ウォータールー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォータールー駅
London Waterloo station
Waterloo station main entrance.JPG
ヴィクトリー・アーチ - ウォータールー駅の表玄関
ウォータールー駅の位置
ウォータールー駅
セントラル・ロンドン内におけるウォータールー駅の位置
位置
所在地 ランベス SE1 8SW
行政区 ランベス特別区
駅情報
運営 ナショナル・レール
路線 サウス・ウェスタン本線
ウォータールー-レディング線
サットン&モール・ヴァレー線
キングストン・ループ線
ハウンズロー・ループ線
ハンプトン・コート支線
ニュー・ギルフォード線
オルトン線
ポーツマス・ディレクト線
ウェスト・オブ・イングランド本線
駅コード WAT
ホーム数 20
利用可能 バリアフリー・アクセス
ゾーン 1
NR 年間乗降員数
2004/5年度 62.389百万人[1]
2005/6年度 61.036百万人[1]
2006/7年度 83.993百万人[1]
2007/8年度 100.307百万人[1]
歴史
1848年07月13日 (1848-07-13)
1994年11月14日
2007年11月13日
開業
国際駅開業
国際駅廃止
その他
外部リンク 時刻表駅の構造
駅の施設バス路線・停留所
備考 IATA空港コードQQW

座標: 北緯51度30分11秒 西経0度06分48秒 / 北緯51.5031度 西経0.1132度 / 51.5031; -0.1132

ロンドン・ウォータールー駅 (London Waterloo station) は、ロンドンサウス・バンクに近いランベス特別区にある主要な複合ターミナル駅である。

概説[編集]

4つの鉄道駅(うちひとつは閉鎖されている)とバスターミナルがつながっている。全ての駅が運賃区間のゾーン1に収まっている。

ウォータールー・メインライン駅(Waterloo mainline station)を中心に、ウォータールー地下鉄駅とウォータールー・イースト駅が隣接している。また、ウォータールー国際駅(Waterloo International station)はかつてのユーロスターのロンドン側ターミナルとなっていたが、現在は閉鎖されている。

station usage figures for 2004-2005,2005-2006”によると、ロンドン・ウォータールー駅はイギリスでは一番旅客数が多い駅となっている。ユーロスターのターミナル駅がセント・パンクラス駅に移されたため、旅客数が減少すると予想されていたが、それに反して未だにその座を保ち続けている(ロンドンの鉄道駅#駅の概況参照)。

接続路線[編集]


ウォータールー・メインライン駅[編集]

駅舎
コンコース
大時計

当駅から発着するほとんどの列車はサウスウェスト・トレインズイングランド南西部方面へ運行するものである。

当駅とサウスバンクは歩道橋で結ばれている。ウォータールー歩道の破壊とハンガーフォード橋の再建は、歩行者がウォータールーの広場から高架歩道や歩道橋を使ってテムズ川の北側を通って直接、チャリング・クロス駅へ行けなくなった。ウォータールーで今は消えてしまったもので珍しかった物は、ブルックウッド墓地への"London's daily funeral express"(ロンドン葬式急行)のターミナルだったことである。 葬式列車は2シリング6ペンスの棺を第二次世界大戦で破壊され今は無き'Necropolis Station'から運んでいた。

メインコンコースの中央部には、4面の大時計がぶら下がっており、「ウォータールー駅の時計の下で」という感じで、伝統的に人々の集合場所として使われている。

歴史[編集]

元のウォータールー・メインライン駅はサウス・ウェスタン鉄道(L&SWR)により1848年7月11日にウォータールー橋駅として開業した。最初の構造は通過式構造を意図したものであったが、実際にはシティまでは乗り入れていない。19世紀中に駅は散らかり、崩壊しかかっていた。それだけではなく、"L&SWR"の駅と現在ウォータールー・イースト駅とよばれるサウス・イースタン鉄道やNecropolis鉄道の駅があり、乗降客はウォータールーと名の付く駅が3つも近接していたため混乱していた。また、鉄道員の側も信号、線路、高架橋など複雑な構造のため混乱していた。サウス・ウェスタン鉄道の駅はとくに複雑で不規則な構造で広がっていた。ウォータールー駅の複雑さを、作家とコメディアンにより多くのジョークの対象となった。もっとも良く知られているのがジェローム・K・ジェロームボートの三人男である。ウォータールーでは目的とする列車がどこで発着するか、どこに行くか、どこで見つかるか分からないことが多かった。

最終的には、全てを取り壊し新たに造り直すことが決定した。新しい駅の着工は1900年に始まり1922年まで続いた。 新駅は21のプラットホームと244m(800ft)のコンコースを誇っていたが、第二次世界大戦中に酷い損害を被ってしまった。その後、かなりの再建を要した。1990年代に入ってイギリスの鉄道民営化により駅の所有者は国鉄のインフラ保有・維持管理業務を継承したレールトラック社に、同社の破綻後にはネットワーク・レール社となっている。 2008年2月、2000万ポンド(日本円で約25億3000万円)のプロジェクトで170もの自動改札を本線のプラットホームに設置。運用は2009年1月から。[2]

旧ウォータールー国際駅[編集]

旧ウォータールー国際駅改札口
閉鎖された旧ウォータールー国際駅

ウォータールー国際駅はウォータールー・メインライン駅と隣接し、2階部分にコンコースプラットホームがある。フランスベルギー方面へ向かうユーロスターのロンドン側のターミナル駅であった。建物は1993年に1億3000万ポンドをかけて建築家ニコラス・T・グリムショウらの設計により完成し、ユーロスターと同じく1994年に開業した。優れたデザインから広く賞賛され、さまざまな賞を受賞している。最も印象的な特徴は、スパンを変える37本のプリズム、3つのピンで留められた弓の弦のアーチからなる長さ400mの天蓋である。

2007年11月14日に英仏海峡トンネル連絡鉄道(CTRL)の全線開業により、ユーロスターのターミナル駅がセント・パンクラス駅に変わった。現時点では、ターミナル駅移転後の利用について未定である。サウス・ウエストの国内列車に使われることも有りうるが、国内列車が使用する場合には線路を現駅に接続するために大規模な改良工事が必要で、サウス・ウエストの費用負担もかなりに上るため拒否されている。セント・パンクラス駅開業後も、ユーロスターの発着をウォータールー国際駅に残すことが一部で検討されたが撤回された。2007年11月13日18時12分(GMT)に最後の列車が出発し13年あまりの運行の歴史に幕を下ろした。[3]

  • 使用番線 20~24番線
  • 開業年 1994年
  • 廃止 2007年


国際列車
ユーロスター
ウォータールー国際駅 - アシュフォード国際駅


ウォータールー・イースト駅[編集]

ウォータールー・イースト駅

ウォータールー・イースト駅はウォータールー駅と道路を挟んで隣接し、歩道橋で結ばれている。ロンドン南郊や東サセックス、ケント、チャリングクロスへ向かうサウス・イースタン本線の駅である。ウォータールー・イースト駅はサウスイースタン鉄道が管理しているが、サザン鉄道が運行する列車も当駅に停車する。

ナショナル・レール
サウスイースタン
サウス・イースタン本線
ロンドン・チャリング・クロス - ウォータールー・イースト駅 - ロンドン・ブリッジ駅
サザン
ケーターハム線タッテナム・コーナー線
チャリング・クロス駅 - ウォータールー・イースト駅 - ロンドン・ブリッジ駅


ウォータールー地下鉄駅[編集]

ウォータールー地下鉄駅・ジュビリー線側
ジュビリー線ホーム

ウォータールー地下鉄駅(Waterloo tube stations)はロンドン地下鉄ノーザン線ジュビリー線ベーカールー線ウォータールー&シティー線の地下鉄駅である。ノーザン線はケンニントン駅エンバンクメント駅、ジュビリー線はサザーク駅ウェストミンスター駅、ベーカールー線はランベス・ノース駅とエンバンクメント駅、それぞれに隣り合っている。ウォータールー&シティー線はそのままバンク駅へ向かっている。

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ノーザン線
エンバンクメント駅 - ウォータールー駅 - ケニントン駅
ベーカールー線
エンバンクメント - ウォータールー駅 - ランベス・ノース駅
ジュビリー線
ウェストミンスター駅 - ウォータールー駅 - サザーク駅
ウォータールー&シティー線
ウォータールー駅 - バンク駅

隣の駅[編集]

ナショナル・レール
サウスウェスト・トレインズ
ウォータールー - ウォキングレディング・アンド・ウィンザー線モール・ヴァレー線キングストン・ループ線ハウンズロー・ループ線ハンプトン・コート支線ニュー・ギルフォード線
ウォータールー駅 - ヴォクソール駅
ウォータールー - ベイジングストークオルトン線
ウォータールー駅 - クラパムジャンクション駅またはサービトン駅
サウス・ウェスタン本線ポーツマス・ディレクト線ウェスト・オブ・イングランド本線
ウォータールー駅 - クラパムジャンクション駅またはサービトン駅

ウォータールー駅が登場する作品[編集]

映画[編集]

音楽[編集]

トリビア[編集]

  • ユーロスターが営業を開始してから、フランス側から駅名を改称してほしいという要求がたびたびあった。理由は、ナポレオンが戦いに敗れた地名(ウォータールーのフランス語読みは「ワーテルロー」である)だからである[5]
    その後、ユーロスターがウォータールー駅に代わってセント・パンクラス駅発着となる前後の時期、ナポレオンが群集に向かい、「OUBLIEZ WATERLOO(ワーテルロー(英:ウォータールー)は忘れろ!)」と宣言する姿を描いた広告が、パリを中心に新聞や駅などに、ユーロスター運行会社により掲載された。

ギャラリー[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ a b c d Annual passenger usage based on sales of tickets in stated financial year(s) which end or originate at ウォータールー駅 from Office of Rail Regulation statistics
  2. ^ Ticket barriers to be installed at Waterloo
  3. ^ Final call for Waterloo Eurostar BBC 2007年11月13日19時30分(GMT)
  4. ^ 大野裕之 『チャップリン再入門』 NHK出版、2005年4月10日、169頁。ISBN 4-14-088141-0 C0274。
  5. ^ デアゴスティーニ・ジャパン 鉄道データファイル 第174号 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]