ザラ (ファッションブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザラ店舗の例(香港)

ザラ (ZARA) は、スペインガリシアアパレルメーカーであるインディテックスが展開するファッションブランドガリシア語スペイン語の発音では ['θaɾa] と濁らずに読む。

1975年にスペインのア・コルーニャに第1号店をオープン。以来、積極的に出店を開始し、2011年10月末現在で世界中に1,603店舗を持つ。

特徴[編集]

子供服から婦人服・紳士服まで幅広く展開する。アメリカヨーロッパアジアに進出しており、特にヨーロッパでの人気が高い。

高いファッション性の割に価格は手頃である。その理由のひとつとして、デルトヨタ自動車と同様の「サプライチェーン方式」を採用している点がある。流行が広告戦略と密接なアパレル業界では、意図的な流行創出のために広告と流行服を大量供給する前の準備期間が必要であり、新商品が発売されるまでにおよそ9か月かかるのが業界平均である。しかしザラでは流行と同期しない製品作りをしているため、新商品が2週間、最短でわずか1週間で開発され、全世界の店舗に送られる。

ただし、流行と同期しないことはデッドストックが発生するリスクがあり、その回避のために商品1種類あたりの在庫点数を少なくしており、売り切れても補充はされない。このような商品サイクルにより、消費者に決定権がありがちな商品寿命をメーカーが握る形になり、結果的に商品の入れ替わりが激しくなるので、「今のうちに買っておかないと、もう入手できないかもしれない」という消費者の心理を利用することにもつながっている。

かつてはスペイン国内に充分安い労働力が存在していたため、工賃の安い国外での商品の製造はしていなかったが、現在は東欧西アジア南アジア中国などでの製造を行っている。一方で広告費を低く抑え、利益は新規出店に回すというユニークな経営方針をとっている。

ザラ・ジャパン[編集]

株式会社ザラ・ジャパン
ZARA JAPAN CORP.
種類 株式会社
略称 ザラ
本社所在地 150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-10-11 藤原ビル6階
設立 1997年8月
業種 卸売業
代表者 イヴァン・バルベラ・トラスプエスト
代表取締役社長
資本金 10億円
テンプレートを表示

日本では東京渋谷に初出店した後、東京を中心に各都市に50店舗(2009年11月現在)を構えている。

1997年に日本法人が設立された。この時は日本のビギグループとの合弁(ビギ51%、インディテックス49%)であったが、2005年にインディテックスの100%出資に引き上げられ、スペイン本社の完全子会社となった。

2011年10月20日より、オンラインショップがオープンした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]