オックスフォード・サーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オックスフォード・サーカス (Oxford Circus)はロンドン中心部を通る2つの大通り、リージェント・ストリートオックスフォード・ストリートが交わる場所、およびその周辺の地区のことである。ヨーロッパ最大の商業地区[1] ウエスト・エンドの中心地で、一年中人通りが絶えない。ロンドンでも有数のショッピング街となっている。

交差点の4つ角には、世界最大規模の営業面積を誇る小売店が入店している。以前の交差点は一般的な平面交差点であったが、2009年11月2日より東京渋谷駅前に倣ったスクランブル交差点に変更された[2]。最寄り駅は、交差点直下にあるロンドン地下鉄オックスフォード・サーカス駅

リージェント・ストリート北側から見たオックスフォード・サーカス(2006年撮影)

主な店舗[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファースト・リテイリング
  2. ^ Oxford Circus crossing redesigned

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度30分55秒 西経0度08分31秒 / 北緯51.51528度 西経0.14194度 / 51.51528; -0.14194