ダニエル・ジェイコブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ジェイコブス
Daniel Jacobs.jpg
基本情報
本名 ダニエル・ジェイコブス
通称 The Golden Child(ゴールデン・チャイルド)
階級 ミドル級
身長 185cm
リーチ 185cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1987年2月3日(27歳)
出身地 ニューヨークブルックリン区
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 28
KO勝ち 25
敗け 1
テンプレートを表示

ダニエル・ジェイコブスDaniel Jacobs、男性、1987年2月3日 - )は、アメリカプロボクサー。第82代WBA世界ミドル級王者。ニューヨークブルックリン区出身。右フックが最大の武器の強打者。オスカー・デ・ラ・ホーヤゴールデンボーイプロモーションズ所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2003年、ジュニアオリンピックに出場し優勝[1]

2004年、全米選手権にウェルター級(69kg)で出場するも1回戦敗退[2]。ナショナルゴールデングローブにウェルター級(69kg)で出場、1回戦でフェルナンド・ゲレーロ、準決勝でオースティン・トラウトを破り優勝。

2005年、全米選手権にウェルター級(69kg)で出場し、準決勝でオースティン・トラウトを破るが、決勝でデメトリアス・アンドラーデに敗れ敗退[3]。モスクワで開催されたワールドカップにミドル級(75kg)で出場するもマット・コロボフに敗退[4]

2006年、全米選手権にミドル級(75kg)で出場し決勝でショーン・ポーターを破り優勝[5]

2007年、全米選手権にミドル級(75kg)で出場するが準々決勝でショーン・ポーターに敗退した[6]。オリンピック国内予選会にミドル級(75kg)で出場、ショーン・ポーターに2度勝利するも、ショーン・エストラーダに2度敗れてオリンピック出場権を逃した[7]

アマチュア時代の戦績は137勝7敗。

プロ時代[編集]

2007年12月8日、ジェイコブスはネバダ州ラスベガスMGMグランドでデビュー戦を行い初回29秒超高速TKO勝ち。白星でデビューを飾った。

2008年2月16日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでアレクサンデル・ヴォルコブと対戦し2回2分57秒TKO勝ち。

2009年5月2日、マイケル・ウォルカーと対戦し8回3-0(2者が80-72、79-73)の判定勝ち。

2009年8月22日、ヒューストントヨタセンターで後のIBF世界スーパーウェルター級王者イシュー・スミスNABO北米ミドル級王座決定戦を行いキャリア初苦戦をするも10回3-0(100-89、2者が96-93)の判定勝ちで王座獲得に成功した。

2010年5月15日、ニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデン・シアター でファン・アストルガと対戦し、2回51秒TKO勝ちでNABO王座初防衛とNABF王座獲得に成功した。

2010年7月31日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターにてファン・マヌエル・マルケスVSファン・ディアスの前座でWBO世界ミドル級王座決定戦を16戦全勝のディミトリー・ピログと対戦。 4回までは判定で39-37と3者ともにリードをしていたが、5回に右フックで痛烈なダウンを奪われるとそのままレフェリーストップ。5回57秒逆転TKO負けで王座獲得に失敗と初黒星が付いた。

2011年3月5日、ホンダセンターでロベルト・キリウェアーと対戦し初回1分44秒KO勝ち。

2011年5月、脊椎骨肉腫と診断される[8]

2012年10月20日、治療で1年7か月振りの復帰戦をバークレイズ・センターでジョシュ・ルテランと対戦し初回1分33秒TKO勝ち。

2013年8月19日、ベスト・バイ・シアターでジョバンニ・ロレンゾとWBCアメリカ大陸ミドル級王座決定戦を行い3回2分5秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2014年3月15日、プエルトリコバヤモンコリセオ・ルーベン・ロドリゲスダニー・ガルシアの前座で元世界ランカーミルトン・ヌネスと対戦し右フック一撃で失神KOを奪い試合終了。初回2分25秒TKO勝ちを収めた。

2014年8月9日、バークレイズ・センターでダニー・ガルシアVSVSロッド・サルカの前座で登場。WBA世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンスーパー王座に認定されたことに伴い空位になったWBA世界ミドル級正規王座を懸けジャロッド・フレッチャーと対戦し、5回2分58秒TKO勝ちを収め悲願の世界王座獲得に成功した[9]

2014年9月7日、WBAは最新ランキングを発表し、ジェイコブスはWBA世界ミドル級正規王者としてランクインし、2014年8月度の月間MVPに選出された[10][11][12]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 8.Junior Olympic International Tournament - Alexandria, USA - July 1-3 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月12日閲覧。
  2. ^ 114.Unites States National Championships Colorado Springs January 13-17, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月12日閲覧。
  3. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 13-19th 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ 10.World Cup - Moscow, Russia - July 12-17 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月12日閲覧。
  5. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 6-11th 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月12日閲覧。
  6. ^ US National Championships - Colorado Springs - June 2-8 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月12日閲覧。
  7. ^ US Olympic Trials - Houston - August 20-26 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月12日閲覧。
  8. ^ Brownsville product Danny Jacobs, a top young middleweight, battles the toughest foe of his life”. NYDailyNews.com (2011年12月17日). 2014年5月11日閲覧。
  9. ^ ガルシア余裕の2回KO勝ち、ピーターソンはV3 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月10日
  10. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年9月7日
  11. ^ Daniel Jacobs is the WBA boxer of the month WBA公式サイト 2014年9月8日
  12. ^ ラウンドアップ WBA最新ランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月8日

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ゲンナジー・ゴロフキン
第82代WBA世界ミドル級王者

2014年8月9日 - 現在

次王者
N/A