でジェイソン・"メイヘム"・ミラーと対戦し、判定負け。

2007年8月5日、WEC 29でフェルナンド・ゴンザレスと対戦し、パウンドでTKO勝ち。WEC初勝利。

2008年3月26日、WEC 33でブラス・アヴェナにTKO勝ち。

2008年6月8日、M-1ムエタイチャレンジ「Legend of Elbows 2008 〜MIND〜」でラックトゥッコン・ウィラサクレックとムエタイルールで対戦予定であったが、WECのタイトルマッチが決定したため欠場となった[1]

2008年8月3日、WEC 35でカーロス・コンディットのWEC世界ウェルター級王座に挑戦し、膝蹴りからのパウンドでTKO負け。

2009年1月25日、WEC 38でエドガー・ガルシアにパウンドでTKO負けを喫した。

WEC 38に参戦する前(2009年1月頃)から帝拳ジムに通っていたが、WEC 38終了後から同ジムでボクシングの練習のみを行うようになった[2]。同ジムのトレーナー葛西裕一に手ほどきを受けている[2]

2009年12月8日、プロボクサー新人テスト(クルーザー級)を受け、合格を果たした[3]

2010年4月10日、ラスベガスでのイサック・アテンシオ戦でプロボクシングデビュー(ライトヘビー級)し、3-0の判定勝ち[4]。4月22日の2戦目でもナサン・ベッドウェルに3-0の判定勝ち[5]

2011年8月6日、後楽園ホールで8回戦77.0Kg契約で松本晋太郎(ヨネクラ)と戦い判定勝ちを収めた。その後8月度の日本ランキングで2009年9月度より新設された以降で初となる日本スーパーミドル級で日本ランキング1位に就いた[6]

2012年10月6日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーミドル王者清田祐三(フラッシュ赤羽)に挑戦したが6RTKOで敗れ王座獲得はならなかった[7]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 6 0 3 0 0 0
6 5 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× エドガー・ガルシア 1R 1:18 TKO(パウンド) WEC 38: Varner vs. Cerrone 2009年1月25日
× カーロス・コンディット 4R 4:43 TKO(パウンド) WEC 35: Condit vs. Miura
【WEC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2008年8月3日
ブラス・アヴェナ 1R 2:35 TKO(パンチ) WEC 33: Marshall vs. Stann 2008年3月26日
フェルナンド・ゴンザレス 2R 3:35 TKO(パウンド) WEC 29: Condit vs. Larson 2007年8月5日
× ジェイソン・"メイヘム"・ミラー 5分3R終了 判定0-3 WEC 27: Marshall vs. McElfrish 2007年5月12日
滝川リョウ 1R 1:36 TKO(マウントパンチ) HERO'S 2006
ミドル級&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント 決勝戦
【オープニングファイト】
2006年10月9日
ジョバニ・ペレイラ 1R 2:35 KO(パウンド) W-カプセル 2006年6月11日
大久保一樹 5分3R終了 判定3-0 W-カプセル 2006年1月28日
× ケスタティス・スミルノヴァス 1R 4:30 TKO HERO'S LITHUANIA 2005年11月26日
× 竹内出 2R 3:35 TKO(マウントパンチ) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント
【オープニングファイト】
2005年7月6日
出田源貴 1R 0:56 TKO(マウントパンチ) club DEEP 福岡 天下一祭り 2005年4月10日
藤沼弘秀 5分2R終了 判定3-0 DEEP 18th IMPACT 2005年2月12日
クァク・ユン・ソブ 1R 0:54 TKO(マウントパンチ) パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年11月7日
中西裕一 5分2R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年9月24日
× ジョー・ダース 3R 4:56 ギブアップ(パンチ) パンクラス PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年7月25日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
3試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2 2 0 0 0 0
1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× マグナム酒井 1R 1:12 KO(右ローキック) R.I.S.E. MIGHTY EIGHTY TOURNAMENT '06
【準決勝】
2006年9月24日
伊賀弘治 3R 0:19 KO(右フック) R.I.S.E. MIGHTY EIGHTY TOURNAMENT '06
【1回戦】
2006年9月24日
トモヤ 1R 1:16 KO(フック連打) R.I.S.E. XXV 2006年4月30日

ボクシング[編集]

プロボクシング 戦績
9 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
8 4 4 0 0 0
1 1 0 0

主な獲得タイトル[編集]

  • 第30回 全日本サンボ選手権 90kg級 優勝

脚注[編集]

  1. ^ M-1ムエタイ 三浦広光、WECタイトル挑戦決定のため欠場 BoutReview 2008年6月2日
  2. ^ a b ゴング格闘技 2010年2月号 pp. 145 - 147
  3. ^ プロボクサーテスト合格発表 日本ボクシングコミッション 公式サイト 2009年12月9日
  4. ^ 三浦広光が米国で白星発進 nikkansports.com 2010年4月12日
  5. ^ 総合→ボクサー転向三浦が米でプロ2連勝 nikkansports.com 2010年4月24日
  6. ^ 三浦広光「日本ランカーに見合った試合を心掛けます」 帝拳ジム公式モバイルサイト
  7. ^ 清田が三浦を下してV6 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]