ブラウン・エール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラウン・エールは、黒っぽい麦芽や茶色の麦芽から造られるビールスタイルの一つである[1]。 用語としての「ブラウン・エール」(brown beer)は、マイルド・エールと同様に1600年代後半のロンドンブルワリーによって使われはじめた[2]2000年代前半では、ブラウン・エールは様々な地域、特にイングランド北アメリカベルギーで造られている。ベルギーで造られるものはオード・ブラインと呼ばれる。本項目はロンドン由来のブラウン・エールについて記述する。

ブラウン・エールと呼ばれるビールは、甘いビール、Manns Original Brown Aleのようにアルコール度数が低いビール、Newcastle Brown Aleのように適度な苦味を持ち中程度の強さの琥珀色のビール、Sierra Nevada Brown Aleのように麦芽の風味とホップの風味があるビールを含んでいる。

歴史[編集]

液色が茶色(brown、ブラウン)のビールは数百年前から存在している。の普及に伴った瓶詰めビールが商業ベースで用いられはじめた20世紀初頭のイングランドで「ブラウン・エール」という用語は初めて使われた。 北アメリカの「ブラウン・エール」は、とある北イギリスのビールを参考にしたアメリカの自家醸造家によって継承されていった。

詳細[編集]

イギリスのブラウン・エールには、とても甘くアルコール度数が低いManns Original Brown Ale[3]のようなビールから、Newcastle Brown AleやDouble Maxim、Samuel Smith's Nut Brown Aleのような北東のブラウン・エールがある。

液色は、濃い琥珀色から茶色までの幅がある。キャラメル風味やチョコレート風味は明らかに焙煎された麦芽に起因する。イングランド北東部のブラウン・エールの傾向は、強くてモルティであり、しばしばナッツ風味をもつ。イギリス南部のブラウン・エールの傾向は、大抵アルコール度数が低く、液色は黒っぽく、甘い。北アメリカのブラウン・エールは、アメリカ品種のホップに起因してほのかに柑橘類のアクセントやアロマを持ち、苦く、ミドルボディーであり、イギリスのものと比べてドライであることが多い。エステル香は控えめである。低温に冷やすと、わずかに気づく場合がある。

北アメリカのブラウン・エール銘柄としては次のものがある。

  • Pete's Wicked Ale
  • Smuttynose Old Brown Dog Ale
  • Abita Turbo Dog
  • Duck-Rabbit Brown Ale
  • Brooklyn Brown Ale

なお、この節の一部はAssociation of Brewers[4]による定義を参考にしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Brown Ale: History, Brewing Techniques, Recipes (Classic Beer Style Series, 14), Ray Daniels and Jim Parker, 1998, Brewers Publications
  2. ^ David Sutula, Mild Ale, 1999, Brewers Publications, Page 26
  3. ^ http://www.mannsbeer.co.uk/
  4. ^ http://www.beertown.org/

外部リンク[編集]