ウォータールー・イースト駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォータールー・イースト駅
Waterloo East station
Waterlooeast.jpg
ウォータールー・イースト駅の位置(セントラル・ロンドン内)
ウォータールー・イースト駅
ウォータールー・イースト駅
セントラル・ロンドン内におけるウォータールー・イースト駅の位置
位置
所在地 サウス・バンク SE1 8NH
行政区 ランベス・ロンドン特別区
駅情報
運営 サウスイースタン
所有者 ネットワーク・レール
路線 サウス・イースタン本線
ケーターハム線
タッテナム・コーナー線
駅コード WAE
ホーム数 4本
ゾーン 1
NR 年間乗降員数
2004/5年度 4.905百万人[1]
2005/6年度 4.904百万人[1]
2006/7年度 6.329百万人[1]
2007/8年度 7.046百万人[1]
歴史
1869年01月01日 (1869-01-01)
開業
その他
外部リンク 時刻表駅の構造
駅の施設バス路線・停留所

座標: 北緯51度30分12秒 西経0度06分53秒 / 北緯51.5033度 西経0.11475度 / 51.5033; -0.11475

ウォータールー・イースト駅英語: Waterloo East station)は、ロンドンにある鉄道駅である。ウォータールー駅とは道路を挟んで歩道橋で結ばれている。

沿革[編集]

ウォータールー・イースト駅は、サウス・イースタン鉄道のウォータールー・ジャンクション駅(Waterloo Junction)として1869年1月に開業し、その後、1935年7月にウォータールー・イースタン駅(Waterloo Eastern)と改称された。現在の駅名になったのは、1977年5月からである。現在、当駅はサウスイースタンによって管理されている。

もともと、ウォータールー・イースト駅とウォータールー・メイン駅とは、コンコースを横切る形で線路で結ばれていた。(この状況はハーバート・ジョージ・ウェルズの小説「宇宙戦争」の、軍事列車が火星人の到着地へ向かう場面にも描かれている。)現在は、その線路は使われておらず、荷物置き場になっているが、その上に歩道橋が作られていて、メイン駅とイースト駅との乗り換えを可能にしている。

旅客や駅員がウォータールー・メイン駅と混乱することがないよう、プラットホームの番線表示は数字ではなくアルファベットで示されている。また、ウォータールー・イースト駅にも自動券売機はあるが、ウォータールー・メイン駅でもイースト駅の乗車券を買うことが可能である。

チャリング・クロス駅からの路線が当駅を通り、ロンドン・ブリッジ駅ケント方面へ向かう。

ウォータールー・イースト駅は東側でロンドン地下鉄ジュビリー線サザーク駅とつながっている。こちらの開業は1999年11月である。

隣の駅[編集]

ナショナル・レール
サウスイースタン
サウス・イースタン本線
チャリング・クロス駅 - ウォータールー・イースト駅 - ロンドン・ブリッジ駅
サウスタン
ケーターハム線タッテナム・コーナー線
チャリング・クロス駅 - ウォータールー・イースト駅 - ロンドン・ブリッジ駅

プラットホーム[編集]

  • プラットホームA - 南方面/ロンドン南東・ケント州
  • プラットホームB - チャリングクロス方面
  • プラットホームC - 南方面/ロンドン南東・ケント州
  • プラットホームD - チャリングクロス方面

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Annual passenger usage based on sales of tickets in stated financial year(s) which end or originate at ウォータールー・イースト駅 from Office of Rail Regulation statistics

外部リンク[編集]