ウォータールー駅 (ロンドン地下鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォータールー駅
Waterloo Underground Station
Waterloo tube stn entrance.JPG
ウォータールー駅の位置
ウォータールー駅
セントラル・ロンドン内におけるウォータールー駅の位置
位置
所在地

サウス・バンク SE1 7ND

北緯51度30分9秒 西経0度6分47秒 / 北緯51.50250度 西経0.11306度 / 51.50250; -0.11306
行政区 ランベス・ロンドン特別区
駅情報
運営 ロンドン地下鉄
路線 ノーザン線
ベーカールー線
ジュビリー線
ウォータールー&シティ線
駅コード WAT
ホーム数 8
利用可能 バリアフリー・アクセス (ジュビリー線のみ)
ゾーン 1
地下鉄年間乗降員数
2004年 68.427百万人[1]
2005年 67.396百万人[1]
2006年 72.874百万人[1]
2007年 74.844百万人[1]
2008年 77.200百万人[1]
2009年 75.957百万人[1]
2010年 81.570百万人[1]
2011年 84.120百万人[1]
2012年 88.16百万人[1]
歴史
1898年
1906年
1926年
1999年
W&CR開業
BS&WR開業
ノーザン線開業
ジュビリー線開業
その他
外部リンク 時刻表駅の構造
駅の施設バス路線・停留所

座標: 北緯51度30分09秒 西経0度06分47秒 / 北緯51.5025度 西経0.1130度 / 51.5025; -0.1130

地下鉄ウォータールー駅 (英語: Waterloo Underground Station) は、ロンドンにある地下鉄である。ロンドン地下鉄ノーザン線ジュビリー線ベーカールー線およびウォータールー&シティー線が発着する。

最初の地下鉄駅がウォータールーに出来たのは、1898年8月8日にウォータールー&シティー鉄道(W&CR)の関連鉄道会社のL&SWRが開業してからである。[2]W&CRは「the Drain(下水溝)」とあだ名され[3] L&SWRの原案で北東部とシティの短い距離で開業している。ベーカーストリート駅ウォータールー駅(BS&WR,現在のベーカールー線)間でのウォータールーは1906年9月13日に開業した。[2]1926年9月13日にハムステッド・ハイゲート線(現在のノーザン線のチャリングクロス支線)がエンバンクメント駅からシティ・サウスロンドンのケンニントン駅まで開業しウォータールー駅も同時に開業した。[2]

ジュビリー線の駅は1999年11月20日開業と他の路線と比べ新しく、ジュビリー線拡張計画「Jubilee Line Extension project」の一部として開業した。[2]ジュビリー線のプラットホームはベーカールー線とノーザン線の反対側にあり、140mの動く歩道によってつながれている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Transport for London - London Underground performance update
  2. ^ a b c d Rose, Douglas (1999). The London Underground, A Diagrammatic History. Douglas Rose/Capital Transport. ISBN 1-85414-219-4. 
  3. ^ Wolmar, Christian. “Deep Under London”. The Subterranean Railway: How the London Underground Was Built and How It Changed the City Forever. Atlantic Books. pp. 146. ISBN 1-84354-023-1. 

外部リンク[編集]